戻る

<ショートフィルム>2018秋冬ウィメンズ・コレクション

エレガントな折衷様式と精緻なクラフツマンシップを体現した、ニコラ・ジェスキエールによるルイ・ヴィトン 2018秋冬ウィメンズ・コレクションをご紹介。

豊かな個性とインスピレーションの深さを感じさせるデザインが特徴的な2018秋冬ウィメンズ・コレクションより、キールックやアクセサリーを捉えた最新のショートフィルムが到着。今回のプレタポルテ(洋服)を生み出すにあたり、ニコラ・ジェスキエールが注目したのはコンテンポラリーなサヴォアフェール(匠の技)──手作業で刺繍されたビスチェにはクロシェット・テクニックを用いてメタリックな光沢を、ツイードのジャケットには伝統的なパターンを強調するチェーンのエンブロイダリーが手縫いで施され、煌めきをプラス。カラーブロックが特徴のドレスやトップスはシルクとジャージー素材のインレイを施し、今コレクションのエレガントな雰囲気とスポーツ・シックなスタイルのコントラストを体現しています。クラフツマンシップとアーティスティックな装飾の両方が融合したパンプス「ヘッドライン」は、ハンドペイントを施したオーストリッチレザー、パイソンレザーで包まれたヒール、そして手作業であしらわれたゴールドのアクセサリーが際立つデザイン。多様なディテールで成り立った本コレクションに息づく語り切れない程の多彩な魅力──こだわり抜いた無数のパーツが重なり合い、新たなステートメントとしてそれぞれのモデルから魅力が放たれます。

2018秋冬ウィメンズ・コレクションの広告キャンペーンはこちら

*7月下旬より順次発売予定、一部製品国内取扱いなし

タグ: ニコラ・ジェスキエール, プレタポルテ(洋服)