• エスパス キュルチュレル ルイ・ヴィトン 『ASTRALIS』展

    • エスパス キュルチュレル ルイ・ヴィトン 『ASTRALIS』展 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • エスパス キュルチュレル ルイ・ヴィトン 『ASTRALIS』展 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • エスパス キュルチュレル ルイ・ヴィトン 『ASTRALIS』展 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • エスパス キュルチュレル ルイ・ヴィトン 『ASTRALIS』展 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • エスパス キュルチュレル ルイ・ヴィトン 『ASTRALIS』展 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • エスパス キュルチュレル ルイ・ヴィトン 『ASTRALIS』展 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • エスパス キュルチュレル ルイ・ヴィトン 『ASTRALIS』展 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    2014年5月11日(日)まで、パリのエスパス キュルチュレル ルイ・ヴィトンでは23回目となる新たなエキシビションを開催中。訪れる者を底知れぬ未知の深淵を探る旅へと誘います。

    19世紀初頭のドイツ・ロマン主義の著名な詩人、ノヴァーリスの詩に基づく『ASTRALIS』に表現されているのは“当惑する自己”──それは、夢と現実の間を彷徨う者たち、また本エキシビションのアーティストや観客と同様に可視と不可視の境を生きる者たちともいえるでしょう。

     「Musée de l'Invisible(見えざるものの美術館)」のキュレーター、パスカル・ピック氏によって選ばれた12人の世界的なアーティストの作品には、神秘的で捉えどころのない世界観が巧みに再現されています。ぜひこの機会に彼らが創造する異次元をご体感ください。

    アーティスト:
    Børre Saethre(© Maxime Dufour/ Louis Vuitton), Damien Deroubaix (© Pauline Guyon/ Louis Vuitton), Myriam Mechita (© Myriam Mechita), Jean-Luc Favero (© Claire-Noëlle Mouy), Art Oriente Objet (Marion Laval Jeantet and Benoit Mangin) (© Pauline Guyon/ Louis Vuitton), Charley Case (© Charley Case), David Altmejd (© Pauline Guyon/ Louis Vuitton)

    Espace culturel エキシビション
  • エスパス ルイ・ヴィトン東京 『Traces of Disappearance (消失の痕跡)』展

    • エスパス ルイ・ヴィトン東京 『Traces of Disappearance (消失の痕跡)』展 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • エスパス ルイ・ヴィトン東京 『Traces of Disappearance (消失の痕跡)』展 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • エスパス ルイ・ヴィトン東京 『Traces of Disappearance (消失の痕跡)』展 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • エスパス ルイ・ヴィトン東京 『Traces of Disappearance (消失の痕跡)』展 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • エスパス ルイ・ヴィトン東京 『Traces of Disappearance (消失の痕跡)』展 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    エスパス ルイ・ヴィトン東京では2014年4月13日(日)まで『Traces of Disappearance (消失の痕跡)』を開催中です。

    エスパス ルイ・ヴィトン東京は、第9回目のエキシビションとして、ミュリエル・ラディックとエヴァ・クラウスの2人をキュレーターとして迎えたグループ展『Traces of Disappearance (消失の痕跡)』を開催中です。

    「保存と腐朽」や、「永遠性の希求と儚さ」など、相反する要素が共存する「両価性」をテーマとした今回の展覧会は、見る者を「時の経過」の考察の旅へと誘います。人間や、人間によって作られたものを含め、永遠に存在するものなどこの世にはなく、あらゆるものは時の影響を受けます。今回の展覧会では、4組のアーティスト──畠山直哉、カスパー・コーヴィッツ、アンヌ&パトリック・ポワリエ、袁廣鳴(ユェン・グァンミン)──が参加しており、グミキャンディから生きている鳥まで、多種多様なモチーフや物質、媒体を用いてそれぞれにこの概念を表現します。

    人間の実存に深くかかわる問いかけが、普遍的な衝撃をもたらすことを認識させてくれる展覧会をお楽しみください。

    『Traces of Disappearance (消失の痕跡)』
    会期: 2014年1月18日(土)~ 4月13日(日)
    会場: エスパス ルイ・ヴィトン東京
    住所: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン 表参道ビル 7 階
    電話: 03-5766-1094
    開館時間: 12:00‐20:00
    休館日: 不定休
    入場料: 無料
    エキシビションの詳細はこちら

    ©Louis Vuitton / Jérémie Souteyrat, Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo

    エキシビション Espace culturel 写真
  • 3つのバッグと3つの冒険

    情熱溢れる3人の冒険者たちの視点から捉える、男たちのワードローブとは──

    フィレンツェ、ハバナ、そしてカナダの深い森の中へ──彼らが愛用するバッグを追いながら、それぞれ異なる情熱を抱く3人の冒険家たちの軌跡を辿ってみましょう。偉大な映画監督たちの作品を撮り続けるイタリアの撮影カメラマン、キューバでデータや他のアーチファクトを収集する海洋学者、そしてカナダの森深く人里離れた山小屋で一人ひっそり暮らす現代の植物学者のワードローブを通して、彼らのスタイルを垣間見ることができます。

    「冒険者たちの旅、世界、アイコンバッグ──」では、男性のワードローブに必要不可欠な3つのアイコニック・モデルを捉えています。異なるTPOに合わせ、汎用性に富み、それぞれのニーズに合わせた使い方が可能です。彼らのアドベンチャーライフを通して、それぞれの世界観を体感してください。

    製品コレクションはこちら

    レザーグッズ メンズ ビデオ
  • レットマンからのポストカード

    • レットマンからのポストカード - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • レットマンからのポストカード - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ポップアップストア「L’Aventure」の壁面ペイントアートを手掛けたグラフィックアーティスト レットマンから、ポストカードが届きました。

    オランダ出身の才能豊かなカリグラファー兼イラストレーター、そしてグラフィックアーティストとしても知られるレットマン。パリのモンテーニュ通り22番地にあるルイ・ヴィトンの期間限定ポップアップ・ストア「L’Aventure」では、彼の印象的な壁面アートを見ることができます。

    「L’Aventure」はマルチな分野で活躍するエディター、タイラー・ブリュレ氏とのコラボレーションにより実現し、旅のエキスパートであるルイ・ヴィトンに焦点を当てた今までにはない空間です。この店舗では世界を巡る旅人たちに愛用してもらうべく、限定製品のみならず、数多くのユニークなサービスもご用意しています。ルイ・ヴィトンの卓越したクラフツマンシップによるパーソナライゼーション・サービス(スペシャル・オーダー、モン・モノグラム、ペインティング、イニシャルホットスタンピング等)をはじめ、旅する際の荷造りのヒントをご紹介する「アート・オブ・パッキング」や、リペアおよびアフターサービスも承ります。

    さぁ、旅行鞄を持ってルイ・ヴィトンとともに旅立ちましょう──ポップアップストア「L’Aventure」は2013年12月31日(火)まで期間限定でオープンしています。

    ストア キュレーター イラストレーション ポストカード
  • シャルロット・ペリアンの『la Maison au bord de l'eau (限りなく水に近い家)』

    • シャルロット・ペリアンの『la Maison au bord de l'eau (限りなく水に近い家)』 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • シャルロット・ペリアンの『la Maison au bord de l'eau (限りなく水に近い家)』 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • シャルロット・ペリアンの『la Maison au bord de l'eau (限りなく水に近い家)』 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • シャルロット・ペリアンの『la Maison au bord de l'eau (限りなく水に近い家)』 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • シャルロット・ペリアンの『la Maison au bord de l'eau (限りなく水に近い家)』 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    フランスの建築家兼デザイナーであるシャルロット・ペリアンがコンセプトを考案してから80年──ルイ・ヴィトンはその独創的な『la Maison au bord de l'eau (限りなく水に近い家)』を再現し、アート・バーゼル・マイアミ・ビーチにて2013年12月4日(水)~8日(日)まで公開します。

    1934年に考案されたこのプロジェクトは、フランスの権威ある建築雑誌「L’Architecture d’Aujourd’hui(現代建築)」主催のデザインコンテストで第2位に輝きました。天然素材を使用し、幅広い層を対象とする手ごろな価格のセカンドハウスをもっと広めようというのがこのプロジェクトのコンセプトでした。インテリアや建築の分野でのパイオニアであるシャルロット・ペリアンは、後にこのアイディアをもとに富裕層のバカンスのためのセカンドハウスも幾つか考案しましたが、このプロジェクトは初期のコンセプト段階で留まっていました。

    このプロジェクトの再現にあたり、オリジナルの図面と注釈を実際の構造に置き換えるための脚色が必要でしたが、メゾンの持つ卓越したノウハウとシャルロット・ペリアン建築チームの協力によって、先見性に恵まれたこの女性建築家のエスプリが余すところなく再現されています。彼女が考案した3脚のヴィンテージのタブレットスツールは、既存のモデルをベースに「カッシーナ」がデザインしたチェアーとともに、このモデルハウスのオリジナルの調度品に加えられています。

    シャルロット・ペリアン エキシビション 建築 コラボレーション