戻る

2019プレフォール・コレクション

  • 2019プレフォール・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
  • 2019プレフォール・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
  • 2019プレフォール・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
  • 2019プレフォール・コレクション - LV NOW/ルイ・ヴィトン
ニコラ・ジェスキエールが手掛けるルイ・ヴィトン 2019プレフォール・コレクション──女性の多様性を表現する17人のミューズが登場。  

2019プレフォール・コレクションで、ウィメンズ アーティスティック・ディレクターのニコラ・ジェスキエールは、洗練されながらも自由なルックを表現するために、メゾンの友人でもある17人のミューズ──タンディ・ニュートン、ミシェル・ウィリアムズ、ペ・ドゥナ、サマラ・ウィーヴィング、ソフィー・ターナー、インディア・ムーア、クロエ・モレッツ、ローラ・ハリアー、ライリー・キーオ、ケレラ、ウッラサヤー・セパーバン、ゾン・チュイ、ルース・ネッガ、ケルシー・チャウ、アリシア・ヴィキャンデル、レア・セドゥ、そしてジェニファー・コネリーを起用。ニコラ・ジェスキエールは「彼女たちはルイ・ヴィトンが体現するファッションのさまざまな魅力を1つにする存在です。スターや新人に関わらず、全員が自身の選択において同じ意志と自信を持ち、同時に女性としてのアイデンティティ、折衷主義を体現しているのです」と語ります。

2つの対照的な感性を1つにした2019プレフォール・コレクション──都会的なムードと、週末のリラックスした気分が交差するように、シティとカントリー、2つの異なるスタイルがワードローブで融合。田園を想わせるプリントやタータンチェックのテーラードライン、花柄のブラウスや流線型のパンツ、プリーツスカート、そしてオーバーサイズのジャンパーなど異なるジャンルが出逢い、大胆で折衷的なルックを生み出しました。

2019プレフォール・コレクションの詳細へ

セレブリティ プレフォール