• ソウルにて開催中「空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン」展:インスピレーションの国、韓国

    「Volez, Voguez, Voyagez – Louis Vuitton(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)」展のソウルでの開催に伴い、特別につくられた「韓国の部屋」をご紹介します。 

    韓国・ソウルの東大門デザインプラザにて開催中の「Volez, Voguez, Voyagez - Louis Vuitton(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)」展。ガリエラ宮パリ市立モード美術館 館長のオリヴィエ・サイヤールをキュレーターに迎えた本エキシビションは、創業者のポートレートから今日のルイ・ヴィトンを創り上げる人々にいたるまで、1854年から現在までのルイ・ヴィトンの壮大な軌跡を辿る旅となっています。

    本展は、旅をテーマとする10章で構成され、そのうちの1つは韓国にちなんだ特別な内容となっています。韓国の国旗とオバンセク(五方色)からインスピレーションを得て、韓国の多様性を捉えたこの部屋は、ルイ・ヴィトンと韓国の華やかな絆を証明すべく、ロバート・カーセンがデザインを手掛けました。

    「韓国の部屋」ならではの展示物や、本エキシビションのためにルイ・ヴィトンのアーカイヴから厳選されたオブジェやドキュメント、ガリエラ宮パリ市立モード美術館・モード&コスチューム博物館やフィルハーモニー・ド・パリから貸与を受けた作品を映像でお楽しみください。

    本エキシビションは、8月27日(日)まで開催中(入場無料)。
    事前にご希望の日時をオンライン予約いただくと、よりスムーズにご入場いただけます。
    *オンライン予約は英語・韓国語のみで承ります。
    *ご予約された方のほか、4名様までご同伴いただけます(計5名まで)。 

    エキシビションの詳細はこちら

    また、ルイ・ヴィトンの世界観をより深くご体感いただける本エキシビションの公式アプリ「LV SEOUL VVV」も新たに登場いたします。アプリ(iOS/Android版)のダウンロードはこちらから。

    エキシビション ソウル
  • ルイ・ヴィトン アメリカズカップ──覇者「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」

    • ルイ・ヴィトン アメリカズカップ──覇者「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ルイ・ヴィトン アメリカズカップ──覇者「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • ルイ・ヴィトン アメリカズカップ──覇者「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    第35回「アメリカズカップ マッチ presented by ルイ・ヴィトン」を見事制したのは、ピーター・バーリングが所属する「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」でした。

    第35回「アメリカズカップ マッチ presented by ルイ・ヴィトン」にて圧倒的な戦いぶりを見せた、ピーター・バーリングを擁する「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」。本戦を経て、バミューダのグレードサウンド上にて、「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」のアメリカズカップ・クラス(ACC)のボートとそのサポート・チームのボートに賑やかな祝福の嵐が吹きました。

    レース後、ピーター・バーリングは次のように語りました。「今はただ、驚きが隠せません。優勝して『アメリカズカップ』を手にすることを目標に努力してきて、そして今、それを故郷のニュージーランドへと持ち帰ることが叶ったのです」。

    「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」は、第35回「アメリカズカップ」のマッチレースにおいて、7対1という圧倒的なパフォーマンスを見せました。

    「ルイ・ヴィトン アメリカズカップ」コレクションはこちら

    トランク アメリカズカップ
  • ルイ・ヴィトン アメリカズカップ──チャレンジャー・プレーオフ・ファイナル

    ルイ・ヴィトン アメリカズカップ──チャレンジャー・プレーオフ・ファイナル - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」が第35回アメリカズカップへ出場決定。「オラクル・チーム・USA」を相手に本戦に挑みます。

    「アメリカズカップ チャレンジャー・プレーオフ」の最終レースを経て、「アルテミス・レーシング」を見事制し、第35回アメリカズカップ本戦出場の切符を手に入れた、ピーター・バーリングが所属する「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」。アメリカズカップ本戦では、再び「オラクル・チーム・USA」を相手に対戦に挑みます。

    前戦に続き「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」の一員として第35回アメリカズカップに挑むのは、ウイングトリマー兼スキッパーのグレン・アシュビーのみ。当時はピーター・バーリングも所属していませんでした。ただ、そんなことで2017年の「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」の勢いが止まることはありません──

    グレン・アシュビーは、最終レース後の記者会見で、次のように述べています──「サンフランシスコ大会での戦いで学んだことが、私たちをより一層強くしているのだと思います。チームを根本から立て直し、その結果、今はこれまで以上に最強のチームになっています。前に進もうとするモチベーションが、確かにあります」。

    第35回となる本戦──「アメリカズカップ マッチ presented by ルイ・ヴィトン」──は、2017年6月17日(土)に開催されます。

    「ルイ・ヴィトン アメリカズカップ」コレクションはこちら

    LVCup トランク アメリカズカップ
  • 2つのトロフィー・ケースが2人のセレブリティと共に登場──

    全仏オープンテニス「ローラン・ギャロス 2017」のために製作されたルイ・ヴィトンの特製トロフィー・ケース。それらと共に登場した女優ニコール・キッドマンと俳優アレクサンダー・スカルスガルドのインタビュー映像をお楽しみください。

    ルイ・ヴィトンを身に纏った女優のニコール・キッドマンは男子チャンピオンに贈呈されるムスクテール・カップを収めた特製ケースと、そして、俳優アレクサンダー・スカルスガルドは女子チャンピオンに贈呈されるスザンヌ・ランラン・カップを収めた特製ケースと共に、今大会の男女決勝戦に登場しました。

    「ローラン・ギャロス 2017」の輝かしい2つの優勝トロフィーを収納するためのケースを製作したルイ・ヴィトン──その印象を、女優ニコール・キッドマンと俳優アレクサンダー・スカルスガルドが語りました。二コールのお気に入りは、勝利へ熱き想いを象徴したルイ・ヴィトンの「Victory travels in Louis Vuitton(勝利を目指し闘ったすべての選手たちの想いをのせて、旅は続く──)」を体現した「V」シグネチャー。一方、アレクサンダーは、テニスコートのラインを彷彿させる「V」のデザインがケースに魅力的なタッチを加えているとコメントしました。

    ルイ・ヴィトン トロフィー・ケースの詳細はこちら

    トランク トロフィー ノウハウ 優勝
  • <続報>VICTORY TRAVELS IN LOUIS VUITTON──全仏オープンテニスの優勝トロフィー・ケース

    • <続報>VICTORY TRAVELS IN LOUIS VUITTON──全仏オープンテニスの優勝トロフィー・ケース - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • <続報>VICTORY TRAVELS IN LOUIS VUITTON──全仏オープンテニスの優勝トロフィー・ケース - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    歴史ある全仏オープンテニス「ローラン・ギャロス 2017」のためにルイ・ヴィトンが製作した特製トロフィー・ケース。本大会で女子チャンピオンに輝いたのは──

    輝かしい「ローラン・ギャロス 2017」のトロフィーを収納するための2つのケースを製作したルイ・ヴィトン。これらは、パリ郊外アニエールに構えるメゾンの歴史あるアトリエの職人によって丹念に作られました。国際的に知られているフランスの2つのブランド──ルイ・ヴィトンとローラン・ギャロス──のコラボレーションは、双方にとって意義深く、そのサヴォアフェール(匠の技)、卓越性、芸術性へのこだわりを示すとともに、パリとフランスの名をさらに世界に広めることになるでしょう。

    今大会で、女子チャンピオンに輝き、スザンヌ・ランラン・カップを手にしたのはエレナ・オスタペンコ。ニコラ・ジェスキエールが手掛けたルイ・ヴィトンのアイテムを身に纏い、アイコニックなモノグラム・キャンバスに彩られたトロフィー・ケースの傍らに佇む彼女の姿をご覧ください。

    ルイ・ヴィトン トロフィー・ケースの詳細はこちら

    トランク トロフィー ノウハウ 優勝