• ブレンド・ラインのシューズはいかが?

    クラシックなメンズのダービー・シューズにモダンなテイストを加えたブレンド・ラインのシューズコレクション。このコレクションをフィーチャーしたアニメーションをご紹介します。

    ブレンド・ラインの特徴は、素材とカラーのひと味違った組合せ。フロント部分はダークなマット・カーフレザーで、トウには「LV」のパーフォレーションを施し、ラバーソールを採用。さらにバックとヒール部分にはカラフルなワックスド・カーフレザーを使用しています。

    ローカットのブレンド・リシュリューとエクステンション部分にシェブロン・パターンをあしらったハイカットのブレンド・アンクルブーツは、マリン、ボルドー、コニャックの3色展開です。

    躍動感あふれる斬新な1足が、日常のスタイルに冒険心を添えます。

    ブレンド・ラインのシューズはこちら

    シューズ ビデオ
  • 南米大陸に魅せられた2014秋コレクション

    ペルーから着想を得たメンズスタイル・ディレクターのキム・ジョーンズによる、ルイ・ヴィトンの2014秋メンズ・コレクション。現地のもっとも洗練された素材に、デジタルや新世代の旅というコンセプトを融合させました。

    最先端の革新性と伝統的なクラフツマンシップの組み合わせが特徴的な2014秋冬メンズ・コレクションからは、デイウェア、スーツ、アウトドアウェア、イブニングウェア、ラウンジウェアなどが登場します。パイソンやシルクとともに、カシミア、ビキューニャ、チンチラ、アルパカなどの、非常に貴重なペルー産の素材が使用されています。

    アクセサリーではクラシカルな「キーポル」に新作のダミエ・コバルト・キャンバスを採用し、バックパックとしても使用できる「キーポル」の新作モデルが登場します。ルイ・ヴィトンのトランクのハンドルをバッグに付けることで、モダンな印象に。ダービー・シューズにはカーフレザーを、トレッキングブーツにはゴム引きのレザーを使用しています。シルクツイルのスカーフはシェブロンとストライプの2パターンでの展開。サングラスは魅惑的であると同時に実用的。ジュエリーや貴石に彩られたジュエリーが、あらゆるスタイルを完璧に仕上げます。

    メンズウェアのフル・コレクションはこちら

    プレタポルテ(洋服) レザーグッズ アクセサリー サングラス ビデオ
  • レディース・シューズ:視線を惹きつけるジッパー

    2014秋レディース・シューズ コレクションのローンチにあたり、フォトグラファー兼映画監督のジョン・ライトが今シーズンの特徴である「ジッパー」に着目したグラフィックビジュアルを撮影しました。

    デイタイムやイブニング用のシューズにジッパーをあしらった本コレクションは、あらゆるシルエットをモダンに魅せ、洗練されたモデルが揃います。ブローグ、ローファー、アンクルブーツにはカーフレザーやワックスド・カーフレザーを使用し、抜群のフィット感を実現。パイソンやスエード・ゴートレザーを使用したサンダルとローブーツは、土踏まずをしっかりと支え、快適な履き心地です。
    スコットランド出身のフォトグラファー兼映画監督であるジョン・ライトの高い美意識を通して、目の錯覚を利用した巧みなトロンプルイユ(だまし絵)の手法を駆使し、さまざまなシューズがコンコルド広場、トロカデロ広場、ルーブル広場など、パリ市内の有名な広場を闊歩します。

    シューズ コレクションはこちら

    シューズ ビデオ
  • 魅惑の新色が彩るレオパードのストール

    スティーブン・スプラウスのデザインをアイコニックなレオパード柄で再解釈したストールに新色が加わり、2014秋コレクションより登場します。

    ニューヨークのプレグランジ・アーティスト兼ファッション・デザイナーであったスティーブン・スプラウスは、2001年、ルイ・ヴィトンとのコラボレーションで、メゾンのアイコンとなるグラフィティ・コレクションを生み出しました。スティーブン・スプラウスへのオマージュトとなるレオパード柄のストールは、ルイ・ヴィトンにおいて不可欠なアクセサリーの1つになりました。

    カシミアの暖かさとシルクの滑らかさを繊細に組み合わせたタイムレスなストールは、寒い気候も暖かい夜も洗練されたスタイルであなたを包み込みます。

    ライトグレーの落ち着いた色合いに明るさを添えるコーラル、上品でタイムレスなトープ、ブリン・ヒューミンウェイ監督のもと撮影されたビデオの中で、カモフラージュ・パターンは新たなアイコンの一部となっています。

    こちらからすべてのカラーがご覧いただけます。

    モノグラム ビデオ スカーフ
  • 新広告キャンペーン「Series 1」 - ユルゲン・テラー編

    ルイ・ヴィトンの最新広告キャンペーン「Series 1」では、ユルゲン・テラーがさらに進化したイメージを制作。すべてが鏡に映し出された世界のように、これまでにない、思いもよらないイメージを創り出しています。

    アニー・リボヴィッツとユルゲン・テラー、ブルース・ウェーバーはそれぞれ同じ日の同時刻にまったく異なる場所で3本のフォトストーリーを撮影しました。彼らはフォトグラファー兼アーティストであると同時に、現代のコメンテーターとも言えるでしょう。1人1人が与えられた大きな活躍の場で、ニコラ・ジェスキエールのコレクションの世界観や現代ファッションに対するアイデアを見事に表現しています。

    オリジナリティに溢れ、露出が多いビジュアルアプローチもクールに表現可能で、かつ、ファッションに対して鋭いヴィジョンを持つアーティストは、ユルゲン・テラー以外にいるでしょうか?ヴェネツィアのジャルディーニ・デッラ・ビエンナーレのスカンディナビア・パヴィリオンで撮影された、この極めてパーソナルなショートフィルムのモデルを務めるのは、フライヤ・ベハです。

    広告キャンペーン プレタポルテ(洋服) コラボレーション ビデオ