• ルイ・ヴィトン アメリカズカップ・クオリファイヤーズ

    ルイ・ヴィトン アメリカズカップ・クオリファイヤーズ - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    先日6月3日(土)に最終戦を迎えた「アメリカズカップ・クオリファイヤーズ」。「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」と1点差で、ディフェンディング・チャンピオンの「オラクル・チーム・USA」がこの一戦を見事に制しました。

    本対戦を経て、次の4チーム──「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」は、イギリスのチーム「ランドローバーBAR」を相手に、そして「ソフトバンク・チーム・ジャパン」がスウェーデンのチーム「アルテミス・レーシング」を相手に、次なる「チャレンジャー・シリーズ」の第1ステップ、「アメリカズカップ チャレンジャー・プレーオフ・セミファイナル」にて対戦することが決定。その後、勝利チームは「チャレンジャー・プレーオフ・ファイナル」へと進み、そこで勝ち抜いたチームが「オラクル・チーム・USA」を相手に挑む第35回アメリカズカップ本戦へと進む挑戦権を獲得します。

    トランク アメリカズカップ
  • 伝説を刻むトロフィーとルイ・ヴィトンの特製ケース

    • 伝説を刻むトロフィーとルイ・ヴィトンの特製ケース - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 伝説を刻むトロフィーとルイ・ヴィトンの特製ケース - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 伝説を刻むトロフィーとルイ・ヴィトンの特製ケース - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 伝説を刻むトロフィーとルイ・ヴィトンの特製ケース - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 伝説を刻むトロフィーとルイ・ヴィトンの特製ケース - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 伝説を刻むトロフィーとルイ・ヴィトンの特製ケース - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    このたびルイ・ヴィトンは、歴史ある全仏オープンテニス「ローラン・ギャロス トーナメント」の2つのトロフィーのために特別なケースを製作しました。

    パリ郊外アニエールにあるルイ・ヴィトンの歴史あるアトリエの職人によって丹念に作られた2つのトロフィー・ケース。これらは、輝かしい「ローラン・ギャロス」での女子チャンピオンに贈呈されるスザンヌ・ランラン・カップと男子チャンピオンに贈呈されるムスクテール・カップ、それぞれのトロフィーを収めるために製作されました。

    アイコニックなモノグラム・キャンバスのトロフィー・ケースは、ルイ・ヴィトンのシグネチャーである真鍮のコーナー金具やロックが特徴です。テニスコートのクレー(赤土)を想起させるテラコッタカラーの内装、そしてケースのフロントには、同じくテニスコートのラインを想わせる「V」がデザインの仕上げとして施されています。

    フランステニス連盟のベルナール・ジウディセリ会長は、次のように述べています。「ルイ・ヴィトンとローラン・ギャロスと共に、フランスは驚きとインスピレーションを生み出すことに成功するでしょう。フランスを代表する両ブランドのパートナーシップは、トーナメントが繰り広げられる2週間の間、チャンピオンを鼓舞するシンボルとなります。この堂々たる新たなケースに収納されたトロフィーは、これまでにないほど美しく輝いています。きっと『ローラン・ギャロス 2017』で、とても注目されるでしょう」。

    トランク テニス トロフィー
  • SUNGLASSES WITH STYLE

    ルイ・ヴィトンより、今シーズンを彩る新作サングラス・コレクションが登場──ミシェル・ウィリアムズが魅せる最新映像をご覧ください。

    さまざまなレディースの新作サングラスを身に付けたメゾンの友人、ミシェル・ウィリアムズ。ゴードン・ヴォン・スタイナーが捉えたショートフィルムでその姿をご紹介します。

    Sunrise... A kiss...メゾンの伝統から着想を得た新作コレクションのレンズを通じて、心躍る夏を──

    多彩なラインナップの中から登場するのは、メゾンのアイコニックなスタッズが施された、カラーバリエーションが豊富なパイロット・シェイプと、フロント部分のディテールとテンプルに施された「エセンシャルV」が特徴的なデザインのモダンなスクエア・シェイプ。

    2017春夏シーズンのさらなる新作ラインナップはこちらでチェック。

    アクセサリー サングラス ミシェル・ウィリアムズ
  • ルイ・ヴィトン アメリカズカップ・チャレンジャー・プレーオフ

    ルイ・ヴィトン アメリカズカップ・チャレンジャー・プレーオフ - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    6月4日(日)~12日(月)までバミューダにて、「ルイ・ヴィトン アメリカズカップ・チャレンジャー・プレーオフ」が開催されます。

    バミューダで行われる第35回「アメリカズカップ マッチ presented by ルイ・ヴィトン」に向けて、挑戦艇5チーム──「ランドローバーBAR」、「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」、「アルテミス・レーシング」、「ソフトバンク・チーム・ジャパン」、「グルパマ・チーム・フランス」──さらに、第34回アメリカズカップの覇者である「オラクル・チームUSA」を加えた6チームは、世界各地の海で白熱した戦いを繰り広げてきました。しかし、挑戦艇5チームのうち、ディフェンディング・チャンピオンの「オラクル・チーム・USA」に「アメリカズカップ」をかけての戦いを挑む切符を手にすることができるのは、わずかに1チームのみ。

    ルイ・ヴィトンは、その切符を手にするチームの功績を讃えるために、新たにトロフィーとそれを収めるためのトランクを製作しました。このトロフィーは、バミューダ グレート・サウンドにて、6月11日(日)または12日(月)に「ルイ・ヴィトン アメリカズカップ・チャレンジャー・プレーオフ」を勝ち抜いたチームに授与されます。

    トランク アメリカズカップ
  • 歴史あるルイ・ヴィトンのアトリエで製作された2つのトロフィー・ケース

    歴史あるルイ・ヴィトンのアトリエで製作された2つのトロフィー・ケース - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    昨年に続き、ルイ・ヴィトンは「ローラン・ギャロス 2018」の優勝トロフィーを収める特製ケースを製作しました。

    ルイ・ヴィトンは昨年に続き、全仏オープンテニス「ローラン・ギャロス 2018」のためにフランステニス連盟との関係を継続。本大会おいて、女子シングルス・チャンピオンにはスザンヌ・ランラン・カップが、そして男子シングルス・チャンピオンにはムスクテール・カップがそれぞれ贈呈されます。ルイ・ヴィトンは、この輝かしい2つのカップを保護するためのトロフィー・ケースを製作しました。2つの特製ケースには、2018年トーナメントのポスターがペインティングされています。このコラボレーションは、フランスを代表する2つのブランド──ローラン・ギャロスとルイ・ヴィトン──にとって意義深く、そのノウハウ、卓越性、そして芸術性へのこだわりを示すとともに、パリとフランスの名をさらに世界で高めることになるでしょう。

    ルイ・ヴィトンでは1854年の創業以来、ペインティングによるパーソナライゼーションがメゾンのDNAと伝統的なノウハウにおいて不可欠な要素となっています。今年のトロフィー・ケースには、ファビエンヌ・ヴェルディエがデザインした「ローラン・ギャロス 2018」のポスターが描かれます。昨年に続いて最高のキャンバスに施されるパーソナライゼーションは、トロフィー・ケースに特別でユニークな芸術的タッチを添えることでしょう。ルイ・ヴィトンのパーソナライゼーションはもはや、単にオーナーの証という役割を超え、お客様1人1人のニーズを満たすことを可能にするものなのです。

    トランク トロフィー ノウハウ