Louis Vuitton Watch Prize

スクロールして詳細へ

Louis Vuitton Watch Prize

2024年2月6日、第1回「Louis Vuitton Watch Prize」の締めくくりとして、パリのフォンダシオン ルイ・ヴィトンに候補者や審査員団、専門家委員が権威あるゲストたちと一堂に会し、今年の最優秀賞の受賞者を発表する特別な授賞式が開催されました。本賞は、クリエイティブな才能やサヴォアフェール(匠の技)、創造性を讃え、職人や起業家を奨励し、次世代に受け継ぐことを志します。

@lafabriquedutempsをInstagramフォローし、今年開催されるイベントや「Louis Vuitton Watch Prize」の最新情報をご覧ください。

最優秀賞受賞者

第1回「Louis Vuitton Watch Prize」において、卓越した「RP1 - レギュレーター・ア・デタント」で最優秀賞を受賞したラウル・パジェスをご紹介。スイスのヌーシャテル州にある小さな村を拠点に活動する彼は、ウォッチメイキングのマスターピースの修復師として手に職を付け、2012年に独立系時計メーカーとなりました。

トロフィー

トロフィーのユニークなフォルムは、独立系ウォッチメイキングの卓越したサヴォアフェール(匠の技)を讃えるにふさわしい、タイムピースの精度に不可欠な部品であるヒゲゼンマイにインスパイアされたもの。イギリスにて手作業で製作され、閉会式ではそのスターリングシルバーのクリエーションに最優秀賞を受賞した時計師の名前が、ウォッチメイキングアトリエ「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」の熟練した彫刻師によって刻まれました。

審査員について

ファイナリスト5人のクリエーションを評価するため、専門家委員会によって選出された情熱溢れる5人から成る審査員団が「Louis Vuitton Watch Prize 2023-2024」の最終審査に参加し、受賞者を決定。デザインの創造性から技術的な複雑性にいたるまでの細かい審査基準に則り、独自の美学や経験による精密さ、そして妥協を許さないサヴォアフェール(匠の技)に基づいて最優秀賞の受賞者を選出しました。

マイケル・テイ
審査委員長

授賞式

この特別な授賞式には、世界有数のウォッチメイキング・エキスパートや業界の代表者らが招かれ、フランス人ピアニスト ソフィアン・パマールによる見事な音楽パフォーマンスが披露されました。