• 父の日に贈る──ルイ・ヴィトンのメンズ・フレグランス

    感謝を伝えるとっておきのギフトに──父の日の贈り物にもぴったりなルイ・ヴィトンのメンズ・フレグランス。力強くも繊細な5つの香りをご紹介。

    メゾンが挑む新たな境地──ルイ・ヴィトンのインハウス・マスター・パフューマー、ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュードが提案する紳士のためのフレグランス。自由を求めるエスプリ、そして繊細で力強いエネルギーに満ちています。ジンジャーがほのかに香る「L'Immensité(リマンシテ)」や、セドラが香り立つ「Sur la route(スール・ラ・ルート)」など、5種の個性溢れるマスキュリンなコレクション。感謝の気持ちを香りに託して、より特別な父の日を――

    メンズ・フレグランス コレクションの詳細へ

    製品の詳細へ

    Les Parfums Louis Vuitton フレグランス ギフティング
  • ヴァージル・アブローが手掛ける2019秋冬メンズ・プレコレクション

    ヴァージル・アブローによるルイ・ヴィトン 2019秋冬メンズ・プレコレクション──その概念となるのは、まさしく彼自身の原理と意志、そして理論的根拠の追求。

    アーティスティック・ディレクター ヴァージル・アブローがルイ・ヴィトンにて初めて手掛けた2019秋冬メンズ・プレコレクション。セーリングジャケットやハイキング・スニーカーをはじめ、スポーティで幾何学的なロゴが、彼のルーツとも言えるワードローブの定番と融合。また古来より受け継がれる日本の伝統から影響を受けた富士山や格子柄を用いて、より繊細なコレクションに仕上げました。ヴァージル独自の直観的なスタイルを体現するのは、俳優アシュトン・サンダースとデューク・ニコルソン。シーズンごとにヴァージルが追求し続ける、最新メンズ・コレクションの世界へ──

    2019秋冬メンズ・プレコレクションの詳細へ

    すべてのプレコレクションを見る

    プレタポルテ(洋服) ヴァージル・アブロー メンズウェア
  • ルイ・ヴィトン ブライダルジュエリーコレクション

    ルイ・ヴィトン ブライダルジュエリーコレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    2人の永遠の愛を象徴するルイ・ヴィトンのファインジュエリー リング・コレクションに、新作が加わりました。

    プロポーズから愛の誓いまで──想い合う2人の愛を永遠に刻む、ルイ・ヴィトンのエンゲージリングとウェディングリング。「モノグラム・アンフィニ」のエンゲージリングは、ダイヤモンド・ソリティアにブリリアントカットを施した無二の逸品です。また、ピンクゴールドまたはホワイトゴールドのバンドには、ルイ・ヴィトンの象徴であるモノグラムのフラワー・モチーフを模したデザインを手作業で施し、光が当たる角度によってさまざまな表情を演出。さらに、同色の繊細なエタニティウェディングバンドには、ブリリアントカットのダイヤモンドがあしらわれ、愛を誓う2人に相応しい逸品に仕上げています。

    ブライダルコレクションの詳細へ

    ファインジュエリー ウェディング エンゲージメント リング
  • 2019年度カンヌ国際映画祭──「オー・マーシー」プレミア上映会

    • 2019年度カンヌ国際映画祭──「オー・マーシー」プレミア上映会 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2019年度カンヌ国際映画祭──「オー・マーシー」プレミア上映会 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    第72回カンヌ国際映画祭出品作「オー・マーシー」のプレミア上映会に、レア・セドゥとステイシー・マーティンがルイ・ヴィトンを纏って登場しました。

    2019年5月22日「オー・マーシー」のプレミア上映会に、ニコラ・ジェスキエールが手掛けるルイ・ヴィトンを身に纏った2人のフランス人女優が登場──レア・セドゥは刺繍が施されたビスチェとシルクサテンのパンツを、そしてステイシー・マーティンは2019春夏コレクションのドレスで会場に華を添えました。

    カンヌ レッドカーペット
  • 2019プレフォール・コレクション

    • 2019プレフォール・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2019プレフォール・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2019プレフォール・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 2019プレフォール・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ニコラ・ジェスキエールが手掛けるルイ・ヴィトン 2019プレフォール・コレクション──女性の多様性を表現する17人のミューズが登場。  

    2019プレフォール・コレクションで、ウィメンズ アーティスティック・ディレクターのニコラ・ジェスキエールは、洗練されながらも自由なルックを表現するために、メゾンの友人でもある17人のミューズ──タンディ・ニュートン、ミシェル・ウィリアムズ、ペ・ドゥナ、サマラ・ウィーヴィング、ソフィー・ターナー、インディア・ムーア、クロエ・モレッツ、ローラ・ハリアー、ライリー・キーオ、ケレラ、ウッラサヤー・セパーバン、ゾン・チュイ、ルース・ネッガ、ケルシー・チャウ、アリシア・ヴィキャンデル、レア・セドゥ、そしてジェニファー・コネリーを起用。ニコラ・ジェスキエールは「彼女たちはルイ・ヴィトンが体現するファッションのさまざまな魅力を1つにする存在です。スターや新人に関わらず、全員が自身の選択において同じ意志と自信を持ち、同時に女性としてのアイデンティティ、折衷主義を体現しているのです」と語ります。

    2つの対照的な感性を1つにした2019プレフォール・コレクション──都会的なムードと、週末のリラックスした気分が交差するように、シティとカントリー、2つの異なるスタイルがワードローブで融合。田園を想わせるプリントやタータンチェックのテーラードライン、花柄のブラウスや流線型のパンツ、プリーツスカート、そしてオーバーサイズのジャンパーなど異なるジャンルが出逢い、大胆で折衷的なルックを生み出しました。

    2019プレフォール・コレクションの詳細へ

    セレブリティ プレフォール