【重要】11/1(日) 本サイト一時利用停止について:詳細はこちら
ご来店の際は事前予約も承っております。詳しくはこちら

ファッション - ファッションショー

2020春夏ウィメンズ・ファッションショー:注目のルック

2020春夏ウィメンズ・ファッションショー:注目のルック

ウィメンズ アーティスティック・ディレクター ニコラ・ジェスキエールが語るルイ・ヴィトンの最新コレクションに込めた想いとは──

本コレクションの背景となったインスピレーションとは:

「忘れられつつある『ベル・エポック』の時代です。比較的短期間であるものの、19世紀末から第一次世界大戦まで続いた、フランスが最も権威ある繁栄期となった一時代と呼べます。エッフェル塔が建築され、万国博覧会の時代が到来した刺激と激動に満ちた時代を振り返ること──アナログで古風なもの、今や想像することも難しい時代のノスタルジアの概念を現世にリンクさせる方法を探求したかったのです。特に、後の世の中にフレンチ・エレガンスの象徴として知られるきっかけとなったダンディズムと上流階級のスタイルの融合を体現しています」。

 

今回のショーに登場したレザーグッズやシューズについて教えてください:

「意図的に、究極にクラシックにデザインした新作バッグ『ブレード』を発表しました。洗練されたメゾンならではのシグネチャーや、トランクのメタルパーツのようなディテールが特徴で、ブラケット型の精密なガセットが内側に取付けられています。新たなシェイプと素材を用いて再解釈されたバッグ『ドーフィーヌ』は、小さめのバッグパックやポーチ、財布として活躍します。ロマン主義の時代を称えたカラフルなパッチが付いた魅惑的なモカシンのシューズもあります。色鮮やかなブローチ、そしてカトレヤやその他の蘭も随所に見られます」。

2020春夏ウィメンズ・ファッションショーの詳細へ

もっと読む