• ルイ・ヴィトン トラベルブック──「ルート 66」 by トーマス・オット

    コミックブック作家のトーマス・オットがこのトラベルブックを通じて描くのは、衰退したルート 66の姿──その旅の終着点にはハッピーエンドにはなり得ない、先のない行き止まりが待ち構えています。

    これほどの情熱でアメリカの伝説的なルート66を駆け抜けるのは、トーマス・オット──コミックブックと小説を糧に育った真の映画マニア──をおいて他にないでしょう。イリノイ州シカゴからカリフォルニア州のサンタモニカまで約4,500キロの道程を3週間で走破しました。

    「ルート66は忘れ去られた世界です。通る人もなく荒涼とした景色が広がり、街々は廃墟と化しています。街角に人影もない静寂の世界。時が止まったままのゴーストタウンがいくつもあり、私は旅の途中で出逢った、これらの失われたアメリカを描いているのです」。

    地平線が延々と続く中で、旅人は移動と空間、そして自由に陶酔していきます。

    1966年、スイスのチューリッヒで生まれたトーマス・オットは、モノクロームで制作する稀有なコミックブック作家です。オットは、この力強い手法を30年以上も前に選択しました。墨でコーティングしたスクラッチボードの表面を限りなき忍耐力をもって万能ナイフで削ることで、そのハッチングが浮かび上がらせる下地の白が鋭い輪郭線を結び、独自の世界観を表現します。

    ルイ・ヴィトン トラベルブックの製品ラインナップはこちら

    トラベルブック イラストレーション
  • ルイ・ヴィトンが「VIVA TECHNOLOGY」に参加

    欧州最大級のスタートアップイベント「VIVA TECHNOLOGY(ビバ・テクノロジー)」にて、ルイ・ヴィトンの最新技術と新たなアプリが初披露されました。

    さらに進化を遂げたルイ・ヴィトンの公式アプリ「Louis Vuitton App」──設定次第でお好みに合わせたコンテンツやおすすめの製品をお届け。より快適にパーソナライズされたショッピングをお楽しみいただけます。

    ルイ・ヴィトンの最新ニュースから、豊富なアイテムを網羅したご購入可能なオンラインカタログまで、メゾンの多彩な世界観をご体感いただけるアプリです。

    最新版では、革新的な画像検索機能を搭載。街中や雑誌、ルイ・ヴィトン ストアのウィンドウ・ディスプレイなどで気になったウィメンズ・バッグの写真を撮って検索すると、製品情報をご覧いただけます。

    ルイ・ヴィトンのコネクテッド アイテムにも欠かせない存在──「Louis Vuitton App」は、ラゲージとウォッチで展開している「ホライゾン」コレクションの革新的なコネクテッド・サービスにアクセス可能な唯一のアプリです。ルイ・ヴィトン独自のサービスで、安心かつ快適な旅をお楽しみください。

    「Louis Vuitton App」の詳細はこちら

    トラベル ショッピング
  • ルイ・ヴィトン 「トラベルブック」コレクション

    ルイ・ヴィトン 「トラベルブック」コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    新たに4つの旅先──キューバ、プラハ、ローマ、ルート66版がルイ・ヴィトンの「トラベルブック」コレクションに仲間入りしました。

    2018年5月──世界中のあらゆる地域のアーティストたちによるイラストレーションを集約したルイ・ヴィトン トラベルブック・コレクションに新作が登場。

    中国の芸術家 リー・クンウーが多彩なスタイルで情熱的に描いたキューバをはじめ、ロシアの芸術家 パヴェル・ペッパースタインによる色とりどりのアイコンにポエトリーとロマンティシズムを添えたプラハ、アメリカのアーティスト マイルズ・ハイマンが描く魅力とコントラストに富んだ活気あるローマ、そしてスイスのスクラッチボード・アーティスト トーマス・オットがシャープで奥深いタッチで表現したルート66などがラインナップ。

    ルイ・ヴィトンの「トラベルブック」コレクションは、知的な刺激と感動的な瞬間に満ち溢れたリアルでヴァーチャルな旅への招待状──ページをめくるごとに、著名なアーティストや新進気鋭の若いアーティストによるあらゆる建築や日常生活のイラストレーションが、訪れた街や国のエピソードをご紹介します。

    新たな作品が生まれるたびに、ルイ・ヴィトン ストアではアーティストのサイン&限定番号入り版を販売。最新作を含む、コレクションの全ラインナップはこちら

    トラベルブック イラストレーション
  • 新たなエキシビションを開催──フォンダシオン ルイ・ヴィトン

    新たなエキシビションを開催──フォンダシオン ルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    フランク・ゲーリーが設計を手掛けたパリの「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」にて、新たなエキシビション「In Tune with the World(世界との調和)」展がスタート。所蔵コレクションの中から、新たに厳選されたアーティストたちによるモダンアートとコンテンポラリーアートの作品を展示いたします。

    2018年4月11日(水)~8月27日(月)まで開催する本展は、単なるコレクションの展示ではなく、明確なテーマに基いたエキシビションとして企画されました。それは今日にいたる課題──宇宙における人類の位置、そして人類と、周囲の環境や共存する生物の世界との結びつきを問う、人間同士の関係から動物、植物、そして無生物との相互関連を強調したテーマとなっています。

    2つの補完的なシークエンスから成るエキシビション──「シークエンス A」では日本人アーティスト、村上隆の世界観を体感できる一方、「シークエンス B - Man in the livng universe」では、アンリ・マティス(Henri Matisse)、アルベルト・ジャコメッティ(Alberto Giacometti)、イヴ・クライン(Yves Klein)、フランソワ・モルレ(François Morellet)、ピエール・ユイグ(Pierre Huyghe)など、異なる技法を駆使する世代を超えたフランス国内外のアーティスト28名による多彩な作品をご覧いただけます。

     

    エキシビションの詳細やチケット購入はこちら(英・仏語のみ)

     

    フォンダシオン ルイ・ヴィトン エキシビション
  • 会期終了まであとわずか──「Being Modern: MoMA in Paris」展

    3月5日(月)まで、フランク・ゲーリー設計による「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」にて、ニューヨーク近代美術館(MoMA)に所蔵されている200点を超えるアート作品を展示したエキシビション「Being Modern: MoMA in Paris」展が開催中。

    1929年の創設以来、ニューヨーク近代美術館(MoMA)に所蔵されている作品の中から厳選したコレクションをご紹介する本展──2018年3月5日(月)までの期間中、幅広い作品を展示しています。

    アメリカン・アブストラクション、ポップ・アート、ミニマリズムなどのスタイルも用いたモダンアート初期の作品や最新のコンテンポラリーアートの中から、アンリ・マティス(Henri Matisse)、ポール・セザンヌ(Paul Cézanne)、グスタフ・クリムト(Gustav Klimt)、パブロ・ピカソ(Pablo Picasso)、アレクサンダー・カルダー(Alexander Calder)、マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp)、コンスタンティン・ブランクーシ(Constantin Brancusi)、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol) など多彩なアーティストによる作品が揃っています。

    *尚、下記の3日間は開館時間を延長いたします:
    3月2日(金)~4日(日) 9:00~23:00

     

    エキシビションの詳細はこちら(英語・仏語のみ)

     

    フォンダシオン ルイ・ヴィトン エキシビション MoMa