メゾン - コミットメント

SBTイニシアチブ

SBTイニシアチブ

2021年9月現在、ルイ・ヴィトンの気候戦略は、SBTi(科学的根拠に基づく目標)の認定を受けています。

/ルイ・ヴィトン-1

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の勧告およびパリ協定に基づき、メゾンは、自社の事業所におけるエネルギー消費に関連する排出量、および販売する製品ごとのカーボンフットプリント(原材料、輸送、製品およびサービス)の削減に取組んでいます。このコミットメントは、2030年までに2018年の水準と比較して55%の排出量削減を達成するというものです。

これらの目標は、2021年9月にSBTiによって検証され、パリ協定とIPCCの勧告に準拠していることが証明されました。この取組みは、企業が気候科学に沿った温室効果ガス(GHG)の排出削減目標を定義することを奨励することを目的としています。産業革命前の気温と比較して、世界の気温上昇を2℃以下、あるいは1.5℃以下に抑えるために必要な脱炭素化の水準に沿った戦略を推進することを目指しています。

もっと読む

もっと読む