• エスパス ルイ・ヴィトン東京にて開催中――クリスチャン・ボルタンスキーによる展覧会

    • エスパス ルイ・ヴィトン東京にて開催中――クリスチャン・ボルタンスキーによる展覧会 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • エスパス ルイ・ヴィトン東京にて開催中――クリスチャン・ボルタンスキーによる展覧会 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • エスパス ルイ・ヴィトン東京にて開催中――クリスチャン・ボルタンスキーによる展覧会 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    エスパス ルイ・ヴィトン東京では、フランス人アーティスト、クリスチャン・ボルタンスキーの作品を紹介する展覧会を11月17日(日)まで開催中。

    クリスチャン・ボルタンスキーは現代アート界の中心的な存在であり、活動中のフランス人アーティストの中で最も影響力を持つ人物と言えます。彼は、1967年以来、著述、フィルム、彫刻、写真などを表現手段とする、多岐にわたる芸術スタイルを追求してきました。彼の主要な関心事は記憶・追悼と時間であり、自身の人生、そして無名もしくは身元不明の人々の人生の出来事に題材を求め、自伝的要素や歴史に言及する制作に取り組んでいます。《アニミタス》はボルタンスキーの近年における最も野心的なプロジェクトの1つです。人里離れた広大な野外に設置されたインスタレーション──そこには、彼が生まれた夜、1944年9月6日の星座の配列を忠実になぞるよう風鈴が配置されています。

     

    今回、エスパス ルイ・ヴィトン東京では、フォンダシオン ルイ・ヴィトンによるプログラム「Hors-les-murs (壁を越えて)」の一環として、《アニミタス》シリーズから2つのチャプター、日本の豊島で撮影された(《ささやきの森》、2016年)と、イスラエルの死海のほとりで撮影された(《死せる母たち》、2017年)を上映。これらの2作品から聞こえてくる風鈴のやさしい音色は、ボルタンスキーが語る「星々の音楽と漂う魂の声」を連想させます。

    ルイ・ヴィトン 表参道店 7階のアートスペース「エスパス ルイ・ヴィトン東京」は、まるで空に浮かぶガラス張りの異空間。自然光が降り注ぐ昼、東京の夜景と作品を一緒に楽しめる夜──訪れる時間帯や季節によって新たなインスピレーションを与えてくれる空間にて、ぜひ本展をご堪能ください。

    Christian Boltanski, ANIMITAS (LA FORÊT DES MURMURES), 2016
    Christian Boltanski, ANIMITAS (MÈRES MORTES), 2017
    © ADAGP Paris, 2019

    エスパス ルイ・ヴィトン東京

    〒150-0001
    東京都渋谷区神宮前5-7-5
    ルイ・ヴィトン表参道ビル 7F
    Tel.03-5766-1094
    開催期間:11月17日(日)まで
    12:00-20:00 (エキシビション会期中のみ)
    ※休館日はルイ・ヴィトン 表参道店に準じます。

    入場無料

    「エスパス ルイ・ヴィトン東京」の詳細へ

    エキシビション フォンダシオン ルイ・ヴィトン Hors les murs
  • Louis Vuitton X Exhibition: オープニング

    • LOUIS VUITTON X EXHIBITION: OPENING - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LOUIS VUITTON X EXHIBITION: OPENING - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LOUIS VUITTON X EXHIBITION: OPENING - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LOUIS VUITTON X EXHIBITION: OPENING - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LOUIS VUITTON X EXHIBITION: OPENING - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • LOUIS VUITTON X EXHIBITION: OPENING - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ビバリーヒルズで開催中のエキシビション「Louis Vuitton X」のオープニングイベントに、世界中からメゾンの友人たちが駆け付けました。

    6月27日──ルイ・ヴィトンのコラボレーションが一堂に会する新たなエキシビション「Louis Vuitton X」を祝し、ビバリーヒルズを象徴するノースロデオドライブ468番地にてオープニングイベントが開催されました。世界中から集まったゲストたちは、メゾンの160年以上にわたるクリエイティブな交流やアーティストとのコラボレーションの軌跡を振り返り、ルイ・ヴィトンが追求し続ける「過去と未来」、「ヘリテージとモダニティ」、そして「サヴォアフェール(匠の技)とイノベーションとの対話」を体現した心躍る冒険の旅を堪能しました。

    ゲスト:アリシア・ヴィキャンデル、ミランダ・カー、ジェイデン・スミス、オーランド・ブルーム、ミリー・ボビー・ブラウン、ジェニファー・コネリー、ニーナ・ドブレフ、ローラ・ハリアー、 ヘイリー・スタインフェルド、エマ・チェンバレン、ドラン兄弟) 他。

    詳細はこちら

    エキシビション メゾンの友人 アーティスティック・コラボレーション
  • Louis Vuitton X Exhibition

    ルイ・ヴィトンは、ビバリーヒルズにてエキシビション「Louis Vuitton X」を開催。メゾンの160年以上にもわたる歴史を通じ、クリエイティブな交流やアーティストとのコラボレーションの軌跡を振り返ります。

    ビバリーヒルズを象徴するノースロデオドライブ468番地にて──2フロアにわたり展開されるエキシビション「Louis Vuitton X」は、ルイ・ヴィトンのアーカイヴから抜粋した180点以上のアイテムとデジタル・シノグラフィを通して、常に時代の先端を駆け抜けてきたメゾンのクリエイティブな旅を辿ります。20世紀初頭の素晴らしいスペシャルオーダーのトランクをはじめ、創業者ルイ・ヴィトンの孫ガストン‐ルイ・ヴィトンがデザインを手掛けた美しいアールデコ様式の香水瓶やウィンドウ・ディスプレイ、カール・ラガーフェルドや川久保玲、シンディ・シャーマン、フランク・ゲーリーなどの著名なアーティストやデザイナーが再解釈したアイコニックなモノグラムのバッグ、そして、同じくアーティストの草間彌生やリチャード・プリンス、ザハ・ハディドなどが手掛けた独創的なコラボレーションアイテムの数々が一堂に会し、展示されます。

    本展「Louis Vuitton X」は、魅力溢れる豊かな体験をもたらすと共に、ルイ・ヴィトンが追求し続ける、過去と未来、ヘリテージとモダニティ、そしてサヴォアフェール(匠の技)とイノベーションとの対話に入り込むような心躍る冒険の旅へと誘います。

    「Louis Vuitton X」

    468 North Rodeo Drive
    Beverly Hills, CA 90210

    開催期間
    2019年6月28日(金)-11月10日(日)
    (月)-(土):10:00-19:30
    (日):11:00-18:30
    入場無料

    「Louis Vuitton X」の詳細へ

    エキシビション アーティスティック・コラボレーション アーティーカプシーヌ
  • フォトブック「ファッション・アイ」に新作登場──サントロペ by オスマ・ハヴィラティ

    • フォトブック「ファッション・アイ」に新作登場──サントロペ by オスマ・ハヴィラティ - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • フォトブック「ファッション・アイ」に新作登場──サントロペ by オスマ・ハヴィラティ - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • フォトブック「ファッション・アイ」に新作登場──サントロペ by オスマ・ハヴィラティ - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • フォトブック「ファッション・アイ」に新作登場──サントロペ by オスマ・ハヴィラティ - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ルイ・ヴィトンの書籍コレクション「ファッション・アイ」より、最新作「サントロペ by オスマ・ハヴィラティ」が発刊されました。

    フィンランド人の写真家、オスマ・ハヴィラティ。彼がレンズを向けたのは慌ただしいトラベラーではなく、断片的な痕跡や名もない地元の人々の顔でした。世界で彼が直接体験したことから生まれるハヴィラティの写真は、根本的に彼の周りの世界で起こった自発的行為や微妙な差異を切り取ったドキュメンタリー的な性質を持っています。訪れる場所やその途中で出逢った人々についての個人的なプロジェクトを計画し、周囲にある最も本質的で生き生きとしたディティールを選び出してフレームの中に収めていきます。

    初期の頃の作品にはストリート写真への興味と、バウハウス運動における明確なラインや幾何学的な形状を好む傾向が見られましたが、日常の現象を構成するものを収集・捕捉するような感受性を持つ作品へと徐々に進化を遂げました。色鮮やかでクリーンなグラフィックを生み出す研ぎ澄まされたハヴィラティの審美眼は、誠実に様式、影、形、そして表面を見つめています。

    「サントロペ by オスマ・ハヴィラティ」の詳細へ

    書籍 トラベル 写真
  • フォトブック「ファッション・アイ」に新作登場──フレンチ・リヴィエラ by スリム・アーロンズ

    • フォトブック「ファッション・アイ」に新作登場──フレンチ・リヴィエラ by スリム・アーロンズ - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • フォトブック「ファッション・アイ」に新作登場──フレンチ・リヴィエラ by スリム・アーロンズ - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • フォトブック「ファッション・アイ」に新作登場──フレンチ・リヴィエラ by スリム・アーロンズ - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    • フォトブック「ファッション・アイ」に新作登場──フレンチ・リヴィエラ by スリム・アーロンズ - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    ルイ・ヴィトンの書籍コレクション「ファッション・アイ」より、最新作「フレンチ・リヴィエラ by スリム・アーロンズ」が発刊されました。

    サントロペ、カンヌ、アンティーブ、サン=ジャン=カップ=フェラ、そしてモナコ──フレンチ・リヴィエラは、セレブリティや社交界、そしてジェットセッターなどから長い間支持されてきた最も光り輝く場所の1つです。絶大な人気を誇るアメリカ人写真家スリム・アーロンズの「魅力的な場所で、魅力的に振る舞う、魅力的な人々だけを被写体とすること」という信念はまさに、ルイ・ヴィトンの「ファッション・アイ」においてフレンチ・リヴィエラのエスプリを捉えるのに相応しいと言えるでしょう。

    スリム・アーロンズは、第二次世界大戦中に戦場カメラマンとしてのキャリアをスタートさせました。その後『LIFE』、『Holiday Magazine』、『Flair』、『Harper's BAZAAR』、『VOGUE』など、時代を先取りする著名な雑誌に彼の写真が掲載されるようになりました。彼は、財界人や社交界でのセレブリティの素顔を捉えた写真で知られており、それらは1990年代以降、多くのファッションデザイナーに多大な影響を与え、彼ならではの独特の世界観を確立しています。本作では、1950年代から1980年代にかけてフレンチ・リヴィエラで撮影されたアーロンズの写真を集約した1冊です。

    「フレンチ・リヴィエラ by スリム・アーロンズ」の詳細へ

    書籍 トラベル 写真