戻る

新たな視点で捉えた2020秋冬メンズ・ファッションショー

アーティスト兼映画監督の石原海が独自の視点で捉えた、ルイ・ヴィトン 2020秋冬メンズ・ファッションショーのショートフィルム。

シュールレアリズムとは、平凡なものを非凡にするという本能的な行為──身近なものを抽象化することにより、日常の境界線が広がり、何事にも臆しない視点で世界を見ることが可能になります。ヴァージル・アブローは、シュールレアルというメカニズムを応用して、年齢を重ねる毎に深まる共感の時計を巻き戻します。少年や青年の目を通して世界を見つめることは、初めての出出逢い、純粋な心、そして天真爛漫で爽やかな楽観主義のようなもの。10年という節目は、心機一転新たなモチベーションを呼び起こします。

2020秋冬メンズ・ファッションショーの詳細へ

メンズウェア ヴァージル・アブロー ランウェイ 最前列