• チャリティ・ガラ「ユニセフ ボール」:ゲスト・インタビュー

    ルイ・ヴィトンとユニセフのグローバル・パートナシップのもとスタートした「LOUIS VUITTON FOR UNICEF」チャリティ・プロジェクトのデジタル・キャンペーン「#MAKEAPROMISE」。会場には、ルイ・ヴィトンの友人たちやセレブリティが集い、活気に溢れました。

    ロサンゼルスで開催された「第6回ユニセフ ボール」では、デジタル・キャンペーン「#MAKEAPROMISE」に賛同したゲストたちが、ルイ・ヴィトンとユニセフのパートナーシップに対する考えや想いを語りました。

    レア・セドゥ、グザヴィエ・ドラン、ジェニファー・コネリー、ニコール・キッドマン、アデル・エグザルホプロス、セレーナ・ゴメス、ぺ・ドゥナ、デビッド・ベッカムなど、ゲストたち独自の視点をご覧ください。

    ルイ・ヴィトンとユニセフのパートナーシップの目的は、ユニセフへの支援を通じて、紛争や自然災害、さらには伝染病など、安全や快適な生活を脅かすさまざまな危険にさらされている子供たちを支援することです。

    チャリティ・プロジェクトの詳細はこちら

    チャリティ シルバー・ロックイット ユニセフ
  • ロサンゼルスで開催──「第6回ユニセフ ボール」

    • ロサンゼルスで開催──「第6回ユニセフ ボール」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ロサンゼルスで開催──「第6回ユニセフ ボール」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ロサンゼルスで開催──「第6回ユニセフ ボール」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ロサンゼルスで開催──「第6回ユニセフ ボール」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ロサンゼルスで開催──「第6回ユニセフ ボール」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ロサンゼルスで開催──「第6回ユニセフ ボール」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ロサンゼルスで開催──「第6回ユニセフ ボール」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ロサンゼルスで開催──「第6回ユニセフ ボール」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ロサンゼルスで開催──「第6回ユニセフ ボール」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ロサンゼルスで開催──「第6回ユニセフ ボール」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ロサンゼルスで開催──「第6回ユニセフ ボール」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ロサンゼルスで開催──「第6回ユニセフ ボール」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    1月12日、ルイ・ヴィトンをプレゼンティング・スポンサーとしてロサンゼルスで開催された「第6回ユニセフ ボール」にて、「LOUIS VUITTON FOR UNICEF」チャリティ・プロジェクトのデジタル・キャンペーン「#MAKEAPROMISE」がスタートしました。

    今回のデジタル・キャンペーン「#MAKEAPROMISE」は、「ピンキープロミス(指きり)」を行った写真を「約束」の証としてSNSでシェアすることで、今すぐ助けを必要としている子供たちへの支援の輪を広めることを目的としています。会場に姿を現した華やかなゲストたちが「ピンキープロミス」を行う姿を写真家のパトリック・デマルシェリエが捉えました。

    会場には、レア・セドゥ、グザヴィエ・ドラン、ジェニファー・コネリー、ニコール・キッドマン、アデル・エグザルホプロス、セレーナ・ゴメス、ぺ・ドゥナ、デビッド・ベッカムなど数々のセレブリティたちが登場。

    ルイ・ヴィトンとユニセフのパートナーシップの目的は、ユニセフへの支援を通じて、紛争や自然災害、さらには伝染病など、安全や快適な生活を脅かすさまざまな危険にさらされている子供たちを支援することです。 このキャンペーンのために特別に製作された「シルバー・ロックイット」は、世界各地のルイ・ヴィトン ストアならびに当サイトにてご購入可能で、ペンダントまたはブレスレット(それぞれ税抜¥60,000)1製品の売上ごとに$200が、あなたに代わってユニセフに寄付されます。

    チャリティ・プロジェクトの詳細はこちら

    チャリティ シルバー・ロックイット ユニセフ
  • LOUIS VUITTON FOR UNICEF

    ルイ・ヴィトンはユニセフと提携し、今すぐ助けを必要としている子供たちに手を差し伸べます。

    2016年──ルイ・ヴィトンとユニセフは、世界各地で最も弱い立場にある子供たちを支援するために、グローバル・パートナーシップを締結いたしました。当パートナーシップの目的は、ユニセフへの支援を通じて、紛争や自然災害、さらには伝染病など、安全や快適な生活を脅かすさまざまな危険にさらされている子供たちを支援することです。

    ルイ・ヴィトンは、世界各地でも弱い立場にあり、緊急支援を必要とする子供たちを支援することを約束し、ルイ・ヴィトンの社員とともに、資金集めならびに活動への意識を高める活動に力を尽くします。このキャンペーンのために特別に製作された「シルバー・ロックイット」は、Commitment(誓約)とProtection(保護)を象徴し、ルイ・ヴィトンが子供たちを支援するという約束の証です。本製品は、世界各地のルイ・ヴィトン ストア(2016年1月13日より)ならびに当サイトにてご購入可能で、ペンダントまたはブレスレット(それぞれ税抜¥60,000)1製品の売り上げごとに$200が、あなたに代わってユニセフに寄付されます。

    ルイ・ヴィトン会長兼CEOを務めるマイケル・バークは、「ユニセフは、人道支援のリーダーとして、力強くそして信頼できる存在です。ルイ・ヴィトンとユニセフは、最も弱い立場にある子どもたちに本当の変化をもたらすため、共に取り組みます」と述べています。

    チャリティ・プロジェクトの詳細はこちら

    チャリティ シルバー・ロックイット ユニセフ
  • レア・セドゥ──ルイ・ヴィトンの新しいアンバサダーに

    ルイ・ヴィトンは、フランスの女優レア・セドゥを、新たにメゾンのアンバサダーとして起用することを発表いたします。

    様々なスタイルを取り入れ、自らのあらゆる気まぐれを満足させるために果敢にチャレンジを続けるレア・セドゥは、ルイ・ヴィトン ウーマンを完璧に体現する存在といえます。様々な顔をもつ魅惑的な女優であると同時に、独立心あるモダンな女性です。

    フレンチエレガンスの力強い象徴として、そのイニシャルが世界中に知れ渡っている、ルイ・ヴィトン。このアイコニックなブランドのアンバサダーという大役をまかせていただけることを、心から誇りに思います。私は、ニコラ・ジェスキエールの作品、とりわけ彼の視点の斬新さを深く評価しています。また、常に新しいものを探し求めるという彼の姿勢も、とても素晴らしいと思います。」──レア・セドゥ

    2013年に主演した『アデル、ブルーは熱い色』でパルム・ドールを受賞し、最近では、007シリーズ最新作となる『スペクター』でボンドガールに抜擢されたレア・セドゥ。彼女は、2016年1月12日に開催されるユニセフ ボールで、ルイ・ヴィトンの顔としての最初の舞台に立つことになります。当日はこのイベントのために特別にデザインされたドレスを身に着け、ウィメンズ・コレクション アーティスティック・ディレクターを務めるニコラ・ジェスキエールとともに登場する予定です。

    Photography by Alasdair McLellan

    レア・セドゥ
  • 「SERIES 4」:ブルース・ウェーバーのヒロイン

    ルイ・ヴィトンの2016春夏広告キャンペーン「SERIES 4」から最新のショートフィルム第3弾をご紹介。

    若さというエネルギーを捉えることで有名なブルース・ウェーバーが撮影したヒロインは、まさに多様な面を見せてくれます。フロリダのウエストコーストにあるタンパは、タイムレスな魅力を放つ街。若い女性グループが、世界は自分のものであるかのような希望に満ちた世代に相応しい、怖いもの知らずの大胆さで街を闊歩しています。

    その中の1人が、ジェイデン・スミス。スタイルの自由を賛美する新しい世代の若き主人公です。

    集団のエネルギーを捉え、生き生きとしたハーモニーを奏でさせることができるのは、ブルース・ウェーバーしかいません。このキャンペーンの主役がジェイデン・スミスの理由?――それは、彼が真に自由なドレスコードを取り入れた世代、つまりジェンダー(性別)の主張や疑問から解き放たれた世代を代表するから。彼にとってスカートを履くことは、女性がずいぶん前にメンズのトレンチコートやタキシードを身に着けるようになったのと同様に自然なことなのです。ジェイデン・スミスは、ワードローブの融合がグローバルに進んでいるという興味深い現象を伝えてくれます。本能的にバランスを見つけ、独自の姿勢を新しいスタンダードにしました。今回のコレクションのクリエイティブプロセスでは、それに大きくインスパイアされました」―─ニコラ・ジェスキエール

    最新広告キャンペーン「SERIES 4」を見る

    広告キャンペーン プレタポルテ(洋服) Series 4 ブルース・ウェーバー