• クルーズ・コレクション 「A TRIP OR VOYAGE」

    • クルーズ・コレクション 「A TRIP OR VOYAGE」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • クルーズ・コレクション 「A TRIP OR VOYAGE」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • クルーズ・コレクション 「A TRIP OR VOYAGE」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • クルーズ・コレクション 「A TRIP OR VOYAGE」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • クルーズ・コレクション 「A TRIP OR VOYAGE」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    写真家のユルゲン・テラーが2015クルーズ・コレクションをパリのルイ・ヴィトン本社とモナコで撮影しました。

    「今シーズンのクルーズ・コレクションは、定番コーディネートの枠から外れ、装いにおける変化を追求しています。それでもなお、コレクションに登場する服は日常のワードローブというコンセプトを失っていません。つねにタイムレスというテーマが存在するのです」。
    これは2015クルーズ・コレクションのルックブックに掲載されたコメントです。撮影に先立ち、今年南仏で発表されたコレクションの上質なカジュアルに対する永遠のこだわりを感じさせます。

    今コレクションはニコラ・ジェスキエールがルイ・ヴィトン レディース・コレクションのアーティスティック・ディレクターに就任後、初となるクルーズ・コレクションでした。その発表の場となったフレンチ・リヴィエラは、コートダジュールにおけるルイ・ヴィトンの伝説の原点を想起させ、旅の真髄(こころ)とラグジュアリーがひとつになった縁の場所でもあります。

    ルックブック クルーズ プレタポルテ(洋服) ユルゲン・テラー 写真
  • モン ダミエ・グラフィット

    ダミエ・グラフィット・キャンバスでもパーソナライズが可能に──ルイ・ヴィトンの伝統的なパーソナライゼーション・サービス

    19世紀当時、革新的であった世界にひとつのパーソナライズされたトラベルグッズの製作――ルイ・ヴィトンでは創業当時から今日まで伝統的なサービスのひとつとして受け継がれています。

    さまざまなアイテムに多彩なカラーでストライプやイニシャルを入れてパーソナライズが楽しめる「モン ダミエ・グラフィット」のオンライン・サービス。あなただけの個性的なデザインを見つけるチャンスです。無限に近い組み合わせの中からお気に入りを探し、世界にひとつだけのアイテムを手に入れましょう。特別なアイテムへと変身させるこのパーソナライゼーション・サービスは、これまでの既存色(22色)に5つの新色が加わった「モン ダミエ・グラフィット」のほか、「モン・モノグラム」でもご利用いただけます。

    製品コレクションはこちら

    ダミエ パーソナライゼーション ビデオ
  • LV The Book ── 「ニコラと秘密のコード」

    • LV The Book ── 「ニコラと秘密のコード」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LV The Book ── 「ニコラと秘密のコード」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LV The Book ── 「ニコラと秘密のコード」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LV The Book ── 「ニコラと秘密のコード」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LV The Book ── 「ニコラと秘密のコード」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LV The Book ── 「ニコラと秘密のコード」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LV The Book ── 「ニコラと秘密のコード」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LV The Book ── 「ニコラと秘密のコード」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ルイ・ヴィトンの世界観を新たなかたちでご紹介するマガジン「LV The Book」から、秘められたメゾンのコードについて語られた 「ニコラと秘密のコード」の記事を抜粋してお届けします。

    ルイ ・ ヴィトンのためにニコラ ・ジェスキエールが手掛けた初コレクションは、メゾンの歴史という壮大な世界観を探求する旅の結晶です。ニコラは「ルイ ・ ヴィトンだけのユニバーサルコードというものがあります。こうしたコードを僕がどのように再生し、新たな領域に移植するかが課題でした」と振り返ります。この作業を通してニコラは、インスピレーションを掻き立てるトランク職人のストーリーに、そして偉大な皮革製品職人のノウハウにオマージュを捧げたいという想いにいたりました。宝探しさながらに、ファッションに秘められたメゾンのコードを見つける探検へ繰り出しましょう。

    *エピ・レザー
    メゾンにとって歴史的な意味を持つレザー。ニコラ ・ ジェスキエールは、グラフィカルな美しさを持つこの素材にたちまち心奪われ、今回のショーを導く核の1つとして採用しました。1980 年代にバッグ用レザーとして絶大な人気を博したエピにひねりが加えられ、チェリーレッドの「プティット ・ マル」として復活しました。シューズやブーツにも、マットもしくは光沢感のあるエピが採用されました。光沢感のあるエピは、動いて光を捉えるたびに魅惑的に反射することから、「エピ エレクトリック」としても知られています。また、ジュエリーや大ぶりのカフスにも使用されています。

    「LV The Book」全編はこちら

    LV Book
  • 「CELEBRATING MONOGRAM」 ─ 川久保玲

    • 「CELEBRATING MONOGRAM」 ─ 川久保玲 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「CELEBRATING MONOGRAM」 ─ 川久保玲 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「CELEBRATING MONOGRAM」 ─ 川久保玲 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「CELEBRATING MONOGRAM」 ─ 川久保玲 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「CELEBRATING MONOGRAM」 ─ 川久保玲 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「CELEBRATING MONOGRAM」 ─ 川久保玲 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「CELEBRATING MONOGRAM」 ─ 川久保玲 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「CELEBRATING MONOGRAM」 ─ 川久保玲 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ルイ・ヴィトンは、新進気鋭のイメージクリエイターたちに「Celebrating Monogram」プロジェクトの視覚化を依頼しました。

    今から40年以上も前に川久保玲氏が初めて自身のブランドを立ち上げて以来、彼女のアイコノクラスティックな美意識と「黒」への愛情が、ファッション界における「美」のコンセプトを大きく変えました。彼女の名声を不動のものにした伝統の打破とクリエイティビティの限界への挑戦は、「CELEBRATING MONOGRAM」プロジェクトのためのデザインでも発揮されています。

    写真家のジェニファー・リビングストンは、あたかもファッショナブルな罠を仕掛けるように、被写体の一瞬を捉えることでよく知られています。今回の川久保玲氏のクリエーションの撮影では、新たに創られたバッグのフォルムと、伝統的なデザインが故意に破壊されていく様子を、光と影を用いた一連の映像によって強調されています。

    「Celebrating Monogram」 プロジェクト詳細はこちら

    レザーグッズ Celebrating Monogram モノグラム Rei Kawakubo
  • 「Celebrating Monogram」 ─ マーク・ニューソン

    • 「Celebrating Monogram」 ─ マーク・ニューソン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「Celebrating Monogram」 ─ マーク・ニューソン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「Celebrating Monogram」 ─ マーク・ニューソン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「Celebrating Monogram」 ─ マーク・ニューソン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「Celebrating Monogram」 ─ マーク・ニューソン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「Celebrating Monogram」 ─ マーク・ニューソン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「Celebrating Monogram」 ─ マーク・ニューソン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    「Celebrating Monogram」プロジェクトに参加した6人のアイコノクラストたち── その多彩なクリエイティブ・ストーリーを、6人のフォトグラファーやディレクターが独自の視点で伝えます。

    同世代のクリエイターの中で、最も影響力のあるインダストリアル・デザイナーとして知られるマーク・ニューソン。彼は「Celebrating Monogram」プロジェクトへの参加にあたり、真に機能的な作品を創ろうとしました。完成した作品はピュアで、まるで彫刻のようなバックパック──「私はモノグラムの持つ機能的な品質に挑んでみたかったんだ。なぜモノグラム・キャンバスは発明されたのか、という理由に立ち返ると、それは耐久性に優れ、天候に左右されないキャンバスを作りたかったからだろう。でも私は敢えてそれを冒険してみたかった。物事を真面目に考えすぎることはあまり好きではないんだ」。

    こういった二極的なアプローチは、マイケル・アヴェドンがこのコラボレーションを捉えた写真の中にも息づいています。今は亡き偉大なフォトグラファー、リチャード・アヴェドンの孫でもあり、生粋のニューヨーカーでもあるフォトグラファー、マイケル・アヴェドンは、モノクロの35ミリ、ミディアムフォーマットのフィルムを用いることで、マーク・ニューソンの冒険的なアプローチを新しい手法で表現しています。

     「Celebrating Monogram」プロジェクト詳細はこちら

    レザーグッズ Celebrating Monogram モノグラム マーク・ニューソン 写真