レア・セドゥ

「GO-14」

2014年10月に、ニコラ・ジェスキエールが初めて手掛けたルイ・ヴィトンのファッションショーを想起させる「GO-14」。多彩なカラーとサイズで展開するバッグは、日常生活のあらゆるシーンにユニークなエレガンスをもたらします。

ルイ・ヴィトン ストアとクライアントサービスのみのお取扱いです。

    「マルタージュ」

    もともとはトランクに収納された大切な中身を守る、内装のキルティングとしてデザインされた「マルタージュ」。ルイ・ヴィトンの伝統的な「旅の真髄(こころ)」を表現するシグネチャー・アイコンと並んで、「GO-14」を彩ります。

      サヴォアフェール(匠の技)

      ラムレザー、ゴールドカラーの仕上げ、キルティングが施された外観、そして洗練された内装のディテールまで、「GO-14」は、ルイ・ヴィトンのアトリエの専門技術とサヴォアフェール(匠の技)を駆使し、メゾンで長きにわたり受け継がれるレザー加工のクラフツマンシップの伝統を体現しています。

      「GO-14」のお手入れ方法

      卓越したクラフツマンシップの象徴である「GO-14」は、製品を末永くご愛用いただけるようメゾンがコミットし、デザインされています。「GO-14」を末永くご愛用いただくため、ルイ・ヴィトンではスペシャリストチームによるさまざまなお手入れ、リペア、修復サービスを提供しています。