• Designers without borders

    新世代のクリエーションを世界中から迎え入れそのユニークで自由なアイデアを形にするメゾン ルイ・ヴィトン。その結果は、卓越したオブジェを見れば一目瞭然。それは独創性とデザインに国境はないという証です。
  • ルイ・ヴィトン アメリカズカップ──チャレンジャー・プレーオフ・ファイナル

    • ルイ・ヴィトン アメリカズカップ──チャレンジャー・プレーオフ・ファイナル - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」が第35回アメリカズカップへ出場決定。「オラクル・チーム・USA」を相手に本戦に挑みます。

    「アメリカズカップ チャレンジャー・プレーオフ」の最終レースを経て、「アルテミス・レーシング」を見事制し、第35回アメリカズカップ本戦出場の切符を手に入れた、ピーター・バーリングが所属する「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」。アメリカズカップ本戦では、再び「オラクル・チーム・USA」を相手に対戦に挑みます。

    前戦に続き「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」の一員として第35回アメリカズカップに挑むのは、ウイングトリマー兼スキッパーのグレン・アシュビーのみ。当時はピーター・バーリングも所属していませんでした。ただ、そんなことで2017年の「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」の勢いが止まることはありません──

    グレン・アシュビーは、最終レース後の記者会見で、次のように述べています──「サンフランシスコ大会での戦いで学んだことが、私たちをより一層強くしているのだと思います。チームを根本から立て直し、その結果、今はこれまで以上に最強のチームになっています。前に進もうとするモチベーションが、確かにあります」。

    第35回となる本戦──「アメリカズカップ マッチ presented by ルイ・ヴィトン」──は、2017年6月17日(土)に開催されます。

    「ルイ・ヴィトン アメリカズカップ」コレクションはこちら

    タグ: LVCup, トランク, アメリカズカップ

  • 2つのトロフィー・ケースが2人のセレブリティと共に登場──

    全仏オープンテニス「ローラン・ギャロス 2017」のために製作されたルイ・ヴィトンの特製トロフィー・ケース。それらと共に登場した女優ニコール・キッドマンと俳優アレクサンダー・スカルスガルドのインタビュー映像をお楽しみください。

    ルイ・ヴィトンを身に纏った女優のニコール・キッドマンは男子チャンピオンに贈呈されるムスクテール・カップを収めた特製ケースと、そして、俳優アレクサンダー・スカルスガルドは女子チャンピオンに贈呈されるスザンヌ・ランラン・カップを収めた特製ケースと共に、今大会の男女決勝戦に登場しました。

    「ローラン・ギャロス 2017」の輝かしい2つの優勝トロフィーを収納するためのケースを製作したルイ・ヴィトン──その印象を、女優ニコール・キッドマンと俳優アレクサンダー・スカルスガルドが語りました。二コールのお気に入りは、勝利へ熱き想いを象徴したルイ・ヴィトンの「Victory travels in Louis Vuitton(勝利を目指し闘ったすべての選手たちの想いをのせて、旅は続く──)」を体現した「V」シグネチャー。一方、アレクサンダーは、テニスコートのラインを彷彿させる「V」のデザインがケースに魅力的なタッチを加えているとコメントしました。

    ルイ・ヴィトン トロフィー・ケースの詳細はこちら

    タグ: トランク, トロフィー, ノウハウ, 優勝

  • <続報>VICTORY TRAVELS IN LOUIS VUITTON──全仏オープンテニスの優勝トロフィー・ケース

    • <続報>VICTORY TRAVELS IN LOUIS VUITTON──全仏オープンテニスの優勝トロフィー・ケース - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • <続報>VICTORY TRAVELS IN LOUIS VUITTON──全仏オープンテニスの優勝トロフィー・ケース - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    歴史ある全仏オープンテニス「ローラン・ギャロス 2017」のためにルイ・ヴィトンが製作した特製トロフィー・ケース。本大会で女子チャンピオンに輝いたのは──

    輝かしい「ローラン・ギャロス 2017」のトロフィーを収納するための2つのケースを製作したルイ・ヴィトン。これらは、パリ郊外アニエールに構えるメゾンの歴史あるアトリエの職人によって丹念に作られました。国際的に知られているフランスの2つのブランド──ルイ・ヴィトンとローラン・ギャロス──のコラボレーションは、双方にとって意義深く、そのサヴォアフェール(匠の技)、卓越性、芸術性へのこだわりを示すとともに、パリとフランスの名をさらに世界に広めることになるでしょう。

    今大会で、女子チャンピオンに輝き、スザンヌ・ランラン・カップを手にしたのはエレナ・オスタペンコ。ニコラ・ジェスキエールが手掛けたルイ・ヴィトンのアイテムを身に纏い、アイコニックなモノグラム・キャンバスに彩られたトロフィー・ケースの傍らに佇む彼女の姿をご覧ください。

    ルイ・ヴィトン トロフィー・ケースの詳細はこちら

    タグ: トランク, トロフィー, ノウハウ, 優勝

  • VICTORY TRAVELS IN LOUIS VUITTON──全仏オープンテニスの優勝トロフィー・ケース

    • VICTORY TRAVELS IN LOUIS VUITTON──全仏オープンテニスの優勝トロフィー・ケース - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • VICTORY TRAVELS IN LOUIS VUITTON──全仏オープンテニスの優勝トロフィー・ケース - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ルイ・ヴィトンは昨年に続き、「ローラン・ギャロス 2018」のためにフランステニス連盟との関係を継続しました。

    全仏オープンテニス「ローラン・ギャロス 2018」において、女子シングルス・チャンピオンにはスザンヌ・ランラン・カップが、そして男子シングルス・チャンピオンにはムスクテール・カップが贈呈されました。2つの優勝トロフィーは、今大会のポスターのペインティングが施されたルイ・ヴィトンの特製ケースに収められて登場。このコラボレーションは、フランスを代表する2つのブランド──ローラン・ギャロスとルイ・ヴィトン──にとって意義深く、そのノウハウ、卓越性、そして芸術性へのこだわりを示すとともに、パリとフランスの名をさらに世界で高めることになるでしょう。

    各決勝戦には、メゾンの友人である女優イザベル・ユペールとレア・セドゥが、それぞれの輝かしいトロフィーを収めたルイ・ヴィトンの特製ケースと共に登場しました。

    タグ: トランク, トロフィー, ノウハウ, 優勝