【4/14(水) 14時半-20時(予定)公式サイトメンテナンスに伴う配送遅延について】 詳しくはこちら。
配送料無料でお届け。ご来店の事前予約はこちら。
ファッション - デザイナー 06/03

ニコラ・ジェスキエール

ルイ・ヴィトンのレディース・コレクション アーティスティック・ディレクターの二コラ・ジェスキエールについてもっと知る

二コラ・ジェスキエールについて

1971年、フランス北部コミーヌ生まれ。

15歳からさまざまなインターンシップを経てファッション業界で経験を積み上げた彼は、学業を終えると、1991年にジャン=ポール・ゴルチエのアシスタント・デザイナーとしてキャリアをスタート。その後、イタリアブランドのCallaghan(カラガン)をはじめ数社のデザインも担当する。

1995年からはバレンシアガの仕事を手掛け、1997年には同ブランドのクリエイティブ・デザイナーに就任。独特の構造美と未来的なシルエットを兼ね備えたパリジャンシックなスタイルを生み出し、瞬く間に高い評価を得た。

2001年10月にCFDA(アメリカファッション協議会)のインターナショナル・デザイナー・アワードを受賞。2006年にはタイム誌により「世界で最も影響力のある100人」に選ばれ、2007年にフランス政府からシュヴァリエ勲章も授与される。

同世代の中でも最も輝くデザイナーの1人として支持され、彼が発信するトレンドは世界中から共鳴され一躍有名に。

2013年10月5日、ルイ・ヴィトン ウィメンズ アーティスティック・ディレクターに就任し、LVMHグループの一員となる。 就任して1年後の2014年11月、ウォール・ストリート・ジャーナル主催によるファッション部門のイノベーター・アワードを受賞。また同年12月には、インターナショナルデザイナー・オブ・ザ・イヤー部門で2014ブリティッシュ・ファッション・アワーズを受賞。

二コラからの手紙

今日は新たな、そして特別な日。あなたは私のルイ・ヴィトンにおける初のコレクションを見届ける、まさに目撃者となるのです。私がこの瞬間に何を感じるのか・・・それはとても言葉で表すことはできません。なかでも、私がこれまで培ってきたファッションスタイルやその表現をルイ・ヴィトンにおける哲学と共にここで発揮できることは、私にとって大きな喜びです。

偉大なる伝統、未来や世界を見つめてきた素晴らしい歴史、真正性と革新を追求する探究心や「タイムレス」と呼ばれるものへの渇望──デザイナーたちは皆、究極的には「タイムレス」な何かを生み出そうとしているのではないでしょうか?

私はマーク・ジェイコブスが築き上げた実績と彼が残したものに心から敬意を表します。そしてこの瞬間を私と共有するためにここにいてくださる皆様に心から感謝します。この新しいストーリーと、ルイ・ヴィトンとはいかなるものかを教えてくれたすべての人、特に私と共に働いてくれたメンバーに感謝します。今日という日、今日という朝、今ここにいてくださる皆様に感謝の意を込めて。

ニコラ
2014年3月5日

最新コレクション

二コラ・ジェスキエールが手掛ける2020春夏ウィメンズ・コレクション

ファッションショーを観る