• 新たにダミエ・グラフィットもパーソナライズ可能に──MY LV WORLD TOUR

    多彩なラベルで世界を駆け巡って──メゾンのアイコニックなキャンバスをカスタマイズできる新サービス「マイLV ワールドツアー」に、メンズ向けのダミエ・グラフィット ラインが仲間入り。

    人気のモノグラム・キャンバスに続き、ルイ・ヴィトンのパーソナライゼーション・サービス「マイLV ワールドツアー」に、新たにダミエ・グラフィット ラインの一部製品が加わりました。その魅力は、メゾンの伝統とモダニティが融合した遊び心溢れる幾何学的なデザインのラベル──歴史的なルイ・ヴィトンのトランクを彩る旅先のステッカーから着想を得たヴィンテージ風のものから、コンテンポラリーなシルエットやカラーまで、多彩なセレクションが揃います。

    メゾンの伝統を想わせるものから遊び心溢れるポップなアイコン、世界の主要都市がモチーフのラベル、ご自身のイニシャルや記念日を施せるものなど──5種類のラベルの中からお好みの組み合わせを選んで、バックパックや財布をパーソナライズ。モノグラム・キャンバスでも展開中の本サービスは、全国のルイ・ヴィトン ストアにて承っております。ラゲージをはじめ、パスポートケースなどの小物類にいたるまで、豊富なラインナップをご用意。多彩なラベルでお気に入りのレザーグッズを彩って、世界をあなたのものに──

    パーソナライゼーション・サービス「マイLV ワールドツアー」の詳細はこちら:ダミエ・グラフィット / モノグラム

    レザーグッズ スモールレザーグッズ ラゲージ トラベル パーソナライゼーション
  • ルイ・ヴィトン、環境への取り組みを強化

    「優れたデザイン、持続可能な取り組み、そして良いビジネスはすべて隣り合わせです」──マイケル・バーク

    環境を守り続けるというLVMHグループの取り組みから25年が経った今日──ルイ・ヴィトン CEOのマイケル・バークは、メゾンの最新4輪トロリーに触れながら、環境に優れた製品開発の向上は、お客様の製品に対するさらなる満足に繋がると語りました。

    ルイ・ヴィトンの4輪トロリーは、メゾンの環境への取り組みを体現する代表的な例と言えます。アルミ製の素材、品質が50%向上したキャンバス、本体に合成材を使用するなど、これまでになく軽量で堅牢な作りになり、トラベラーにこの上ない快適な旅を約束。さらに、使用時はCO2からの悪影響を20%削減しています。

    高度な特許技術を必要とするのはもちろん、フランス国内での部品の調達や組み立てにこだわることで、製品の移動を最小限に抑えています。メゾンのサヴォアフェール(匠の技)と環境への最適な取り組みの両方を実現し、生産されているのです(ルイ・ヴィトンのアニエールのアトリエはISO14001認定)。

    また、4輪トロリーの頑丈さは工学を駆使したデザインによって生み出されています。環境への影響を減らすため、長持ちするように工夫されたデザイン──本製品のリペアの70%は、ルイ・ヴィトンの店舗にて数日で完了することから、移動を最小限に抑え、高品質なサービスをご提供しています。「実際、持続的発展はデザイナーの友達なのです」と、マイケル・バークが語るように──

    環境 ホライゾン マイケル・バーク
  • ニューヨークにて開催 「空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン」展

    ニューヨークにて開催 「空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン」展 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    2017年10月27日(金)~2018年1月7日(日)まで、ニューヨークにて「Volez, Voguez, Voyagez - Louis Vuitton(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)」展を開催いたします。

    パリを皮切りに、世界を駆け巡る大規模なエキシビション「Volez, Voguez, Voyagez - Louis Vuitton (空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)」展。そして、このたび新たに、ニューヨークの旧アメリカン証券取引所ビル(American Stock Exchange)にて開催されることとなりました。ロバート・カーセンが手掛けたダイナミックな演出によって生き生きと表現されるメゾンの過去から今日にいたる壮大な歴史をテーマに、キュレーターのオリヴィエ・サイヤールが再び大いなる旅へと皆様をご招待いたします。

    本展では、アメリカにおけるルイ・ヴィトンの長い歴史にフォーカスし、1893年のシカゴ万博にジョルジュ=ルイ・ヴィトンが出展した製品から、アーネスト・ヘミングウェイ、ローレン・バコール、F.スコット・フィッツジェラルド、さらにロックフェラーやヴァンダービルトら名門一族が所有していたルイ・ヴィトンのコレクションまでを展示。さらにスティーブン・スプラウスをはじめ、直近ではジェフ・クーンズといったアーティストとのコラボレーションも登場し、アメリカならではの鮮明で力強い影響を受けながら再解釈されたメゾンのコードをご紹介しています。また、職人たちのアトリエにオマージュを捧げた部屋では、今日までルイ・ヴィトンを築き上げてきたメゾンのサヴォアフェール(匠の技)の世界もお楽しみいただけます。

    VOLEZ, VOGUEZ, VOYAGEZ
    86 TRINITY PLACE
    NEW YORK, NY 10006

    2017年10月27日(金)~2018年1月7日(日)
    (月)~(土) 午前10:00-午後8:00
    (日) 午前11:00-午後7:00

    12月24日(日) クリスマス・イヴ 午前11:00-午後6:00
    12月31日(日) 大晦日 午前11:00-午後6:00
    1月1日(月) 元旦 正午12:00-午後5:00

    定休日:
    11月23日(木) 感謝祭
    12月25日(月) クリスマス

    (最終入場は閉館30分前まで)

    オンライン予約はこちら(英語サイト)
    エキシビションの詳細はこちら

    エキシビション イベント ニューヨーク
  • <最新広告キャンペーン>MASTERS - A COLLABORATION WITH JEFF KOONS

    • <最新広告キャンペーン>MASTERS - A COLLABORATION WITH JEFF KOONS - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • <最新広告キャンペーン>MASTERS - A COLLABORATION WITH JEFF KOONS - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    フランス人女優 レア・セドゥが魅せる──ルイ・ヴィトンと世界的な現代アーティスト ジェフ・クーンズのコラボレーション第2弾となる新作コレクション。

    2017年10月27日(金)、ルイ・ヴィトンと世界で最も影響力のある現代アーティストの1人として知られるジェフ・クーンズとのコラボレーションにより生まれた「MASTERSコレクション」の最新作が発売されます。西洋絵画の巨匠たちの傑作で彩られた新たなバッグ&アクセサリー・コレクションをお楽しみに──

    最新広告キャンペーンでは、レア・セドゥと共に「MASTERSコレクション」の新作の中から、クロード・モネの傑作で彩られた「スピーディ」とジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの傑作で彩られた「ネヴァーフル」が登場します。

    近年、現代アーティストたちとの積極的なコラボレーションを通じて、アートの世界との関わりをさらに強めるメゾン ルイ・ヴィトン──ジェフ・クーンズによる「MASTERSコレクション」の第2弾は、こうして確立された確固たる基盤の上で、ファッションとアートの交差点をさらに探求していきます。

    コラボレーションについて知る
    製品コレクションを見る

    ジェフ・クーンズ アーティスティック・コラボレーション レア・セドゥ 広告キャンペーン
  • フォンダシオン ルイ・ヴィトンにて開催「Being Modern: MoMA in Paris」展

    • フォンダシオン ルイ・ヴィトンにて開催「Being Modern: MoMA in Paris」展 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • フォンダシオン ルイ・ヴィトンにて開催「Being Modern: MoMA in Paris」展 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    フォンダシオン ルイ・ヴィトンにて、ニューヨーク近代美術館(MoMA)に所蔵されている作品の中でも特に創造性に優れた200点を超えるアート作品を展示した、特別なエキシビション「Being Modern: MoMA in Paris」展を開催中。

    1929年の創設以来、ニューヨーク近代美術館(MoMA)に所蔵されている作品の中から厳選したコレクションをご紹介する本キシビション──2017年10月11日(水)から2018年3月5日(月)までの期間中、アメリカン・アブストラクション、ポップ・アート、ミニマリズムなどのスタイルも用いたモダンアート初期の作品から最新のコンテンポラリーアートまで、幅広い作品を展示しています。

    多彩なアーティストによる作品が揃う本展では、マックス・ベックマン(Max Beckmann)、アレクサンダー・カルダー(Alexander Calder)、ポール・セザンヌ(Paul Cézanne)、マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp)、ウォーカー・エバンス(Walker Evans)、グスタフ・クリムト (Gustav Klimt)、ルネ・マグリット(René Magritte)、パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)、ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ(Ludwig Mies van der Rohe)、ポール・シニャック(Paul Signac)、などによる作品が登場。

    傑作と呼ばれるものから、まだあまり知られていない作品まで多岐にわたり、さらにMoMAアーカイヴの文献も展示され、作品そのもののご紹介はもちろん、ニューヨーク近代美術館(MoMA)の歴史を辿る内容となっています。

    エキシビションの詳細はこちら(英語・仏語のみ)

    フォンダシオン ルイ・ヴィトン エキシビション MoMa