• マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン

    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • マーク・ジェイコブスとルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクター マーク・ジェイコブスによる創造性に富んだ輝かしい16年間を振り返ります。

    ファッション界にその名を刻む2つの存在──1854年にメゾンを創業したルイ・ヴィトン、そして1997年よりアーティスティック・ディレクターを務めたマーク・ジェイコブス。革新者である2人は、それぞれの時代に根差し、産業界を前進させてきました。さらにクリエイターでもある彼らは、カルチャーやトレンドを通じて、独自の言葉でファッションの歴史を築きあげました。

    Image Copy rights:
    1998 © Louis Vuitton Malletier / Alvaro Canovas
    1999 to 2004 © Louis Vuitton Malletier / Dan Lecca
    2003/2004 to 2004 © Louis Vuitton Malletier / Frederique Dumoulin
    2004 to 2004 © Louis Vuitton Malletier / Frederique Dumoulin
    2004 to 2005 © Louis Vuitton Malletier / Antoine de Parceval
    2005 © Louis Vuitton Malletier / Chris Moore
    FW 2005/2006 to 2006 © Louis Vuitton Malletier / Antoine de Parceval
    FW 2006/2007 © Louis Vuitton Malletier / Chris Moore
    SS 2012 to SS2014 © Louis Vuitton Malletier / Ludwig Bonnet

    マーク・ジェイコブス ファッションショー プレタポルテ(洋服) レザーグッズ
  • ルイ・ヴィトン カップの勝者は…

    • ルイ・ヴィトン カップの勝者は… - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ルイ・ヴィトン カップの勝者は… - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ルイ・ヴィトン カップの勝者は… - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ルイ・ヴィトン カップの勝者は… - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ルイ・ヴィトン カップの勝者は… - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ついに決定するサンフランシスコ湾で開催されたルイ・ヴィトン カップの勝者。その優勝艇が第34回アメリカズカップへの挑戦権を手にします。

    2組のファイナリスト、イタリアのチームである「ルナ・ロッサ」と「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」は最終戦に挑み、時に僅差のせめぎ合いを繰り広げました。スキッパーのディーン・バーカーを擁する「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」が機械の故障もほとんどなくリードを保ち、4-1で勝利しました。「ルナ・ロッサ」のスキッパーであるマックス・シレーナによると、彼らがニュージーランドチームに勝つには、「あらゆるチャンスを確実にものにする」以外の方法はなかったそうです。

    ついに、ルイ・ヴィトン カップの勝者となりタイトルを手にした「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」。彼らは9月7日(土)に開催されるレースで、「オラクルチームUSA」に挑戦することになります。その後、フェアモントホテルでのガラ・ディナーでは多くの観客が見守る中、アメリカズカップ優勝チームの表彰と祝賀会が盛大に執り行われます。

    ルイ・ヴィトン カップは1983年から行われており、勝者となるチームはアメリカズカップのタイトルホルダーへの挑戦権を得ることができます。

    セーリング サンフランシスコ
  • コレクター ガストン-ルイ・ヴィトン

    • コレクター ガストン-ルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • コレクター ガストン-ルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • コレクター ガストン-ルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • コレクター ガストン-ルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • コレクター ガストン-ルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • コレクター ガストン-ルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • コレクター ガストン-ルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • コレクター ガストン-ルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • コレクター ガストン-ルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ガストン-ルイ・ヴィトンの膨大なプライベートコレクションの中から、カラフルでサプライズなフォトシリーズを少しだけご紹介します。

    ヴィトン家の3代目、ガストンは、さまざまな分野に造詣が深い人物で、彼の多方面に渡る興味が、ルイ・ヴィトンの歴史の礎となりました。彼の好奇心と旅に対する考え方、そして新たなテーマに対するチャレンジ精神により、ガストンの試みは直接的にも間接的にもファミリービジネスの未来に影響を与えることになったのです。

    少年時代から博識なコレクターだったガストンは、数多くのトランクや旅にまつわる古い品々を骨董商や競売で入手し、書籍や印刷物、その中でも特にホテルを利用する客のトランクに貼られるホテルのステッカーを収集しました。また、彼は自らのデザインや建築的センスを当時の気鋭のアーティストたちとのコラボレーションという形で表現し、機能的かつ装飾的な美しさを持つ小型のケースやフラスコ瓶、トイレタリーキットなどのアイテムを製作しました。

    これらの写真から、ガストンのコレクションが膨大かつ、その収集分野が多岐に渡っていたことが見てとれます。こうした貴重な「お宝」のほとんどが、ファミリービジネスを発展させるためのインスピレーションになったのです。その他にもルイ・ヴィトンのスーツケース「Despatch Box」やクリスタルボトルセットなどからも、絶えずブランドとしての活動範囲の拡大と技術的なアプローチの向上を目指していたことが分かります。

    このアタッシュケースはガストンの私物で、誰にもに気づかれないように書簡や書類をそっと差し込むことができるサイドスロットを備えるなど、ユニークな機能性と卓越したクラフツマンシップを見事に体現しています。

    ガストン-ルイ・ヴィトン アーカイヴ 写真
  • ルイ・ヴィトン カップに向けて──水面を疾走

    ルイ・ヴィトン カップ セミファイナルに向けて3隻の競争艇が準備万端でスタート。

    ルイ・ヴィトン カップは30年前から、アメリカズカップの挑戦艇を決定するための前哨戦として位置付けられてきました。互いに旅と海をこよなく愛する2つのレジェンドたち──ルイ・ヴィトンと1851年から続く伝統的なヨットレース、アメリカズカップとが結びつくことで、この歴史的なパートナーシップが実現したのです。

    このビデオではスピード感を伝えたいという強い思いから、海面ギリギリまでカメラを近づけています。時折現れるサンフランシスコ湾とその街を背景に、各競争艇のクルーたちの優れたアスリートぶりもご覧いただけるでしょう。

    ルイ・ヴィトン カップの勝者は、タイトルホルダーであるチーム・オラクルとアメリカズカップを賭けて9月7日(土)からレースを繰り広げます。

    セーリング ルイ・ヴィトン カップ サンフランシスコ ビデオ
  • A LOUIS VUITTON CUP WEEKEND

    サンフランシスコ市主催による「アメリカズカップ パーク」がオープンし、サンフランシスコ市長によるテープカット・セレモニーが行われました。

    2013年7月4日、陽光降り注ぐサンフランシスコの「アメリカズカップ パーク」のパビリオンは、何千もの観衆で埋めつくされました。集まったファンは参加チームの登場を熱狂的に歓迎し、イタリアのオペラ歌手、スウェーデンの聖歌隊、ニュージーランドのカパハカ(先住民族マオリ族が伝える歌と踊り)など各国のプレゼンテーションを満喫。また、ラスベガスのグループ、「リサイクルド・パーカッション」によるユニークなパフォーマンスも披露されました。

    さらに翌日は、参加艇によるパレードやリージョン・オブ・オーナー美術館でのルイ・ヴィトン カップのパーティも開催。

    ルイ・ヴィトン カップのパーティでは、「マジック・マジック・オーケストラ」の24名のミュージシャンがゲストを歓迎し、美術館の前でクラシック音楽をライブ演奏。また、各挑戦艇のフラッグの色に合わせた3機の航空機が巨大な透明のシャボン玉の中を優雅に飛行していくアクロバティックなパフォーマンスは観客を魅了しました。

    その夜のハイライトであるWOWによるファッションショーでは、それぞれの国の挑戦艇をイメージした「着られるアート」が披露されました。ショーのコスチュームはルイ・ヴィトン カップ30周年を記念して特別に製作されたものでした。

    セーリング サンフランシスコ ビデオ