戻る

2019秋冬ウィメンズ・ファッションショー:ハイライト映像

パリのルーヴル美術館にて披露されたルイ・ヴィトン 2019秋冬ウィメンズ・ファッションショーのハイライト映像をお楽しみください。

パリのポンピドゥ・センターは、大胆な構造と歴史的なロケーションが見事に調和した、20世紀を象徴する建築の1つ。1977年に開館して以来、しばしば論争の的にもなったこのモニュメントが、ルイ・ヴィトン 2019秋冬ウィメンズ・ファッションショーのためにルーヴル美術館に再現されました。ルイ・ヴィトン ウィメンズ アーティスティック・ディレクター ニコラ・ジェスキエールを象徴するテーマ──新旧の融合にオマージュを捧げています。

この圧巻のセットを背景にヴェールを脱いだ2019秋冬ウィメンズ・コレクションが描き出すビジョン──それは、ポテンシャルに確信を持ち、強い信念のもと、その手段を把握しているファッションの在り方。若さからくるエネルギーが、そのスタイリッシュな基盤を創り上げています。ニコラ・ジェスキエールは、ポンピドゥ・センターとその周辺の様子について、次のように語っています:「この辺りはまさに魅惑的な孵卵器のようです。あらゆる要素が交じり合い、1つの中心に集中している。集団、スタイル、生き方......メルティング・ポット社会に仕立てた印象がとても気に入っています。僕はこれを、多彩な一面を持つルイ・ヴィトンに置き換えたのです」。

2019秋冬ウィメンズ・ファッションショーを観る

ファッションショー ニコラ・ジェスキエール 秋冬