• 装いを完成させる2018秋冬メンズ・コレクション

    ルイ・ヴィトンならではのシティシックなスタイルで秋を先取り──

    最新アクセサリー&レザーグッズを取り入れて装いをアップデート──ルイ・ヴィトンのスタイル・セレクターでは、スポーティ、シティシック、そしてビジネスの3つのスタイルの中から、最旬のトータルルックをご提案します。

    今回注目のスタイルは、シティシック──おすすめのセレクションには、「サンチュール・スカイ リバーシブル 35MM」や「ネックレス ダミエブラック」、そして「ブラックアイス・ライン アンクルブーツ」など、アクセントの効いたユニークなアイテムが揃います。レザーのベルトループが特徴のパンツは、エレガンスと日常での実用性も兼ね揃えています。ライニングがナイロン素材のテクニカルパデッドレザーブルゾンを羽織れば、さらにフレッシュなルックに。レザーグッズでは、ダミエ・グラフィットのバックパック「ジョッシュ」やモノグラム・エクリプスの「スティーマー・バックパック」、ブルーのタイガ・レザーが映える「アウトドア・メッセンジャー PM」など──機能性に満ちたシティルックに活躍する一押しアイテムです。

    ダブルフェイスモノグラムコートを纏って、モノグラム柄のサングラス「クロックワイズ」を掛ければ、コンテンポラリーで気取らないクールな印象に。

    2018秋冬レザーグッズを取り入れたコーディネートはこちら
    2018秋冬アクセサリーを取り入れたコーディネートはこちら

    *一部製品国内取扱いなし

    メンズウェア ストリート・ウェア レザーグッズ アクセサリー 秋冬
  • <ショートフィルム>2018秋冬ウィメンズ・コレクション

    エレガントな折衷様式と精緻なクラフツマンシップを体現した、ニコラ・ジェスキエールによるルイ・ヴィトン 2018秋冬ウィメンズ・コレクションをご紹介。

    豊かな個性とインスピレーションの深さを感じさせるデザインが特徴的な2018秋冬ウィメンズ・コレクションより、キールックやアクセサリーを捉えた最新のショートフィルムが到着。今回のプレタポルテ(洋服)を生み出すにあたり、ニコラ・ジェスキエールが注目したのはコンテンポラリーなサヴォアフェール(匠の技)──手作業で刺繍されたビスチェにはクロシェット・テクニックを用いてメタリックな光沢を、ツイードのジャケットには伝統的なパターンを強調するチェーンのエンブロイダリーが手縫いで施され、煌めきをプラス。カラーブロックが特徴のドレスやトップスはシルクとジャージー素材のインレイを施し、今コレクションのエレガントな雰囲気とスポーツ・シックなスタイルのコントラストを体現しています。クラフツマンシップとアーティスティックな装飾の両方が融合したパンプス「ヘッドライン」は、ハンドペイントを施したオーストリッチレザー、パイソンレザーで包まれたヒール、そして手作業であしらわれたゴールドのアクセサリーが際立つデザイン。多様なディテールで成り立った本コレクションに息づく語り切れない程の多彩な魅力──こだわり抜いた無数のパーツが重なり合い、新たなステートメントとしてそれぞれのモデルから魅力が放たれます。

    2018秋冬ウィメンズ・コレクションの広告キャンペーンはこちら

    *7月下旬より順次発売予定、一部製品国内取扱いなし

    ニコラ・ジェスキエール プレタポルテ(洋服)
  • ルイ・ヴィトン トラベルブック──「プラハ」 by パヴェル・ペッパースタイン

    プラハ──それはロシアの芸術家パヴェル・ペッパースタインにとって特別な思い入れのある場所。

    パヴェル・ペッパースタインが14歳で故郷のロシアからプラハを訪れた時、「この素晴らしい街の美しさと神秘的な魅力に一瞬で虜になった」と彼は語っています。当時のこの場所は今ほど洗練されておらず、観光客も多くありませんでした。人通りの途絶えた地域の荒涼とした情景が、謎めいた街の陰影を一層濃く映し出すプラハ──「その後、あのような力強い存在を感じたことはなく、他のどの場所でも、あれほど強烈なヨーロッパのエッセンスを感じたことはありません」。パヴェル・ペッパースタインは、有名な聖ヴィート大聖堂などプラハのさまざまな場所を称賛していますが、同時に、荒廃した地域やトラムの終着地にある半ば打ち捨てられた工場にも、同様の愛着を持っており、これらの場所を鋭利なペン先を使って描き出します。

    活躍する分野が多岐にわたるパヴェルにとって、ドローイングは主たる表現手法ですが、ほかにも作家、理論家、ミュージシャンとしての顔も持っています。彼が属する社会に対しての分析と批評は示唆に富み、2009年にはヴェネツィア・ビエンナーレでロシア代表としても選ばれました。

    ルイ・ヴィトン トラベルブックの製品ラインナップはこちら

    トラベルブック イラストレーション
  • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション

    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    クラシシズムと煌めき──新たな世界観を探求するニコラ・ジェスキエールによる2018秋冬ウィメンズ・コレクション

    サヴォアフェール(匠の技)とフューチャリスティックなビジョンが融合した2018秋冬コレクション、それは過去と未来を行き来する旅への招待状──ワードローブにおける既定のコードを組み合わせ、時代のレファレンスを取り混ぜ、そしてコンテンポラリーなエレガンスを再現することで、ニコラ・ジェスキエールはオリジナリティと親近感に溢れるコレクションを生み出しました。ビッグシルエットのコートや流れるようなイブニングドレス、スリムなパンツやボリューム感のあるブラウスなど、典型的なフレンチシックに新鮮な息吹を吹き込んでいます。豊かな色彩がクラシカルなシルエットを強調し、折衷様式が新たな洗練を添えます。そんなルックの中に登場するのは、メゾンのアイコニックなシグネチャーを取り入れた多彩な新作バッグ。クラシカルなモノグラム・キャンバスの帽子ケースにインスパイアされたバッグをはじめ、メゾンの伝統を彷彿させる煌めきを纏った「プティット・マル」の新作など──すべてが相まって絶えることのない流れが体現されています。

    2018秋冬ウィメンズ・コレクションの広告キャンペーンはこちら

    *7月下旬より順次発売予定、一部製品国内取扱いなし

    ニコラ・ジェスキエール 広告キャンペーン
  • 「TIME CAPSULE」展──着物ケースの展示を記念したスペシャルインタビュー

    7月14日(土)から8月1日(水)まで、大阪・阪急うめだ本店9階にて開催される「TIME CAPSULE」展。本展では、市川海老蔵氏所有の着物ケースを特別展示いたします。

    2016年春、東京にて開催された「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)」展で披露された化粧ケースに続き、「TIME CAPSULE」展では着物と小物一式を収納するために特別に製作された市川海老蔵氏の着物ケースが展示されます。

    現在も愛用している着物ケース──父である十二代目 市川團十郎氏がデザインし、スペシャルオーダーで製作した際の秘話や歌舞伎の世界における伝統と革新など、「TIME CAPSULE」展を記念して新たに撮影された市川海老蔵氏のスペシャルインタビューをお届けします。

    会場はこちら

    TIME CAPSULE OSAKA
    2018年7月14日(土)-8月1日(水)
    10:00-20:00 金曜・土曜は21:00まで
    最終入場は閉場30分前まで
    *混雑状況によってはご入場いただけない場合もあります。

    入場無料
    阪急うめだ本店9階 阪急うめだギャラリー、アートステージ(ブックストア)
    〒530-8350 大阪府大阪市北区角田町8-7

    #LVTimecapsule

    エキシビション イベント 大阪