• イヴ・カルセルを悼んで

    イヴ・カルセルを悼んで - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ベルナール・アルノーとLVMHグループは、長きにわたる勇気ある闘病生活の末に、イヴ・カルセルが2014年8月31日に永眠いたしましたことを深い哀悼と共に発表いたします。

    イヴ・カルセルは、CEOとして20年以上の長きにわたり、その卓越したビジョン、エネルギー、戦略感覚を通じ、ルイ・ヴィトンをラグジュアリー分野における世界で最も有名なブランドに築き上げました。

    フランスの名門、エコール・ポリテクニークとINSEADビジネススクールを卒業したイヴ・カルセルは、ルイ・ヴィトンの全世界での発展、とりわけアジアや日本での発展の立役者でした。また、マーク・ジェイコブスのファッションショーを通じてルイ・ヴィトンのファッション界への参入、ならびにウォッチ&ファインジュエリーへの参入を指揮しました。

    イヴ・カルセルは1989年にLVMHグループおよびエグゼクティブ・コミッティーに加わり、2012年にルイ・ヴィトンを退いた以降は、フォンダシオン ルイ・ヴィトンの会長を務めました。

    ベルナール・アルノーは次のように述べています。「イヴ・カルセルの訃報に接し、深い悲しみと痛恨の情を禁じえません。疲れを知らない旅人であったイヴは、ルイ・ヴィトンのイメージと価値観を体現したパイオニアでした。常に好奇心旺盛、情熱的で、とどまる所を知らない彼は、私がこれまでに知る男女含めたあらゆるリーダーの中で最も刺激を与えてくれる1人でした。イヴのご遺族、ならびに、親しみやすく人間味に溢れ誠実な上司にして良き師としてイヴのことを末永く記憶にとどめるであろうルイ・ヴィトンのすべてのスタッフの心中は、察するに余りあります。本日、LVMHグループは最も近しく最も親愛なる友人の1人を失いました。私は皆さん同様、哀惜の念に堪えずイヴの逝去を悼む一方でまた、皆さんと共に、彼の送った人生、成し遂げた仕事、残してくれた遺産に深く感謝する次第です」。

    ルイ・ヴィトンの代表取締役会長兼CEO、マイケル・バークはイヴ・カルセルと共に仕事する機会を得た関係者一同を代表して、次のように哀悼の意を表しています。「イヴ・カルセルは明確なビジョンを持ち、情熱的で、インスピレーションに溢れ、世界のラグジュアリーの歴史のもっとも輝ける一章を綴った人物でした」。

  • 「モノグラム」を祝して──

    「モノグラム」を祝して──  - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    “アイコンとアイコノクラスト”は、ルイ・ヴィトンの象徴であるアイコン「モノグラム」の新しい解釈とも言えるスペシャルプロジェクトです。 

    6人の著名な革新的クリエイターたち──フランク・ゲーリー、川久保玲、カール・ラガーフェルド、クリスチャン・ルブタン、マーク・ニューソン、シ ンディ・シャーマン──がアイコンノクラストとして、ルイ・ヴィトンのエスプリであるイノベーション、コラボレーション、そして大胆な冒険心を共有しなが ら「モノグラム」というアイコンを使い、独自の自由なインスピレーションでバッグやラゲージを創造します。

    アート、建築、デザイン、これら3つすべての領域にまたがり、そしてそれらの枠を超えて新たな分野を生み出そうと、この多様性に富んだ類まれなる6人が、ユニークなコレクションを創造しました。
    このプロジェクトは、ルイ・ヴィトンのエグゼクティブ・ヴァイスプレジデントであるデルフィーヌ・アルノーと、ウィメンズのアーティスティック・ディレクターのニコラ・ジェスキエールが中心となり実現しました。
    「このプロジェクトに欠かせない傑出した才能にふさわしい人たちは誰かということについて、ニコラ・ジェスキエールと語り合い、各分野で最高のクリエイ ターたちに声をかけようということになりました」とデルフィーヌ・アルノーは語ります。「私たちが注目したのは、魂を込めて自らの手で何かを創りだす人々 です。様々な視点から生まれたアイデアが、新たなモノグラムコレクションとなるのは本当に興味深く、また楽しいことだと思いました。彼らの世界観や心に描 いていることを実際に目の当たりにできるのはとても刺激的です。まさに天賦の才能を持ったチームといえるでしょう」
    また、ルイ・ヴィトンの代表取締役会長兼CEOのマイケル・バークはこう語っています。「モノグラムは今を、そして未来を生き続けます。我々はこのプロジェクトを通して、モノグラムがいかにタイムレスであるかをお伝えしたいのです」

    この非常にエクスクルーシブな「モノグラム」のリミテッド・コレクションは、2014年10月中旬より世界の限られた店舗にて展開され、“アイコンとアイコノクラスト”のローンチイベントは、2014年11月7日、ニューヨークで開催される予定です。

    icon.louisvuitton.com

    #CelebratingMonogram

    モノグラム コラボレーション
  • LOUIS VUITTON & BMW i PARTNER TO CREATE LUGGAGE OF THE FUTURE

    • LOUIS VUITTON & BMW i PARTNER TO CREATE LUGGAGE OF THE FUTURE - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LOUIS VUITTON & BMW i PARTNER TO CREATE LUGGAGE OF THE FUTURE - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LOUIS VUITTON & BMW i PARTNER TO CREATE LUGGAGE OF THE FUTURE - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LOUIS VUITTON & BMW i PARTNER TO CREATE LUGGAGE OF THE FUTURE - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LOUIS VUITTON & BMW i PARTNER TO CREATE LUGGAGE OF THE FUTURE - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LOUIS VUITTON & BMW i PARTNER TO CREATE LUGGAGE OF THE FUTURE - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LOUIS VUITTON & BMW i PARTNER TO CREATE LUGGAGE OF THE FUTURE - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    旅の真髄(こころ)を体現する先駆者として知られるルイ・ヴィトンは、このたびBMW iとタッグを組み、最新モデル「BMW i8」専用にカーボンファイバー素材のラゲージを製作しました。

    4種類のスーツケースおよびバッグで構成される「BMW i8」専用のラゲージは、斬新なスポーツカーの滑らかなラインに沿うようにデザインされています。ルイ・ヴィトンが脈々と培ってきたクラフツマンシップや革新性を結集し、最先端のデザインや素材を精巧かつ緻密な構造でひとつひとつ作り上げました。

    柔らかくしなやかなバッグと熱成形されたセミリジットのスーツケースは、最後の1ミリまで妥協を許さない精蜜さで仕上げられています。それぞれの鞄が完璧に調和し、洗練された旅を実現するための快適さとラグジュアリーな魅力はもちろんのこと、大切な荷物を安全かつスマートに持ち運ぶことを可能にします。

    プロジェクト詳細はこちら
    製品コレクションはこちら

    レザーグッズ ラゲージ ロードトリップ 自動車
  • 新作ファインジュエリー「モノグラム・フォーエヴァー コレクション」

    永遠に咲き誇る花──アイコニックなモノグラム・フラワーにオマージュを捧げた、新作ファインジュエリー「モノグラム・フォーエヴァー コレクション」が登場しました。

    ルイ・ヴィトン独自のファセット・セッティング技術が施されたラウンド・ダイヤモンドをホワイトゴールドに配し、完璧な美しさを放つ新作コレクション。タイムレスなモノグラム・フワラーにコンテンポラリーな息吹が吹き込まれました。

    このフィルムは、ジュエリーメイキングにおけるルイ・ヴィトン独自のさまざまなサヴォアフェール(匠の技)を、ヴァンドーム広場にあるジュエリーのアトリエからご紹介します。グワッシュ絵具で最初に描かれる完成予想図から、こだわり抜いた宝石のセレクション、仕上げの繊細な作業まで、クリエイティブかつ卓越した技術を要する工程をご覧ください。

    身につけてはじめてその価値を実感するタイムレスなリングやペンダントは、どんな瞬間も永遠の輝きを与えてくれるでしょう。

    ファインジュエリー モノグラム Diamonds
  • ガストン-ルイ・ヴィトンが生んだウィンドウ・ディスプレイの美学

    • ガストン-ルイ・ヴィトンが生んだウィンドウ・ディスプレイの美学 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ガストン-ルイ・ヴィトンが生んだウィンドウ・ディスプレイの美学 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ガストン-ルイ・ヴィトンが生んだウィンドウ・ディスプレイの美学 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ガストン-ルイ・ヴィトンが生んだウィンドウ・ディスプレイの美学 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ガストン-ルイ・ヴィトンが生んだウィンドウ・ディスプレイの美学 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ガストン-ルイ・ヴィトンが生んだウィンドウ・ディスプレイの美学 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ガストン-ルイ・ヴィトンが生んだウィンドウ・ディスプレイの美学 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    かつてのガストン-ルイ・ヴィトンが描いたスケッチから着想を得て──21世紀に蘇るルイ・ヴィトンの新たなウィンドウ・ディスプレイをお楽しみください。

    ガストン-ルイは優れた洞察力と高い美意識を兼ね備え、その時代を謳歌しながらも未来に目を向けていた人物でした。彼はさまざまな分野に興味を持ち造詣が深く、店舗のウィンドウ・ディスプレイのデザインに対しても独自のこわだりがありました。当時、ウィンドウ・ディスプレイは毎週のように変わり、1920年代当時の美学にも精通していたガストン-ルイは、自らの情熱により幾何学的でジオメトリックな観点から数多くのディスプレイを考案しました。彼が描いたそれらのモダンな「風景」は今日も色褪せることはありません。

    1925年にガストン-ルイは、デザイン雑誌「Vendre」に寄せたウィンドウ・ディスプレイをテーマにしたエッセイでこのように語っています。「ウィンドウ・ディスプレイというアートは、建築に対する鋭いセンスとステージ・ディレクターとしての能力という両方の要素を含んでいる」。彼はこの文章をさらに詩的な表現で締めくくり、「好奇心を掻き立てられるブティックが建ち並ぶ絵のように美しい過ぎ去った時代の街路──それらは永遠に失われてしまった。19世紀の街路は味気なかったが、この新たな世紀には変化の風が吹いているようだ。だからこそショップオーナーは、店頭のショーウィンドウを上品でモダンなファサードへと改装した。街路を心浮き立つような空間へと変えてゆこうじゃないか...私たちの日々の新たな取り組みにより、道行く人々の興味を惹き、彼らが散策したいと思うように」。

    ガストン-ルイ・ヴィトン ウインドウ・ディスプレイ 過去そして現在