現在、大雨の影響により、一部地域では製品をご指定日時にお届けできない可能性がございます。
ご来店の際は事前予約も承っております。詳しくはこちら

ファッション - 広告キャンペーン

2020春夏メンズ広告キャンペーン: 第1章

2020春夏メンズ広告キャンペーン: 第1章

最新メンズ広告キャンペーンにおいてヴァージル・アブローは、自身の継続的なテーマである「少年時代」における自由、知的好奇心、そして想像力を探求します。

最新広告キャンペーンの出発点はアフリカ──地元でスカウトされたモデルたちで構成される多様なキャストとの対話を通して、その地域の内面から多様性を探求します。

アフリカを舞台にはじまる第1章は、ヴィヴィアン・サッセンがレンズを通してモロッコへの想いを捉えました。アフリカの多彩な国々──モロッコ、セネガル、コートジボワール、ナイジェリア、カメルーン、ガボン、コンゴ、アンゴラ──をルーツに持つモデルたち、そして新進気鋭の画家 デルフィン・フィンレー、スケートボーダーのタイショーン・ジョーンズや俳優 グスタフ・リンドたちが、ボヘミアンなエスプリに満ちた街タンジェや、神秘的な「Blue City(青の街)」シャウエンを舞台に、多彩なカルチャーが融合した世界観を表現しています。

オランダ出身のアーティスト兼ファッションフォトグラファー ヴィヴィアン・サッセンは幼少期をケニアの西にある田舎町で過ごしました。彼女はそこで過ごした頃の想い出が作品に深い影響をおよぼしていると語ります。「まぶしい日差しと暗い影」から多くを学び、その人々や場所へと回帰するのです。

2020春夏メンズ広告キャンペーンの詳細へ

もっと読む