• 砂漠の魔法への讃歌── 人々を惹きつける砂漠の魔法に想いを馳せて──

    砂漠の魔法への讃歌── 人々を惹きつける砂漠の魔法に想いを馳せて── - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    永遠にたなびくオリエンタルな残り香「Les Sables Roses(レ・サーブル・ローズ)」

    凛とした薄闇に包まれた風景が、徐々に鮮明な姿を現わす時間。昇る太陽の光が射し込むと、辺りは暖かくなり、砂丘と空が溶け合うような荘厳なローズ色を纏いはじめます。

    砂漠の朝焼けと夕焼けは、まさに魔法のよう――昼と夜、光と影、暑さと寒さ、空と大地といった 相対するものが調和を奏でる一瞬。こうした地平線に魅了されたトラベラーは、旅を続けたいという誘惑に駆られるのです。

    ルイ・ヴィトンのインハウス・マスター・パフューマー ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードは「香りとはコントラストが鍵。一つの要素がその他の要素を引き立てあいます」と語ります。彼は「温」「冷」の2つの対極的な要素がひとつに混ざり合い、互いを高めあう様子を「Les Sables Rosess(レ・サーブル・ローズ)」で体現しました。ローズとウードのデュオをアンバーグリスが際立てます。

    コレクションの詳細へ

    フレグランス
  • 2019年度カンヌ国際映画祭──「オー・マーシー」プレミア上映会

    • 2019年度カンヌ国際映画祭──「オー・マーシー」プレミア上映会 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2019年度カンヌ国際映画祭──「オー・マーシー」プレミア上映会 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    第72回カンヌ国際映画祭出品作「オー・マーシー」のプレミア上映会に、レア・セドゥとステイシー・マーティンがルイ・ヴィトンを纏って登場しました。

    2019年5月22日「オー・マーシー」のプレミア上映会に、ニコラ・ジェスキエールが手掛けるルイ・ヴィトンを身に纏った2人のフランス人女優が登場──レア・セドゥは刺繍が施されたビスチェとシルクサテンのパンツを、そしてステイシー・マーティンは2019春夏コレクションのドレスで会場に華を添えました。

    カンヌ レッドカーペット
  • サイクロン「イダイ」の被害に遭った子供たちに支援を──

    • サイクロン「イダイ」の被害に遭った子供たちに支援を── - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • サイクロン「イダイ」の被害に遭った子供たちに支援を── - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • サイクロン「イダイ」の被害に遭った子供たちに支援を── - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • サイクロン「イダイ」の被害に遭った子供たちに支援を── - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • サイクロン「イダイ」の被害に遭った子供たちに支援を── - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ルイ・ヴィトンは、サイクロン「イダイ」と「ケニス」の直撃を受けた子供たちとその家族への緊急支援活動を続けるユニセフをサポートします。

    3月、4月──マラウイとジンバブエは連続して二度のサイクロンの被害を受け、そこに住む人々の生活すべてを奪っていきました。被害者300万人、そのうちの半数以上は子供たちで、今日も人道支援を必要としています。

    2016年以来、皆様のご支援を受け、ルイ・ヴィトンは緊急支援を必要とする子供たちの救済活動を行うユニセフに、700万ユーロ以上もの寄付を集めることができました。そこから30万ユーロ強が、天災被害を受けた東アフリカの子供たちやその家族への支援に使われます。

    彼らと同様に160万人もの子供たちが今も緊急支援を必要としています。引き続き彼らへの支援にご協力ください。

    ユニセフへの寄付#MAKEAPROMISE https://help.unicef.org/help-children-affected-cyclone-idai-lv

    写真1: 6歳になるNilda Albertaは、ベイラ(モザンビーク)にて教育道具一式を受け取ることがきました。学校はモザンビークと近隣諸国に大きな被害をもたらした二度のハリケーンより大破しました。© UNICEF / UN0299183 / Oatway

    写真2: Arumindaと弟のAntonioは、今もモザンビークの避難所での生活を余儀なくされています。© UNICEF/UN0296171/DE WET

    写真3: 2019年4月1日、12歳のLeonora Joseとその友人、11歳のOlga Romao──ベイラ(モザンビーク)にある崩壊した教室前にて撮影。© UNICEF/UN0294994/De Wet

    写真4: 2019年5月1日、ペンバ(モザンビーク)にて──サイクロン「ケニス」の到来と相次いだ洪水被害のため、Carlota Rosarioと彼女の赤ん坊Nunes Jose、またその他数人の子供たちが家を失い、避難所にいます。© UNICEF/UN0307692/De Wet

    写真5: 2019年3月24日、Caelono Colote 15歳はベイラ(モザンビーク)を通過したサイクロン「イダイ」とその後発生した水害地にて彼女の教科書の一部を見つけました。© UNICEF/UN0291852/Prinsloo

    ユニセフに寄付する(英語版)

    ユニセフ
  • 父の日に贈る──ルイ・ヴィトンのメンズ・フレグランス

    感謝を伝えるとっておきのギフトに──父の日の贈り物にもぴったりなルイ・ヴィトンのメンズ・フレグランス。力強くも繊細な5つの香りをご紹介。

    メゾンが挑む新たな境地──ルイ・ヴィトンのインハウス・マスター・パフューマー、ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードが提案する紳士のためのフレグランス。自由を求めるエスプリ、そして繊細で力強いエネルギーに満ちています。ジンジャーがほのかに香る「L'Immensité(リマンシテ)」や、セドラが香り立つ「Sur la route(スール・ラ・ルート)」など、5種の個性溢れるマスキュリンなコレクション。感謝の気持ちを香りに託して、より特別な父の日を――

    メンズ・フレグランス コレクションの詳細へ

    製品の詳細へ

    Les Parfums Louis Vuitton フレグランス ギフティング
  • ヴァージル・アブローが手掛ける2019秋冬メンズ・プレコレクション

    ヴァージル・アブローによるルイ・ヴィトン 2019秋冬メンズ・プレコレクション──その概念となるのは、まさしく彼自身の原理と意志、そして理論的根拠の追求。

    アーティスティック・ディレクター ヴァージル・アブローがルイ・ヴィトンにて初めて手掛けた2019秋冬メンズ・プレコレクション。セーリングジャケットやハイキング・スニーカーをはじめ、スポーティで幾何学的なロゴが、彼のルーツとも言えるワードローブの定番と融合。また古来より受け継がれる日本の伝統から影響を受けた富士山や格子柄を用いて、より繊細なコレクションに仕上げました。ヴァージル独自の直観的なスタイルを体現するのは、俳優アシュトン・サンダースとデューク・ニコルソン。シーズンごとにヴァージルが追求し続ける、最新メンズ・コレクションの世界へ──

    2019秋冬メンズ・プレコレクションの詳細へ

    すべてのプレコレクションを見る

    プレタポルテ(洋服) ヴァージル・アブロー メンズウェア