• LES PARFUMS LOUIS VUITTON

    • LES PARFUMS LOUIS VUITTON - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LES PARFUMS LOUIS VUITTON - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LES PARFUMS LOUIS VUITTON - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LES PARFUMS LOUIS VUITTON - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LES PARFUMS LOUIS VUITTON - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    香りが誘う新たな旅──

    1854年の創業以来、ルイ・ヴィトンは遥か彼方の地に常にインスパイアされ、行き先がどこであろうと旅人に寄り添ってきました。

    「旅」──それは、目的地へ辿りつくことだけではありません。旅とはたゆまず心と体を浄化してくれる存在。そして、心躍らせる新たな体験であり、大切な想い出を永遠に刻みます。

    Les Parfums Louis Vuittonに息づくサヴォアフェール(匠の技)の世界とは──
    ルイ・ヴィトンのMaître Parfumeur(インハウス・マスター・パフューマー)として就任したジャック・キャヴァリエは、「香水の聖地」でありレザーのクラフツマンシップが誕生した街として知られるフランス・グラースで生まれました。年月をかけて世界中を旅し、香水のインスピレーションを追い求めたキャヴァリエ。魅惑的な異文化や希少な香りの原料に出逢い彼が創造したのが、情緒溢れる旅を表現したフレグランス、「Les Parfums Louis Vuitton」なのです。

    ルイ・ヴィトンのフレグランスは2016年9月より発売予定です。

    タグ: 香水

  • カラフルなデザインが魅力の「エスカル」コレクション

    • カラフルなデザインが魅力の「エスカル」コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    進化を続ける充実したラインナップのメンズ・ウォッチ「エスカル」コレクション

    2014年に誕生した、ユニークでカラフルなデザインが特徴のウォッチ「エスカル」コレクション──メゾンが誇るトランクのパーソナライゼーションの世界観から着想を得たこのメンズ・ウォッチは、文字盤の24ヶ国の国旗と共に、24ヶ国のタイムゾーンを表示する機能を搭載しています。

    時計製造アトリエ「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」の技術の粋が込められた、「スピン・タイム」、「ワールドタイム」、そして「タイムゾーン」の3つのムーブメントで展開しています。

    こだわり抜いたデザインを好む方や世界を駆け巡るトラベラーに相応しい、卓越したタイムピースです。

    「エスカル」コレクションの製品詳細はこちら

    タグ: ウォッチ, サヴォアフェール(クラフツマンシップ), エスカル

  • 2017クルーズ・ファッションショー:ハイライト映像

    ショーに登場した注目のルックとそのディテールに迫ります。

    オスカー・ニーマイヤー設計による建築学的な傑作「ニテロイ現代美術館(MAC)」のまさに中心で開催されたルイ・ヴィトン2017クルーズ・ファッションショー──この圧巻のロケーションは、二コラ・ジェスキエールの魅力溢れる最新コレクションのディテールと見事に調和しています。レディース・コレクション アーティスティック・ディレクターの二コラ・ジェスキエールは、メゾンのアイデンティティを象徴するアイコニックなコードやパターン、そしてファブリックをクリエイティブに再解釈することで、今回のコレクションを通して幻想的な美学を体現しました。メゾンの歴史あるトランクから着想を得たユニークなブームボックスのバッグなど、ショーに登場した注目のアイテムをお楽しみください。

    タグ: ニコラ・ジェスキエール, プレタポルテ(洋服), ファッションショー, ビデオ, スタイル

  • 2017クルーズ・ファッションショー:ゲストインタビュー

    3度目となるルイ・ヴィトン クルーズ・ファッションショー直後のバックステージで、駆け付けたゲストたちがショーの印象を語ります。

    ショーの第一印象からお気に入りのアイテム、そして心にに残った瞬間など──2017クルーズ・ファッションショーの会場となったブラジルのニテロイ現代美術館(MAC)のバックステージで、招かれたゲストたちが最新コレクションについて語りました。多彩なゲストの中から、アリシア・ヴィキャンデル、カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェイデン・スミス、ゼンデイヤ、ぺ・ドゥナ、リウ・ウェン、TAO、イザベリ・フォンタナ、アレッサンドラ・アンブロジオらによるインタビュー映像をお届けします。

    タグ: ファッションショー, プレタポルテ(洋服), クルーズ

  • 2017クルーズ・ファッションショー:「ユートピア」のような建築

    2017クルーズ・ファッションショーを象徴する舞台となったのは、ブラジル人の現代建築家オスカー・ニーマイヤー設計によるリオデジャネイロの「ニテロイ現代美術館(MAC)」でした。

    ブラジルの理想主義とリオデジャネイロが出発点となった2017クルーズ・コレクション──今回のコレクションには、ブラジルという国の生命力、多文化主義、自由、都市未来主義、ロマン主義が凝縮されています。すべては、リオデジャネイロがインスピレーションの源となって生まれるダイナミックなフィーリングなのです。建築家オスカー・ニーマイヤーによる文明と自然のパラドックスを見事に調和させた空間と、ブラジルのユートピアのような景色を背にショーは開催されました。

    ニコラ・ジェスキエールは、ブラジルでのショー開催について次のように述べています。「私は、オスカー・ニーマイヤーの強い信念を心から評価しています。彼のヴィジョン、過激さ、そして彼が語ったユートピアでさえ、私は称賛しています。このようなパワフルな建築的空間の中でファッションショーを開催できるということは、まさに感覚が刺激される体験です。リオデジャネイロで私が目にしたものの中で最も印象深かったのは、モダニスムとトロピカリティの間に存在する動きや爆発的なエネルギーです。私は、常に自然とアーバニズムの間にある双対性、そしてそこから生まれる爆発的な光景に魅了されました。私にとって今回のコレクションの一番の課題は、自分は単なる訪問者として、自身のパリ人、フランス人としての文化論をこの瞬間にもたらしているだけだということを忘れることなく、ブラジル文化の一部であるこれらの要素すべてを、いかにしてコレクションに取り入れるか、ということでした」

    タグ: ファッションショー, ニコラ・ジェスキエール, ビデオ, 建築