• ジェフ・クーンズのスタジオにて──

    • ジェフ・クーンズのスタジオにて── - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    10月12日(木)、日本時間夕方──著名な現代アーティスト、ジェフ・クーンズとのコラボレーションにより誕生した最新コレクションがヴェールを脱ぎます。

    ジェフ・クーンズのスタジオへ足を踏み入れると──ルイ・ヴィトンとの最新コラボレーションの準備に忙しいクーンズの姿。西洋絵画の巨匠たちの傑作に彩られた斬新なコラボレーションに、さらに新たな解釈が加わります。

    現代美術における最も魅力的なアーティストの1人であるジェフ・クーンズは、芸術史と大衆文化が紡ぐ偉大な伝説をテーマにした作品で知られています。このコラボレーションにおいて描くビジョンについて、ジェフ・クーンズは次のように語っています。

    「アートとファッションはどちらも感情を刺激します。過去と未来を尊重しつつ、生きることや私たちの可能性、そして今この瞬間の意味を明らかにする存在であると感じます」。
    Jeff Koons, Studio Visit, 2017

    間もなく解禁される最新コレクションをお楽しみに──

    タグ: ジェフ・クーンズ, アート, コラボレーション, アイコン

  • 洗練された店内──メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム

    • 洗練された店内──メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 洗練された店内──メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 洗練された店内──メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 洗練された店内──メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 洗練された店内──メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 洗練された店内──メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    2017年10月4日、パリのヴァンドーム広場2番地にメゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドームがオープンしました。建築家ピーター・マリノのデザインによって改装・修復された新たなメゾンをご紹介。

    メゾンが入る2つのhôtel particuliers(歴史的なパリのタウンハウス)は、長年にわたり廷臣や貴族といった特権階級の住まいであり、時に皇妃やのちの皇帝ナポレオン3世も暮らしたと言われる歴史的な場所──Hôtel Beudet de Morlet(オテル・ボデ・ド・モルレ)やHôtel Heuzé de Vologer(オテル・ウゼ・ド・ヴォロジェ)と呼ばれていたこれらのタウンハウスは1714年に完成しましたが、1980年代に大規模なリノベーションが行われるなど、年月と共に改修され、大きく姿を変えました。

    建築家ピーター・マリノは、昔の面影を失った2つの館にかつての輝きを取り戻しました。床は18世紀の格式ある姿に、天井はもとの高さを取り戻し(2階の天井の高さは約5メートル)、ヴェルサイユ宮殿を手掛けた建築家ジュール=アルドゥアン・マンサールが設計したファサードは丹念に修復されました。

    このメゾンのいたるところに、ピーター・マリノは新旧を巧みに融合し、フランスの歴史とクラフツマンシップを表現する技術や素材を用いながら、この上なくモダンなデザインを慎重に取り入れました。当初の様式を保持したファサードの後ろには、開放的で光に満ち溢れた空間が広がるようにデザインされています。ガラス、明るい色の石材、職人技が息づく壁装材、美しい寄木張りの床、そして、石材のフロアリングをふんだんに用いたことで、各フロア毎に異なる個性を持ちながら、全体としての一貫性が保たれています。

    タグ: ヴァンドーム広場, メゾン, ピーター・マリノ

  • 新たにオープン──メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム

    • 新たにオープン──メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 新たにオープン──メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 新たにオープン──メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 新たにオープン──メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 新たにオープン──メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 新たにオープン──メゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドーム - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    パリの名高い広場の1つであるヴァンドーム広場──160年以上前に若きルイ・ヴィトンが初めて店舗を構えた地にほど近い場所に新たに誕生したメゾン ルイ・ヴィトン ヴァンドームは、歴史を歩みはじめたブランドの原点への回帰を意味します。

    トラベルグッズ、ファッション、ファインジュエリーは300年以上も前から、ヴァンドーム広場とその周辺の歴史の一部を成してきました。ルイ・ヴィトンがトランク製造の技術を学び、1854年に初めての店舗を構えたのも、この広場にほど近い場所でした。

    ヴァンドーム広場は、ルイ・ヴィトンにとって非常に象徴的な場所であると同時に、ヴェルサイユ宮殿と同じく、17世紀フランスの芸術性を示す最も美しい模範の1つです。ルイ14世と当時の財務総監ジャン-バティスト・コルベールが推し進めたヴェルサイユ宮殿はフレンチラグジュアリーの発祥地となり、フランスのクラフツマンシップやサヴォアフェール(匠の技)を世界中に知らしめました。建築家ジュール=アルドゥアン-マンサールによって設計されたヴァンドーム広場とヴェルサイユ宮殿は、現代においてもヘリテージとしての地位を二分し、ルイ・ヴィトンにとって重要な存在となっています。

    フランスの芸術性を示す2つの美しい建築物は、現在のルイ・ヴィトンの世界観を形成するエレガンスと職人技への強い想いを体現しています。こうした伝統を継承すべく、ルイ・ヴィトンがヴァンドーム広場の中心でアトリエを開き、そのクリエーションを披露するのはごく自然なことでしょう。そして、これらの伝説を未来の世代へと確実に受け継いでゆくのです。

    タグ: ヴァンドーム広場, メゾン

  • 2018春夏レディース・ファッションショー:注目のディテール

    • 2018春夏レディース・ファッションショー:注目のディテール - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018春夏レディース・ファッションショー:注目のディテール - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018春夏レディース・ファッションショー:注目のディテール - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018春夏レディース・ファッションショー:注目のディテール - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018春夏レディース・ファッションショー:注目のディテール - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018春夏レディース・ファッションショー:注目のディテール - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018春夏レディース・ファッションショー:注目のディテール - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018春夏レディース・ファッションショー:注目のディテール - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ニコラ・ジェスキエールが手掛ける最新レディース・ショーに登場した魅惑的なアイテム──フロントローから捉えたそのディテールに迫ります。

    ニューヨークのメトロポリタン美術館を訪れ、18世紀のフランス貴族の衣装を眺めていた時、心の中に永続的なスタイルという概念が浮かび上がったニコラ・ジェスキエール。こうして、礼装用のドレスの洗練された佇まい──贅沢なブロケード、精緻を極めるエンブロイダリー、年代物の衣装が漂わせる素晴らしい優美さ──に現代の衣服のダイナミックながらもカジュアルなモダニティを融合させたのです。手の込んだテールコートがテーパードパンツと調和を奏でるようにドレープを描き、メランコリーな雰囲気のドレスの美しく流れ落ちるラインの足元には、スニーカーという別世界が現れます。

    こうした繊細なスタイルで、ルイ・ヴィトンは時を超え、さまざまな時代と1つになるのです。

    躍動感溢れるランウェイの映像はlouisvuitton.comにて公開中。また、ルイ・ヴィトン InstagramFacebookTwitterなどで公開中の最新コンテンツもお見逃しなく。

    タグ: ファッションショー, プレタポルテ(洋服), ニコラ・ジェスキエール

  • 2018春夏レディース・ファッションショー:ハイライト映像

    キャットウォークを彩った最新レディース・ショーのルックに注目──

    パリの中心部、パレ・ロワイヤル──ルイ・ヴィトンは歴史を感じさせるこの場所に、メゾンにとって特別な意味を見出しました。それは、永遠に1つに交わる、過去と現在を繋ぐ旅の存在──2018春夏レディース・コレクションでは、アナクロニズム、そして時を越えた「衣装」の対話にフォーカスを当てます。

    タグ: ファッションショー, プレタポルテ(洋服), ニコラ・ジェスキエール