戻る

パトリック-ルイ・ヴィトン追悼──

哀悼の意を込めて──パトリック-ルイ・ヴィトンが逝去

ルイ・ヴィトン CEO マイケル・バークは、次のように追悼しました──「今朝、私たちは皆同じ悲しみを共有しています。パトリック-ルイ・ヴィトンは、ヴィトン家とメゾンを象徴する存在でした。彼の友人や家族、特に彼の息子であるピエール-ルイとブノワ-ルイ、そして私たちと共に働く彼の孫たちにも同様に、すべてのチームを代表してお悔やみ申しあげます」。

パトリック-ルイ・ヴィトンは家族の伝統に従って、1973年に大工職人としてメゾンに加わりました。彼は生涯をかけて製品の卓越性と創造性を追求しながら、ブランドが脈々と受け継ぐ「旅の真髄(こころ)」を体現した何百点もの素晴らしいトランクを開発・製作し、メゾンが誇るサヴォアフェール(匠の技)を完璧なまでに形にしました。パトリック-ルイは前衛的で現代的な精神を持ち、「ジュラ地方ならではの気の強い性格」という皮肉めいた言葉で自らの性格を表現したこともありました。常に彼はメゾンのヘリテージを育み、未来へのヴィジョンを切り拓く方法を知っていたのです。「サヴォアフェール(匠の技)が存在し続けられる唯一の方法は、継承のみです」というのは、彼のお気に入りの表現でした。パトリックの死は人々から深く惜しまれ、特にアニエールのスペシャル・オーダーを取扱うアトリエや彼と共に働いていた仲間たちの心に強く残り続けることでしょう。

パトリック-ルイ・ヴィトン トリビュート