• オンラインストア限定バッグが登場──「ルイ・ヴィトン ニューウェーブ」コレクション

    オンラインストア限定バッグが登場──「ルイ・ヴィトン ニューウェーブ」コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    「ルイ・ヴィトン ニューウェーブ」コレクションよりオンラインストア限定の、カラフルな「#LV」シグネチャーが魅力の新作チェーンバッグが登場。

    最新バッグ・コレクションに新たに加わったのは、ハンドル部分に遊び心溢れるカラフルな「#LV」シグネチャーをあしらったオンライン限定デザインのチェーンバッグ──上質なレザーに施した独特な波模様のキルティングとヴィヴィッドなカラーバリエーションが人目を引く「ルイ・ヴィトン ニューウェーブ」。メゾンの伝統とファッショナブルなエッジが融合した今シーズン注目のコレクションです。

    限定バッグのご購入はこちら
    コレクションの詳細はこちら

    ニューウェーブ バッグ
  • 最新刊「ルイ・ヴィトン キャットウォーク」

    • 最新刊「ルイ・ヴィトン キャットウォーク」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 最新刊「ルイ・ヴィトン キャットウォーク」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 最新刊「ルイ・ヴィトン キャットウォーク」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 最新刊「ルイ・ヴィトン キャットウォーク」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    1998年から今日にいたるまで──ルイ・ヴィトンのショーのキャットウォークを捉えたオリジナル写真集が新たに登場。ファッションの最先端を行くメゾンの多彩なウィメンズ・コレクションを一堂にご覧いただけます。

    1854年に創業し、1998年に初めてウィメンズ・プレタポルテ コレクションを発表したルイ・ヴィトン。その後、村上隆、リチャード・プリンス、スティーブン・スプラウスなどの著名アーティストたちとの注目度の高いコラボレーションの先駆者となり、世界でも類を見ない名声を獲得してきました。

    そしてルイ・ヴィトン初のウィメンズ・プレタポルテ コレクション誕生から20周年を記念した書籍「ルイ・ヴィトン キャットウォーク」(英・仏語版)が登場──1998-2013年にウィメンズ アーティスティック・ディレクターを務めたマーク・ジェイコブスや今日のメゾンを率いるニコラ・ジェスキエールのデザインによる、ファッション界に多くの影響をもたらしたコレクションを収録しています。

    また、ジョー・エリソンによる前書きや、ルイース・リッターによるデザイナーのプロフィールとコレクションに関するテキストも収められ、世界で最も影響力のあるラグジュアリーブランドの発展の軌跡を辿った希少な1冊に。インスピレーションが詰まった本書は、1,350枚以上の写真を掲載し、ファッション業界をはじめ、ルイ・ヴィトンのファンにとっても見逃せない珠玉の1冊になるでしょう。

    製品詳細&ご購入はこちら:英語版/仏語版

    キャットウォーク ファッションショー 書籍 写真
  • ルイ・ヴィトン トラベルブック──「キューバ」 by リー・クンウー

    中国人アーティストのリー・クンウーにとってのキューバ──その歴史は母国中国の歴史を彷彿させると共に、強い共感を覚えさせる国なのです。

    リー・クンウーは次のように語ります──「子供の頃からキューバの話はよく聞いていました。1950年代、中国とキューバは非常に友好的な関係を築いており、私の心の奥底には、いつかこの国を訪れるだろうという想いが常にありました」。

    彼は、キューバの風景が故郷の雲南省とそっくりであることに驚き、似たような運命を歩んだキューバに魅了されます。現地で感じた情熱は遥か遠くのスタジオでも色褪せることはなく、ペン画、色彩画、線画、ポートレート、風景画など、300点を超える作品を生み出しました。スタイルの多様性は、彼の想いの強さとキューバで出逢った豊かさを反映しています。

    毛沢東時代──文化大革命当時の中国で育ったリー・クンウー。生まれながらのアーティストである彼は、ペンとブラシを使い、自身の人生を切り拓くように、またその旅路を辿るように描き続けました。

    ルイ・ヴィトン トラベルブックの詳細へ

    トラベルブック イラストレーション
  • 2018秋冬ウィメンズ・コレクションのサヴォアフェール(匠の技)に注目

    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクションのサヴォアフェール(匠の技)に注目 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクションのサヴォアフェール(匠の技)に注目 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクションのサヴォアフェール(匠の技)に注目 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクションのサヴォアフェール(匠の技)に注目 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2018秋冬ウィメンズ・コレクションのサヴォアフェール(匠の技)に注目 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    2018秋冬ウィメンズ・コレクションの至るところに息づく、ルイ・ヴィトンならではの特別なノウハウをご紹介。

    ルイ・ヴィトンが誇るサヴォアフェール(匠の技)を体現した、今シーズンの多彩なプレタポルテ(洋服)、シューズ、そしてバッグ──たとえば、ドレープ・ビスチェに手刺繍で施した流れるようなビーズ、ツイード地に手作業で縫い付けたチェーン、4時間におよぶ細工を経て完成したシルクブレンドガザルのプリーツなど、特徴的なディテールが際立ちます。

    また、シューズ「ヘッドライン・ライン パンプス」は、ブラックのカーフレザー、ホワイトのオーストリッチレザー、そしてパイソンレザーの素材をミックスし、そこにブラックのドット柄をハンドペイントするなど、複数におよぶ工程を手作業で行っています。

    構造面、装飾面のどちらにも必要とされるノウハウは、今日まで受け継がれるメゾンの伝統技術によるもの。これらのアイテムを身に纏ったり、手にすることは、現代の技術や美学に敬意を払うことでもあるのです。

    2018秋冬広告キャンペーンを見る
    ルックブックを見る

    プレタポルテ(洋服) ニコラ・ジェスキエール
  • ルイ・ヴィトン トラベルブック──「ローマ」 by マイルズ・ハイマン

    ハイマンが描くローマ──それはまるで、街角、あるいはテラスやバルコニーの日影に佇む、つかみどころのないミステリアスな女性のよう。

    一瞬でも目を離すと見失ってしまう彼女──それはローマそのもの。街はハイマンのアプローチに応え、その美しさを惜しみなく発揮し「エネルギッシュかつダイナミックに、束の間の美に満たされ、喜びに溢れます──これらはローマの日常に潜む詩的要素なのです」と、マイルズ・ハイマンは語ります。

    ハイマンが描く上で大切にしているのは、遺跡よりも街の住人。「今ではこのローマのトラベルブックを、ローマ人のトラベルブックと名付けても良かったのではないかと思っています。私が心から誠実に、称賛を込めて描きたかったのは、この魅力的な街に住む人々の日常でした。私はこれを「優しさ」と呼びたい。なぜこれほどローマの人間的な部分を強調したかったのか?それは、私にとって、束の間の命と永遠の間の強烈な対比こそが、この街のもっとも重要な要素だったからです」。

    マイルズ・ハイマンは、雑誌のイラストレーターであり、また小説のイラスト翻案者として探偵小説を多く手掛け、さらに、グラフィックノベルの作家でもあります。彼が描き出す絵は、彼の作家としての才能を垣間見せます。そのスタイルは、小説家のF・スコット・フィッツジェラルドとジョゼフ・コンラッドのどこか中間のような、または映画のディレクターのような──描かれる線と奥深い色使いが、まさにその印象を生み出しているのです。

    ルイ・ヴィトン トラベルブックの詳細へ

    トラベルブック イラストレーション