R09022

ファッション・アイ ラスベガス

¥6,820

「華やかさには暗い面が、美しさには憂鬱な面がある」とは、アメリカの写真家 ジェフ・バートンの言葉です。今回の「ファッション・アイ」でバートンが新たな光を当てるのは、「シン・シティ」として知られるラスベガス──ありきたりのギャンブルやカジノのクリシェと距離を置き、この街の矛盾を描き出します。華やかな魅惑のステージショーや荒々しい総合格闘技の試合の中から切り取るのは、時が止まったような一瞬のシーン。 1963年にカリフォルニア州のアナハイムに生まれたジェフ・バートンは、1989年にカリフォルニア芸術大学を卒業。ゲイ向けアダルト映画でスチールカメラマンとして活動した後、撮影の合間の退屈しのぎに、ふと目に留まったものをカメラに収めるようになります。こうした写真を集め、1998年に出版した『Untitled』(Composite Press社)は高い評価を受けました。それ以降は題材の幅を広げていきましたが、官能性を重視するところは変わりません。ファッションの世界では温もりを感じさせる肌の色合い、構図、色使いでファンを獲得しました。バートンの作品は『Vogue』、『ヴァニティ・フェア』、『Numéro』といった雑誌に定期的に掲載されています。 ルイ・ヴィトンの旅の伝統から着想を得た「ファッション・アイ」コレクションは、新進気鋭の写真家から業界のレジェンドまで、さまざまなファッション写真家の目を通して、都市、地域、国の姿を描き出しています。各タイトルには大判写真が豊富に盛り込まれ、写真家の経歴やインタビュー、あるいはエッセーなども収録。「ルイ・ヴィトン シティ・ガイド」と「トラベルブック」に続くこの第3のシリーズでは、選りすぐりの写真家たちが、大都会や遥か彼方の土地、夢のような場所を独自のイマジネーションを込めて捉え、ファッションの視点から切り取りました。

  • ファッション・アイ ラスベガス
  • 写真:Jeff Burton
  • 編集:Patrick Remy
  • シルクスクリーンプリントを施した布地のバインディング
  • 112ページ
  • 仏語と英語のバイリンガル版