• フォンダシオン ルイ・ヴィトンでコートールド・コレクションを展示

    フォンダシオン ルイ・ヴィトンでコートールド・コレクションを展示 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    60年ぶりに一般公開──2019年2月20日(水)から6月17日(月)の期間中、パリのフォンダシオン ルイ・ヴィトンでは英国人実業家で芸術の後援者でもあったサミュエル・コートールドが蒐集したコレクションなどを展示しています。

    フォンダシオン ルイ・ヴィトンにて新たに開催中の「The Courtauld Collection: A Vision for Impressionism」展──本展では、コートールド・ギャラリーをはじめ、世界中のさまざまな公的およびプライベート・コレクション所蔵の絵画60点とグラフィック作品を含む約110点の作品を一堂に公開。1955年のオランジュリー美術館での初展示から60年の時を経て、19世紀末から20世紀初頭にかけての珠玉のフランス絵画を堪能できる機会となっています。これらの作品には、エドゥアール・マネの《フォリー・ベルジェールのバー》(1882)、ジョルジュ・スーラの《化粧する若い女》(1889-90)、ポール・セザンヌの《トランプをする人々》(1892-96)、ファン・ゴッホの《包帯をしてパイプをくわえた自画像》(1889)、ポール・ゴーギャンの《ネヴァモア(横たわるタヒチの女)》(1897)や、サミュエル・コートールドの弟であるステファン・コートールド卿が所有した、ターナーによる一連の10枚の水彩画が含まれています。

    コートールド・コレクションのエキシビションは、フォンダシオン ルイ・ヴィトンが目的としている、美術史において象徴的なコレクターが果たした役割を紹介するということを具現化したものであり、権威ある機関や審美眼を持ったコレクターが蒐集したモダニズムの素晴らしい作品を一堂に集めた「Keys to a passion」展(2014-2015)、「Being Modern: MoMa in Paris」展(2017-2018)、「Icons of Modern Art. The Shchukin Collection」展(2016-2017)など、これまで開催されたエキシビションに続くものとなっています。

    エキシビションの入場券のご購入はこちら(英語・仏語のみ)

    フォンダシオン ルイ・ヴィトン エキシビション 印象派
  • 「オブジェ・ノマド」&「レ・プティ・ノマド」コレクション

    • 「オブジェ・ノマド」&「レ・プティ・ノマド」コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「オブジェ・ノマド」&「レ・プティ・ノマド」コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「オブジェ・ノマド」&「レ・プティ・ノマド」コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「オブジェ・ノマド」&「レ・プティ・ノマド」コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「オブジェ・ノマド」&「レ・プティ・ノマド」コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「オブジェ・ノマド」&「レ・プティ・ノマド」コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 「オブジェ・ノマド」&「レ・プティ・ノマド」コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    「ルイ・ヴィトン オブジェ・ノマド コレクション」の多彩な製品を公式サイトにて新たにご紹介。また公式サイトおよび表参道店では、「ルイ・ヴィトン レ・プティ・ノマド コレクション」の取扱いを開始しました。

    絶え間ない進化を続ける「ルイ・ヴィトン オブジェ・ノマド コレクション」──どれも限定エディションのコレクターズ・アイテムとして知られる、このエクスクルーシブなトラベル&ホーム コレクションの詳細を公式サイトにてご紹介しています。また、この「オブジェ・ノマド コレクション」からインスパイアされ誕生したのが、より小型のアイテムが揃う「ルイ・ヴィトン レ・プティ・ノマド コレクション」。メゾンの洗練と創造性を極めたデザインに、新たに機能性と美しさをプラスした多彩なデコレーション・オブジェで構成され、「オブジェ・ノマド」でも知られる世界的に著名なデザイナーたちがデザインを手掛けています。

    フェルナンド&ウンベルト・カンパーナが手掛けたのは、レザーで覆われたアルミニウム製の「Tropicalist Vase」。パトリシア・ウルキオラは「Overlay Bowl」を、マルセル・ワンダースは2種の「Diamond Mirror」をデザインしました。アトリエ・オイは「Origami Flower」、「Leather Rosace Vase」、「Leather Rosace Tray」、「Flower Field Cushion」といった作品を通じて、レザーの特性を生かしたデザインを追求しました。

    革新的で発明的、ポエティックかつエレガント──各デザイナーの創造力溢れるビジョンに、メゾンのサヴォアフェール(匠の技)と革新的なクラフツマンシップが融合したオブジェは、ご自宅用としてはもちろん、贈り物にも最適です。

    コレクション詳細はこちら
    製品ラインナップはこちら

    オブジェ・ノマド レ・プティ・ノマド デザイナー ホーム コレクション
  • 写真イベント「Paris Photo」x ルイ・ヴィトン 書籍コレクション

    • 写真イベント「Paris Photo」x ルイ・ヴィトン 書籍コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 写真イベント「Paris Photo」x ルイ・ヴィトン 書籍コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 写真イベント「Paris Photo」x ルイ・ヴィトン 書籍コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 写真イベント「Paris Photo」x ルイ・ヴィトン 書籍コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    2018年11月上旬、パリのグラン・パレにて開催された写真イベント「Paris Photo(パリ・フォト)」に合わせ、ルイ・ヴィトンはポップアップ ブックストアをオープン。ルイ・ヴィトン パブリッシングより出版された書籍コレクションが館内の大階段にて紹介されました。

    ルイ・ヴィトンは、「ルイ・ヴィトン シティ・ガイド」と「ルイ・ヴィトン ファッション・アイ」のシリーズを通じて、旅の真髄(こころ)を讃えると共に多彩な写真作品を手掛けてきました。

    その時々のトレンドに忠実でありながら、同時にスタンダードも確立してきた「ルイ・ヴィトン シティ・ガイド」──約20年にわたり、世界の魅力溢れる多彩な都市を、その変貌にも注目しながらご紹介してきました。思いもよらない新たな視点から見つめ直したファッション、デザイン、ライフスタイル、コンテンポラリーアート、グルメ、そしてカルチャーまで多岐に渡る情報の集積は、今では世界30都市に及びます。「ルイ・ヴィトン シティ・ガイド」を彩るオリジナルの写真の数々は、写真家グループ「Tendance Floue(タンダンス・フル)」によるものであり、それによって一貫した視点が全巻を通じて提示されます。2019年最新のパリ編の写真を手掛けたのはパトリック・ツールヌブフ、そしてフランス人フォトグラファーのフランソワーズ・ユギエも自身のお気に入りのアドレスを提供しています。

    また、フォトブック・シリーズ「ルイ・ヴィトン ファッション・アイ」では、著名なファッション・フォトグラファーたちが独自の視点で捉えた多彩な都市、地域、そして国の魅力をご紹介。タイトルごとに、また目的地ごとに変わりゆく複眼的パースペクティブで捉えられた都会のパノラマ、自然の風景、ローカルな生活の1コマ1コマ、そしてより瞑想的な作品──。「ルイ・ヴィトン ファッション・アイ」はまた、新たな才能、ベテランのフォトグラファー、そしてファッションフォトグラフィーのレジェンドの間にこれまでなかったコミュニケーションを創り出しています。

    またこのポップアップ ブックストアでは、「ファッション・アイ」シリーズの写真を手掛けた下記の著名なフォトグラファーたちによるサイン会も開催されました。

    コートニー・ロイ(ファッション・アイ カリフォルニア)
    ハーレー・ウィアー(ファッション・アイ イラン)
    篠山紀信(ファッション・アイ シルクロード)
    ヴィンセット・ヴァン・ド・ウィジェンジャード(ファッション・アイ モロッコ)
    クエンティン・デ・ブリエ(ファッション・アイ バリ)
    ポール・ルストー(ファッション・アイ ジュネーヴ)
    オリビエーロ・トスカーニ(ファッション・アイ クレト・ディ・ブリ)

    ルイ・ヴィトン 書籍コレクションの詳細はこちら

    シティ・ガイド アプリ 書籍 トラベル ファッション・アイ パリ・フォト
  • 新作フォトブックが登場──書籍コレクション「ルイ・ヴィトン ファッション・アイ」

    新作フォトブックが登場──書籍コレクション「ルイ・ヴィトン ファッション・アイ」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    1854年の創業以来、旅の真髄(こころ)の代名詞として知られるルイ・ヴィトン。このたび5冊の新作フォトブックが書籍コレクション「ファッション・アイ」に加わりました。

    今秋、「クレト・ディ・ブリ by オリビエーロ・トスカーニ」、「イラン by ハーレー・ウィアー」、「ジュネーヴ by ポール・ルストー」、「シルクロード by 篠山紀信」、そして「バリ by クエンティン・デ・ブリエ」が新たに仲間入り──5人の著名なファッション・フォトグラファーたちが独自の視点で捉えた多彩な都市、地域、そして国の魅力をお楽しみください。

    ルイ・ヴィトンの最新書籍コレクションとして、「ルイ・ヴィトン ファッション・アイ」はラグジュアリーメゾンが擁するトラベルブックのシリーズに新たな展開をもたらします。親しみ深い場所からなじみの薄い都市まで、ルイ・ヴィトン独自の鋭い視点で幅広いトラベル情報をご紹介する「ルイ・ヴィトン シティ・ガイド」。そしてまるでアーティストたちのノートブックを紐解くようなイメージを喚起する「ルイ・ヴィトン トラベルブック」。この2つのシリーズに続く3つ目の書籍コレクションとなる「ルイ・ヴィトン ファッション・アイ」では、ファッション業界において幾度となくその名を轟かせてきた才能溢れるフォトグラファーたちによって、「ファッション」の存在が間接的に浮き彫りにされるのです。

    新作「ファッション・アイ」の詳細はこちら:
    クレト・ディ・ブリ / イラン / ジュネーヴ / シルクロード / バリ

    【スペシャル・ディプレイのご案内】
    下記期間中、ルイ・ヴィトン 六本木ヒルズ店および新宿店では「シルクロード by 篠山紀信」の発刊を記念し、本書籍のスペシャル・ディスプレイをご覧いただけます。

    ルイ・ヴィトン 六本木ヒルズ店
    2018年11月2日(金)-20日(火) 12:00-21:00
    *11月3日(土・祝) 展示エリアへの入場は17:00まで

    ルイ・ヴィトン 新宿店
    2018年11月2日(金)-20日(火) 11:00-20:00
    *11月17日(土)は15:00まで

     

    書籍 トラベル 写真
  • 最新版「ルイ・ヴィトン シティ・ガイド」

    • 最新版「ルイ・ヴィトン シティ・ガイド」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 最新版「ルイ・ヴィトン シティ・ガイド」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    新たな旅を体験できる、「ルイ・ヴィトン シティ・ガイド」の最新エディションをご紹介。

    旅の必需品ともいえる「ルイ・ヴィトン シティ・ガイド」──現在、世界30都市のトラベル情報を書籍またはモバイル・アプリ版でお楽しみいただけます。各都市の最新トレンドを集約した各ガイドは、ビジネストリップやトラベル、ローカルの人々にも寄り添う最先端のトラベル・アイテム。

    1998年の発売以来、ルイ・ヴィトンは独自のノマド的な感性を「シティ・ガイド」に注ぎ込み、厳選されつつも、オリジナルの必見スポットをご紹介してきました。

    最新のパリ編では、今年の最新アドレスを集約。バンコク、シカゴ、イスタンブール、ロサンゼルス、マイアミ、リオデジャネイロ 、ローマ、上海、ヴェネツィアと並ぶアップデートです。さらに今回、新たな都市としてマドリードも加わりました。

    モバイル・アプリのパリ編はApp Storeにて無料でダウンロードいただけます。また、2018年11月15日(木)から2019年2月1日(金)の期間中は、上海編も無料でお楽しみいただけます。

    ルイ・ヴィトンが誘う、魅惑的な都市の冒険へ──

    *書籍のうち一部都市は英語版のみで展開中です。
    *モバイル・アプリは英語/仏語/中国語のみでご利用いただけます。

    「ルイ・ヴィトン シティ・ガイド」のラインナップはこちら
    モバイル・アプリのダウンロードはこちら

    シティ・ガイド アプリ 書籍 トラベル