• エスパス ルイ・ヴィトン東京 『Le fil rouge』展

    • エスパス ルイ・ヴィトン東京 『Le fil rouge』展  - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • エスパス ルイ・ヴィトン東京 『Le fil rouge』展  - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • エスパス ルイ・ヴィトン東京 『Le fil rouge』展  - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • エスパス ルイ・ヴィトン東京 『Le fil rouge』展  - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • エスパス ルイ・ヴィトン東京 『Le fil rouge』展  - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    エスパス ルイ・ヴィトン東京では、ミュンヘン・パリの2館に続き、国際的に活躍する現代アーティスト8人によるグループ展『Le fil rouge (赤い糸)』展を開催いたします。

    昨年開催されたオープンスタジオプログラム『IN SITU-1』において、公開制作という共通コンセプトのもと、そのパートナーシップをさらに強固なものにしたエスパス ルイ・ヴィトン。今回のエキシビション『Le fil rouge』では、ミュンヘン・パリ・東京の3館で1つのテーマを軸に、会場ごとに独自の解釈を展開した作品が同時に披露されます。

    『Le fil rouge』では、糸を主要な表現媒体として、現代アーティストたちが独自の世界を創りあげます。鉛筆や絵具とは異なり、それ自体完成形と結び付けられることはない糸の持つ物質性が無限の芸術的表現・探究を刺激します。キャンバスの断片同士を縫い合わせた作品や、異なる長さの糸をさまざまなスケールや多様な形状に張り渡すことで、彫刻のような作品を作り上げ、空間に線を描き、建築的原理を形にしたり、一見すると物理の法則に反するかのような作品が生まれました。

    各エスパスでは、「糸」という共通のテーマのもと、8名のうち4名の作品を展示するとともに、他2館で紹介されるアーティストや作品に言及することによって、3館を繋ぐ興味深い対話が生まれます。エスパス ルイ・ヴィトン 東京では、ガーダ・アメール、マイケル・レデッカー、タティアナ・トゥルヴェの作品が展示されます。また、ハンス・オプ・デ・ベークが、ルイ・ヴィトン東京のサポートにより今回のテーマに沿って制作した映像作品《The Thread》が3館共通で上映されます。

     『Le fil rouge』
    会期: 2015年4月8日(水)~ 5月31日(日)
    会場: エスパス ルイ・ヴィトン東京
    住所: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-7-5 ルイ・ヴィトン 表参道ビル 7 階
    電話: 03-5766-1094
    開館時間: 12:00‐20:00
    休館日: 不定休
    入場料: 無料

    エキシビションの詳細はこちら

    Graphic by ©Hideki Inaba, 2014

    © Jérémie Souteyrat / Louis Vuitton, © JASPAR, Tokyo, 2015, Courtesy of Espace Louis Vuitton Tokyo

    エキシビション Espace culturel 写真
  • 南国の大地と海に想いを馳せる2015サマー・コレクション

    • 南国の大地と海に想いを馳せる2015サマー・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 南国の大地と海に想いを馳せる2015サマー・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 南国の大地と海に想いを馳せる2015サマー・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 南国の大地と海に想いを馳せる2015サマー・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 南国の大地と海に想いを馳せる2015サマー・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • 南国の大地と海に想いを馳せる2015サマー・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    エキゾチックで遥かなる大地を想わせるルイ・ヴィトンの新作サマー・コレクション。

    フォトグラファー キャスパー・セイエルセンがマイアミで捉えたサマー・コレクション――そこには2つの主要なテーマが表現されています。

    1つは、1960年代半ばに制作された「Volez, Voguez, Voyage」の広告から着想を得た、メゾンのシンボルである「V」をイメージしたもの。20世紀の冒険家が愛用した旅行鞄専門店としてのルイ・ヴィトンのDNAを彷彿させます。

    そしてもう1つの「ラマージュ(サンゴ)」プリントは、海中に広がる色鮮やかな世界から着想を得ています。

    サマー・コレクション ラインナップはこちら

    レザーグッズ 写真
  • THE SPIRIT OF TRAVEL

    • THE SPIRIT OF TRAVEL - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • THE SPIRIT OF TRAVEL - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • THE SPIRIT OF TRAVEL - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • THE SPIRIT OF TRAVEL - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • THE SPIRIT OF TRAVEL - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • THE SPIRIT OF TRAVEL - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • THE SPIRIT OF TRAVEL - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • THE SPIRIT OF TRAVEL - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • THE SPIRIT OF TRAVEL - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    フォトグラファー パトリック・デマルシェリエが手掛けるルイ・ヴィトンの最新広告キャンペーン「The Spirit of Travel」第2弾が幕を開けます。

    アフリカのサバンナを通り抜けた夢のようなサファリに続き、今回ルイ・ヴィトンが旅に向かった先はカリブ海。光り輝く太陽のもと、空と海の間を進む船に積まれたトランク。美しい女性たちが、カリブ海の心躍る風景に花を添えます。

    プレシャスなトランク、独特なラゲージ、誰もが知るバッグが次々と登場し、生き生きとした自然と調和を奏でます。海や砂浜、草木を思わせる色彩が広がり、ルイ・ヴィトンのレザーグッズのすべてが、一筋の光のように輝きを放ちます。

    広告キャンペーン トランク レザーグッズ 写真
  • EPI LANDSCAPES──エピのある風景

    ルイ・ヴィトンの最新広告キャンペーン「The Spirit of Travel」第2弾は、さらなる卓越を求める旅へと誘います。

    遥かなる水平線を目指し、新たな冒険の旅へ──それは、遠い昔から「ルイ・ヴィトン」で想起される旅のエスプリ。ラグジュアリーに包まれて、ファッションの世界を探求するオデュッセイア。エレガンスの中にある洗練された旅です。

    メゾンの歴史に欠かすことのできないエピ・レザー。ハードトランクからスーツケース、アイコンバッグ「アルマ」、新作バッグ「LV ツイスト」にいたるまで──鮮やかなカラートーンと、絶え間ないさざ波を想わせる美しいエピ・レザーがこれまでになく際立ちます。

    広告キャンペーン トランク レザーグッズ ビデオ Epi leather
  • オラファー・エリアソン展「Contact」を開催

    • オラファー・エリアソン展「Contact」を開催 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • オラファー・エリアソン展「Contact」を開催 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • オラファー・エリアソン展「Contact」を開催 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • オラファー・エリアソン展「Contact」を開催 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • オラファー・エリアソン展「Contact」を開催 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」はアートプログラムの第2弾として、2014年12月17日(水)~2015年2月16日(月)までオラファー・エリアソンの壮大なエキシビションを開催します。

    「Contact」と題されたオラファー・エリアソンのエキシビションでは、「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」の中に宇宙を創り、「自己、空間、宇宙の関連性」を探求します。

    エリアソンのフランス国内初となる個展は、2002年にパリ市立近代美術館で開催されました。それ以来、フランス国内で2度目の個展となる今回の「Contact」展では、躍動する光と影のダンスが観客を包み込み、まるで漆黒の宇宙空間へと吸い込まれるような錯覚に陥ります。知覚のメカニズムと空間の構造に対するエリアソンの飽くなき探求は、特設通路全体に散りばめられた無数の小さなオプティカルデバイスにも表現されています。

    オラファー・エリアソンは、「この個展で取り上げたのは、私たちの五感と知識、想像力、予想などの限界にあるものです。私たち1人1人にとっての既知と未知を隔てる境界線がテーマなのです」と語ります。

    チーフ・キュレーター:スザンヌ・バジェ
    キュレーター:ローレンス・ボッセ、ハンス・ウルリッヒ・オブリスト、クレール・ステーブラー
    協力:オラファー・エリアソンと彼のスタジオ

    詳細は「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」公式サイトをご覧ください。

    フォンダシオン ルイ・ヴィトン エキシビション Olafur Eliasson