TOWARDS A DREAM(夢に向かって──)

ルイ・ヴィトンに受け継がれる「旅の真髄(こころ)」は、単に旅先を訪れるだけでなく、自身の好奇心を掻き立てる心の旅──今年のブランド広告キャンペーンで、メゾンのコア・ヴァリューは世界の夢のような風景が広がる永遠の旅に生命を宿します。フォトグラファーのヴィヴィアン・サッセンが撮影したイメージは、夢想の世界さながらの美しさと無限の可能性の中で解き放たれる、幼少期の記憶への頌歌を表現しています。

古代の歴史に彩られたギリシャのミロス島で幼い子供たちが、夢中になって自然の中を探検し、壮大な風景を発見に満ちた遊び場に変える──風景から子供たちのシルエットが浮かび上がり、その無垢な姿は、いかなることでも可能になる未来を楽観的に体現しています。

夢が持つ力から着想を得たフォトグラファーのヴィヴィアン・サッセンは、羽ばたく想像力が飛び交う過去や現在、未来への永遠の旅へと誘います。ミロス島の後、彼女はヨルダン、フランスへの旅を続けます。