LOUIS VUITTON AND NIKE "AIR FORCE 1" BY VIRGIL ABLOH

スクロールして詳細へ

LOUIS VUITTON AND NIKE "AIR FORCE 1" BY VIRGIL ABLOH

1982年にナイキによってデザインされたスニーカー「エア フォース 1」──このたびルイ・ヴィトンが手掛ける「エア フォース 1」は、初めてナイキの工場以外で製作されました。自身を形成したストリートウェア コミュニティのシンボルであった、メンズ アーティスティック・ディレクター ヴァージル・アブロー(1980-2021年)は、ナイキ「エア フォース 1」を自らが生み出した文化の象徴として捉えました。2つのアイコンが融合し、最もオーセンティックなハイエンドスニーカーが誕生。ほんの少しの魔法と革新によって、ファッションはサブカルチャーを象徴するオブジェダール(芸術作品)へと変貌を遂げるのです。

手作業による製作

イタリア・ヴェネツィアのフィエッソ・ダルティコに構えるメゾンのシューズアトリエに足を踏み入れると、ハイエンドスニーカーを製作するための、クラフツマンシップ、繊細さ、そして比類なきサヴォアフェール(匠の技)を体感していただけます。

パターンが生み出すシェイプ 真のクラフツマンシップは、熟練した技と正確性によるもの──最高品質の素材のパターンを裁断、整理し、組み立てを行います。

個別に形成されるパーツ フォルムが生まれ、手縫いからミシン縫い、そしてサンディングまで、一貫して手作業で行われます。そして、ソールが完成します。

比類なきサヴォアフェール(匠の技) ディテールに息づく卓越性──仕上げに靴紐を通し、再確認をし、バフで磨き上げ、光沢感を出します。ファッションを超越するスニーカー。さぁ、夢の世界へ。

エキシビション

2022年5月21日(土)-31日(火)まで、ニューヨークのグリーンポイント・ターミナル倉庫にて、「ルイ・ヴィトンとナイキによる『エア フォース 1』 by ヴァージル・アブロー(Louis Vuitton and Nike "Air Force 1" by Virgil Abloh)」と題したエキシビションを開催いたします。一般公開されるこの大規模なエキシビションは、ルイ・ヴィトンのメンズ アーティスティック・ディレクターであるヴァージル・アブローが2021年11月28日に逝去する前に、2022春夏コレクションのために構想していたナイキとルイ・ヴィトンとの創造的対話を形にしたものです。ヴァージル・アブローがナイキとのコラボレーションによりルイ・ヴィトンのためにデザインしたナイキ「エア フォース 1」スニーカー47モデルを、ヴァージル・アブローのクリエーションとプレゼンテーションの領域を反映した没入型空間の中で、フィジカルとヴァーチャルの両形式で展示。また、本展と連動する形で、ニューヨークをはじめとする世界各地でさまざまなインスタレーションが披露されます。

クリックまたはスキャンして「Snapchat」アプリのレンズをアンロック

クリックまたはスキャンして「Snapchat」アプリのレンズをアンロック

製品コレクション

9つの限定モデルが登場。夢が現実となった、究極のサヴォアフェール(匠の技)を体現したアイテムは、イタリアのフィエッソ・ダルティコにあるシューズアトリエにて1足1足手作業で製作されています。

公式サイトで詳細を見る