戻る

2018秋冬ウィメンズ・コレクションのサヴォアフェール(匠の技)に注目

  • 2018秋冬ウィメンズ・コレクションのサヴォアフェール(匠の技)に注目 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
  • 2018秋冬ウィメンズ・コレクションのサヴォアフェール(匠の技)に注目 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
  • 2018秋冬ウィメンズ・コレクションのサヴォアフェール(匠の技)に注目 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
  • 2018秋冬ウィメンズ・コレクションのサヴォアフェール(匠の技)に注目 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
  • 2018秋冬ウィメンズ・コレクションのサヴォアフェール(匠の技)に注目 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
2018秋冬ウィメンズ・コレクションの至るところに息づく、ルイ・ヴィトンならではの特別なノウハウをご紹介。

ルイ・ヴィトンが誇るサヴォアフェール(匠の技)を体現した、今シーズンの多彩なプレタポルテ(洋服)、シューズ、そしてバッグ──たとえば、ドレープ・ビスチェに手刺繍で施した流れるようなビーズ、ツイード地に手作業で縫い付けたチェーン、4時間におよぶ細工を経て完成したシルクブレンドガザルのプリーツなど、特徴的なディテールが際立ちます。

また、シューズ「ヘッドライン・ライン パンプス」は、ブラックのカーフレザー、ホワイトのオーストリッチレザー、そしてパイソンレザーの素材をミックスし、そこにブラックのドット柄をハンドペイントするなど、複数におよぶ工程を手作業で行っています。

構造面、装飾面のどちらにも必要とされるノウハウは、今日まで受け継がれるメゾンの伝統技術によるもの。これらのアイテムを身に纏ったり、手にすることは、現代の技術や美学に敬意を払うことでもあるのです。

2018秋冬広告キャンペーンを見る
ルックブックを見る

タグ: プレタポルテ(洋服), ニコラ・ジェスキエール