各店の短縮営業や臨時休業の詳細はこちら。
幸運を招く日にお財布を新調。多彩なコレクションはこちら。

アート&カルチャー - フォンダシオン ルイ・ヴィトン

新たなエスパス ルイ・ヴィトン大阪にて展覧会開催:ジョアン・ミッチェルとカール・アンドレ

/ルイ・ヴィトン-1

新たなエスパス ルイ・ヴィトン大阪にて展覧会開催:ジョアン・ミッチェルとカール・アンドレ

ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 5階に誕生するエスパス ルイ・ヴィトン大阪のオープンを記念し、「Fragments of a landscape (ある風景の断片)」展を開催。

エスパス ルイ・ヴィトン大阪にて初開催となる本展では、一見相反するように見えるジョアン・ミッチェルとカール・アンドレが手掛けた激しく鮮やかな色彩が表す自由と、ミニマルで幾何学的な厳格さから見受けられる彼らの作品の豊かさを表現。作品はフォンダシオン ルイ・ヴィトンの所蔵コレクションから、「Hors-les-murs(壁を越えて)」プログラムの一環として展示されています。

/ルイ・ヴィトン-3

抽象表現主義画家のジョアン・ミッチェルの芸術は、自然を忠実に表現したいという想いと、主観的で激烈な表現力の拮抗により構成されています。特徴的な構成に裏付けされた作品が放つ色彩の官能性は、《Untitled》(1979年)と《Cypress》(1980年)のように、1980年代より風景画で再び発揮されます。一方、カール・アンドレによるミニマル主義の作品群から見えるものは厳正な制作の姿勢と、象徴性の完全な拒絶です。形と構造が同等の基礎的な素材で制作されるアンドレの作品は、《Draco》(1979-2008年)と、その典型的な展示空間との関係性から見てとれる通り、作家の介入の痕跡がなく、それ自体の意味を持ちません。

エスパス ルイ・ヴィトン大阪
542-0085
大阪市中央区心斎橋筋2-8-16
ルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋 5F

「Fragments of a landscape(ある風景の断片)」展
会期:2021年2月10日(水) - 7月4日(日)
開館時間:12:00-20:00
休館日はルイ・ヴィトン メゾン 大阪御堂筋に準じます。
入場無料
会場内の混雑防止のため、入場をお待ちいただく場合がございます。

詳細へ

もっと読む