• 新広告キャンペーン「Series 1」 - アニー・リボヴィッツ編

    ルイ・ヴィトンの広告キャンペーン「Series 1」は、ニコラ・ジェスキエールのデザイナーとしての考えやコレクションの世界観へと誘う招待状です。その第1弾では、アニー・リボヴィッツによるショートフィルムをお届けします。

    この最新広告キャンペーンでルイ・ヴィトンは、革新という重要なコンセプトと表現方法に新たな命を吹き込みます。アニー・リボヴィッツとユルゲン・テラー、ブルース・ウェーバーはそれぞれ同じ日の同時刻にまったく異なる場所で3本のフォトストーリーを撮影し、その瞬間を捉えたのです。

    アニー・リボヴィッツはニューヨークにあるエルズワース・ケリーとブライス・マーデンのスタジオとストーム・キング・アートセンターでシャルロット・ゲンズブールを撮影しました。その新広告キャンペーンの撮影の舞台裏をショートフィルムでお楽しみください。

    タグ: 広告キャンペーン, プレタポルテ(洋服), コラボレーション, ビデオ

  • FIFAワールドカップ 決勝戦

    • FIFAワールドカップ 決勝戦 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ルイ・ヴィトンのケースに収められたトロフィーはジゼル・ブンチェンとカルレス・プジョルのエスコートによって決勝の舞台となるスタジアムのピッチに現れました。

    7月13日(日)の夕方、アルゼンチン対ドイツの決勝戦のキックオフの直前 ── 特別に製作されたルイ・ヴィトンのケースに収められたFIFAワールドカップのトロフィーが、約78,000人の観衆に見守られながらブラジルのマラカナン・スタジアムのピッチに到着しました。

    トロフィーは前回2010年ワールドカップのチャンピオンチームである、スペイン代表のカルレス・プジョルとブラジル出身のモデル、ジゼル・ブンチェンという世界的に著名なセレブリティのエスコートにより登場。ジゼル・ブンチェンはルイ・ヴィトンの2015クルーズ・コレクションのドレスを纏っていました。

    FIFAワールドカップのトロフィーとルイ・ヴィトンのケースは決勝戦の数日後ブラジルを離れ、ワールドカップの新たなチャンピオンチームの母国へと旅立ちます。

    タグ: モノグラム, イベント, 写真, トランク, サヴォアフェール(クラフツマンシップ), エクスクルーシブ

  • 2014FIFAワールドカップ ルイ・ヴィトンのトロフィー・ケース

    すべてのサッカープレイヤーが夢見る、ワールドカップの優勝トロフィー。FIFA(国際サッカー連盟)からの依頼を受け製作されたルイ・ヴィトンのトロフィーケースが、2014ワールドカップの優勝トロフィー授与式に2大会連続で登場します。

    ルイ・ヴィトンが初めてトロフィーケースを製作したのは、2010年の南アフリカ大会。モデルのジゼル・ブンチェンのエスコートによって再び登場するこのトロフィーケースは7月13日(日)、決勝戦が行われるリオ・デ・ジャネイロのマラカナン・スタジアムで行われる決勝戦の勝利チームに手渡されます。

    このスペシャルオーダーのケースは、1859年に創設された歴史あるアニエールのアトリエにて、職人がすべて手作業で製作したもの。ルイ・ヴィトンのシグネチャーである真鍮製のロックとコーナー金具や、アイコニックなモノグラム・キャンバスが使用されています。

    ジゼル・ブンチェンの傍らで一際存在感を放つカスタムメイドのケースに収められた18Kの輝く優勝トロフィー。果たして勝利を手にするチームは──

    タグ: モノグラム, イベント, ビデオ, トランク, サヴォアフェール(クラフツマンシップ), エクスクルーシブ

  • 3人のフォトグラファーが撮り下ろす新広告キャンペーン「Series 1」

    • 3人のフォトグラファーが撮り下ろす新広告キャンペーン「Series 1」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 3人のフォトグラファーが撮り下ろす新広告キャンペーン「Series 1」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 3人のフォトグラファーが撮り下ろす新広告キャンペーン「Series 1」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 3人のフォトグラファーが撮り下ろす新広告キャンペーン「Series 1」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 3人のフォトグラファーが撮り下ろす新広告キャンペーン「Series 1」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 3人のフォトグラファーが撮り下ろす新広告キャンペーン「Series 1」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    2014年7月、ルイ・ヴィトンによる最新広告キャンペーン「Series 1」が全世界のファッションマガジンに登場します。3人の著名なフォトグラファー、アニー・リボヴィッツ、ユルゲン・テラー、ブルース・ウェーバーによる多才な魅力溢れる3部作をお楽しみに!

    それは広告キャンペーンの域を超えて、モダンで個性溢れる3人のフォトグラファーが無限のイマジネーションを構想し、互いの世界を共有しながら初めてタッグを組みました。

    ニコラ・ジェスキエールは、「心から尊敬する3人のフォトグラファーから、見たこともないストーリーを紡ぎ出したかったのです。また、すでに馴染みのある、彼らの領域から引き離したいとも考えました。彼らが現代ファッションについて、世界に、そして私に何を伝えてくれるかを知りたかったのです。」と語ります。

    広告キャンペーンのビジュアルと映像は、ルイ・ヴィトンのiPhoneアプリ「Louis Vuitton PASS」 でご覧いただけます。ダウンロードはこちら (App Store / Google Play) 

    タグ: 広告キャンペーン, プレタポルテ(洋服), コラボレーション, 写真

  • 『 IN SITU– 1』:アンドレア・バワーズのためのブランク・ウォール

    2014年6月4日(水)、パリのエスパス キュルチュレル ルイ・ヴィトンは『 IN SITU– 1』と題した、初のオープンスタジオプログラムを開催しました。国際的に活躍するアーティスト3名が約4ヶ月にわたりin situ (イン・シトゥ=その場所で)作品を鑑賞者たちの目の前で作り上げていきます。

    第1弾としてパリの鑑賞者たちは創作プロセスの全行程(作品のインスピレーションから完成に至るまで)を目の当たりにし、アメリカ人アーティスト、アンドレア・バワーズとのユニークな出逢いを体験することになるでしょう。本エキシビションは2014年9月まで開催され、完成後の作品は9月26日(金)から2015年1月4日(日)まで同じ場所に展示される予定です。またその間、東京では韓国人アーティストのソ・ミンジョン、ミュンヘンではマレーシア人アーティストのシムリン・ギルにより、同様のエキシビションが開催される予定です。

    これら3名のアーティストはさまざまな媒体を用いて、各地において文字通り「ブランクページ(白紙状態)」からスタートし、全く自由な方法でそれぞれのエスパスに変えていくのです。

    ルイ・ヴィトンの代表取締役会長兼CEOのマイケル・バークは次のように言っています。「クリエーションに対する揺るぎない情熱はずっとルイ・ヴィトンの中核を占めてきました。そこからどのように新しい作品が形となっていき、そのクリエイティブなプロセスが共有されるかというアイデアが生まれたのです」

    アンドレア・バワーズの作品はこちら

    タグ: Espace culturel, エキシビション