• 最新版トラベルブック:ソウル

    • 最新版トラベルブック:ソウル - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 最新版トラベルブック:ソウル - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 最新版トラベルブック:ソウル - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 最新版トラベルブック:ソウル - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ルイ・ヴィトン トラベルブック──「ソウル」byイチノリ

    ソウルに立ち寄ったデザインデュオ「イチノリ」──ルイ・ヴィトンの「トラベルブック」コレクションは、著名なアーティストや新進気鋭の若手たちが、訪れた街や国のストーリーを語り、それぞれの土地で出逢った建物や独特な光を描き出し、過ぎ行く日々とその土地に生きる人々の暮らしを記録。 最新版「ソウル」では、マユミ・オテロとラファエル・ウルヴィエが活気溢れる韓国の首都に焦点を当てます。

    日本語のように聞こえる名前に特別な意味はありません ──イチノリは、デザイナー、ビジュアルアーティスト、スクリーンプリントアーティストであり、アートブック、版画、アニメーションブック、折本などの出版を手掛けるアーティストユニットです。 フランス、スペイン、日本の3ヶ国にルーツを持つマユミ・オテロと、フランス人のラファエル・ウルヴィエは、フランスのストラスブール装飾美術学校(École Supérieure des Arts Décoratifs of Strasbourg)の卒業生である2人はここで出逢い、まだ学生だった2007年にイチノリを設立。それ以来、仕事でもプライベートでもパートナーとして共に旅をし、探索や観察、そして、イラストや絵を描いてきました。作品の細部へのこだわりは息を呑むほどに見事で、最高の情熱を持つアーティストならではの緻密さが表現されています。

    ルイ・ヴィトン トラベルブック「ソウル」版の詳細へ

    書籍 イラストレーション
  • ルイ・ヴィトン ブライダルジュエリーコレクション

    ルイ・ヴィトン ブライダルジュエリーコレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    2人の永遠の愛を象徴するルイ・ヴィトンのファインジュエリー リング・コレクションに、新作が加わりました。

    プロポーズから愛の誓いまで──想い合う2人の愛を永遠に刻む、ルイ・ヴィトンのエンゲージリングとウェディングリング。「モノグラム・アンフィニ」のエンゲージリングは、ダイヤモンド・ソリティアにブリリアントカットを施した無二の逸品です。また、ピンクゴールドまたはホワイトゴールドのバンドには、ルイ・ヴィトンの象徴であるモノグラムのフラワー・モチーフを模したデザインを手作業で施し、光が当たる角度によってさまざまな表情を演出。さらに、同色の繊細なエタニティウェディングバンドには、ブリリアントカットのダイヤモンドがあしらわれ、愛を誓う2人に相応しい逸品に仕上げています。

    ブライダルコレクションの詳細へ

    ファインジュエリー ウェディング エンゲージメント リング
  • 最新版トラベルブック:ロサンゼルス

    • 最新版トラベルブック:ロサンゼルス - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 最新版トラベルブック:ロサンゼルス - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 最新版トラベルブック:ロサンゼルス - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 最新版トラベルブック:ロサンゼルス - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ルイ・ヴィトン トラベルブック──「ロサンゼルス」byハビエル・マリスカル

    新たな旅の目的地は、ハビエル・マリスカルの目を通したロサンゼルス──ルイ・ヴィトンの「トラベルブック」コレクションは、著名なアーティストや新進気鋭の若手たちが、訪れた街や国のストーリーを語り、それぞれの土地で出逢った建物や独特な光を描き出し、過ぎ行く日々とその土地に生きる人々の暮らしを記録。 最新版「ロサンゼルス」では、スペイン人アーティスト、ハビエル・マリスカルならではのエッジィかつ自由なスタイルでが広大な街カリフォルニアを捉えます。

    スペイン人アーティストのハビエル・マリスカルは、グラフィックデザイナー、イラストレーター、デザイナー、映像監督、画家、彫刻家、陶芸家という多彩な顔を持つ、挑戦好きな人物です。彼のモットーは「すべてのものを破壊しなければならない」。失読症であった彼は、幼少期から絵を描くことに夢中でした。また、文字やタイポグラフィに魅了され、それらに対する情熱が後の作品に大きな影響を与えることとなります。

    ルイ・ヴィトン トラベルブック「ロサンゼルス」版の詳細へ

    書籍 イラストレーション
  • 2019年度カンヌ国際映画祭──「オー・マーシー」プレミア上映会

    • 2019年度カンヌ国際映画祭──「オー・マーシー」プレミア上映会 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2019年度カンヌ国際映画祭──「オー・マーシー」プレミア上映会 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    第72回カンヌ国際映画祭出品作「オー・マーシー」のプレミア上映会に、レア・セドゥとステイシー・マーティンがルイ・ヴィトンを纏って登場しました。

    2019年5月22日「オー・マーシー」のプレミア上映会に、ニコラ・ジェスキエールが手掛けるルイ・ヴィトンを身に纏った2人のフランス人女優が登場──レア・セドゥは刺繍が施されたビスチェとシルクサテンのパンツを、そしてステイシー・マーティンは2019春夏コレクションのドレスで会場に華を添えました。

    カンヌ レッドカーペット
  • 2019プレフォール・コレクション

    • 2019プレフォール・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2019プレフォール・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2019プレフォール・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2019プレフォール・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ニコラ・ジェスキエールが手掛けるルイ・ヴィトン 2019プレフォール・コレクション──女性の多様性を表現する17人のミューズが登場。  

    2019プレフォール・コレクションで、ウィメンズ アーティスティック・ディレクターのニコラ・ジェスキエールは、洗練されながらも自由なルックを表現するために、メゾンの友人でもある17人のミューズ──タンディ・ニュートン、ミシェル・ウィリアムズ、ペ・ドゥナ、サマラ・ウィーヴィング、ソフィー・ターナー、インディア・ムーア、クロエ・モレッツ、ローラ・ハリアー、ライリー・キーオ、ケレラ、ウッラサヤー・セパーバン、ゾン・チュイ、ルース・ネッガ、ケルシー・チャウ、アリシア・ヴィキャンデル、レア・セドゥ、そしてジェニファー・コネリーを起用。ニコラ・ジェスキエールは「彼女たちはルイ・ヴィトンが体現するファッションのさまざまな魅力を1つにする存在です。スターや新人に関わらず、全員が自身の選択において同じ意志と自信を持ち、同時に女性としてのアイデンティティ、折衷主義を体現しているのです」と語ります。

    2つの対照的な感性を1つにした2019プレフォール・コレクション──都会的なムードと、週末のリラックスした気分が交差するように、シティとカントリー、2つの異なるスタイルがワードローブで融合。田園を想わせるプリントやタータンチェックのテーラードライン、花柄のブラウスや流線型のパンツ、プリーツスカート、そしてオーバーサイズのジャンパーなど異なるジャンルが出逢い、大胆で折衷的なルックを生み出しました。

    2019プレフォール・コレクションの詳細へ

    セレブリティ プレフォール