• ルイ・ヴィトン シティ・ガイド ニューヨーク

    • ルイ・ヴィトン シティ・ガイド ニューヨーク - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ニューヨークでの「Volez, Voguez, Voyagez - Louis Vuitton(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)」展の開催期間中、App Storeでは「ルイ・ヴィトン シティ・ガイド」の ニューヨーク版を無料でダウンロードいただけます。

    発売から約20年が経つ今もなお、あらゆる目的地のアドレスを厳選し、独自の視点とこだわりでさまざまなスポットをご紹介しているルイ・ヴィトン シティ・ガイド。情報が定期的に更新されるモバイル・アプリのニューヨーク版では、500ヶ所にもおよぶアドレスを網羅し、情報満載ながらも奥深く、鋭い視点で都市の魅力をご紹介しています。

    また今回ニューヨークにて「Volez, Voguez, Voyagez - Louis Vuitton(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)」展が開催されるにあたり、最終日となる2018年1月7日(日)までの間、App Storeでは「ルイ・ヴィトン シティ・ガイド ニューヨーク」(英/仏/中)を無料でダウンロードいただけます。また全26都市を網羅した公式アプリ「ルイ・ヴィトン シティ・ガイド」では、世界のあらゆる都市の魅力をお楽しみいただけます。ルイ・ヴィトンが誘う、果てしない冒険の旅をぜひお楽しみください。

    公式アプリ「ルイ・ヴィトン シティ・ガイド」のダウンロードはこちら

    タグ: シティ・ガイド

  • ルイ・ヴィトンのメンズ・レザーグッズが新たなステージへ──ユタ・ラインの新作が登場

    • ルイ・ヴィトンのメンズ・レザーグッズが新たなステージへ──ユタ・ラインの新作が登場 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    アメリカ西部の美しく壮大な自然から着想を得た、多機能な最新メンズ・レザーグッズをご紹介。

    渓谷の岩場から着想を得て、新たに生まれ変わったユタ・ラインから、キャニオン・コレクションのレザーグッズが登場。しなやかで軽量、かつ洗練されたデザインが特徴です。マスキュリンな存在感を放ちならがも、リラックス感漂うラインナップ──外側にファスナー式のポケットが付いたバックパックやポストマン・バッグにインスパイアされた2種類のメッセンジャーバッグ、コンパクトなブリーフケース、そして日常や小旅行にも活躍するサイズのバッグなど、5モデルで展開しています。

    どのアイテムも、グレインレザーとスムースレザーを組み合わせ、大胆なカットを施した切りっぱなしのレザーの仕上げやダブル・ステッチなど、あらゆる箇所にルイ・ヴィトンのサヴォアフェール(匠の技)が見て取れます。また、メゾンのコードも、ヴィンテージ風の加工を施した金具などにさりげなく体現されています。

    マロンとブルーマリーヌの2色で展開するユタ・ラインの新作は、グランドキャニオンの渓谷の岩肌とその谷間を流れる水流を表現したもの。同じレザーを使用した小物類も登場し、スマートなシルエットに最適なスリムタイプの財布などがラインナップを完成させます。メゾンならではのクラフツマンシップが息づくユタ・ラインのレザーグッズは、手作業によって生まれる自然な風合いを再現したアイテムが揃います。

    ユタ・ラインの新作はこちら

    タグ: ファッション, メンズ, レザーグッズ

  • 新たにダミエ・グラフィットもパーソナライズ可能に──MY LV WORLD TOUR

    多彩なラベルで世界を駆け巡って──メゾンのアイコニックなキャンバスをカスタマイズできる新サービス「マイLV ワールドツアー」に、メンズ向けのダミエ・グラフィット ラインが仲間入り。

    人気のモノグラム・キャンバスに続き、ルイ・ヴィトンのパーソナライゼーション・サービス「マイLV ワールドツアー」に、新たにダミエ・グラフィット ラインの一部製品が加わりました。その魅力は、メゾンの伝統とモダニティが融合した遊び心溢れる幾何学的なデザインのラベル──歴史的なルイ・ヴィトンのトランクを彩る旅先のステッカーから着想を得たヴィンテージ風のものから、コンテンポラリーなシルエットやカラーまで、多彩なセレクションが揃います。

    メゾンの伝統を想わせるものから遊び心溢れるポップなアイコン、世界の主要都市がモチーフのラベル、ご自身のイニシャルや記念日を施せるものなど──5種類のラベルの中からお好みの組み合わせを選んで、バックパックや財布をパーソナライズ。モノグラム・キャンバスでも展開中の本サービスは、全国のルイ・ヴィトン ストアにて承っております。ラゲージをはじめ、パスポートケースなどの小物類にいたるまで、豊富なラインナップをご用意。多彩なラベルでお気に入りのレザーグッズを彩って、世界をあなたのものに──

    パーソナライゼーション・サービス「マイLV ワールドツアー」の詳細はこちら:ダミエ・グラフィット / モノグラム

    タグ: レザーグッズ, スモールレザーグッズ, ラゲージ, トラベル, パーソナライゼーション

  • ルイ・ヴィトン、環境への取り組みを強化

    「優れたデザイン、持続可能な取り組み、そして良いビジネスはすべて隣り合わせです」──マイケル・バーク

    環境を守り続けるというLVMHグループの取り組みから25年が経った今日──ルイ・ヴィトン CEOのマイケル・バークは、メゾンの最新4輪トロリーに触れながら、環境に優れた製品開発の向上は、お客様の製品に対するさらなる満足に繋がると語りました。

    ルイ・ヴィトンの4輪トロリーは、メゾンの環境への取り組みを体現する代表的な例と言えます。アルミ製の素材、品質が50%向上したキャンバス、本体に合成材を使用するなど、これまでになく軽量で堅牢な作りになり、トラベラーにこの上ない快適な旅を約束。さらに、使用時はCO2からの悪影響を20%削減しています。

    高度な特許技術を必要とするのはもちろん、フランス国内での部品の調達や組み立てにこだわることで、製品の移動を最小限に抑えています。メゾンのサヴォアフェール(匠の技)と環境への最適な取り組みの両方を実現し、生産されているのです(ルイ・ヴィトンのアニエールのアトリエはISO14001認定)。

    また、4輪トロリーの頑丈さは工学を駆使したデザインによって生み出されています。環境への影響を減らすため、長持ちするように工夫されたデザイン──本製品のリペアの70%は、ルイ・ヴィトンの店舗にて数日で完了することから、移動を最小限に抑え、高品質なサービスをご提供しています。「実際、持続的発展はデザイナーの友達なのです」と、マイケル・バークが語るように──

    タグ: 環境, ホライゾン, マイケル・バーク

  • ニューヨークにて開催 「空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン」展

    • ニューヨークにて開催 「空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン」展 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    2017年10月27日(金)~2018年1月7日(日)まで、ニューヨークにて「Volez, Voguez, Voyagez - Louis Vuitton(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)」展を開催いたします。

    パリを皮切りに、世界を駆け巡る大規模なエキシビション「Volez, Voguez, Voyagez - Louis Vuitton (空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)」展。そして、このたび新たに、ニューヨークの旧アメリカン証券取引所ビル(American Stock Exchange)にて開催されることとなりました。ロバート・カーセンが手掛けたダイナミックな演出によって生き生きと表現されるメゾンの過去から今日にいたる壮大な歴史をテーマに、キュレーターのオリヴィエ・サイヤールが再び大いなる旅へと皆様をご招待いたします。

    本展では、アメリカにおけるルイ・ヴィトンの長い歴史にフォーカスし、1893年のシカゴ万博にジョルジュ=ルイ・ヴィトンが出展した製品から、アーネスト・ヘミングウェイ、ローレン・バコール、F.スコット・フィッツジェラルド、さらにロックフェラーやヴァンダービルトら名門一族が所有していたルイ・ヴィトンのコレクションまでを展示。さらにスティーブン・スプラウスをはじめ、直近ではジェフ・クーンズといったアーティストとのコラボレーションも登場し、アメリカならではの鮮明で力強い影響を受けながら再解釈されたメゾンのコードをご紹介しています。また、職人たちのアトリエにオマージュを捧げた部屋では、今日までルイ・ヴィトンを築き上げてきたメゾンのサヴォアフェール(匠の技)の世界もお楽しみいただけます。

    VOLEZ, VOGUEZ, VOYAGEZ
    86 TRINITY PLACE
    NEW YORK, NY 10006

    2017年10月27日(金)~2018年1月7日(日)
    (月)~(土) 午前10:00-午後8:00
    (日) 午前11:00-午後7:00

    12月24日(日) クリスマス・イヴ 午前11:00-午後6:00
    12月31日(日) 大晦日 午前11:00-午後6:00
    1月1日(月) 元旦 正午12:00-午後5:00

    定休日:
    11月23日(木) 感謝祭
    12月25日(月) クリスマス

    (最終入場は閉館30分前まで)

    オンライン予約はこちら(英語サイト)
    エキシビションの詳細はこちら

    タグ: エキシビション, イベント, ニューヨーク