戻る

ルイ・ヴィトンと巡る中国の旅──「空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン」展

音、映像、そして類い稀なる体験の融合──上海で開催中の「Volez, Voguez, Voyagez - Louis Vuitton(空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン)」展では、これらによって、ルイ・ヴィトンと中国の強い関係性が描かれています。

ルイ・ヴィトンと中国の深い関係性を体現すべく、上海の景観からインスパイアされた要素を随所に織り交ぜたメゾンの象徴的なエキシビション、「空へ、海へ、彼方へ──旅するルイ・ヴィトン」展。これらの新たな要素は、歴史的であると同時に現代的であり、メゾンと中国文化との進化し続ける結び付きを強調しています。また、エキシビション全体を通じて、来場者が魅惑的なオブジェやアート作品に出逢える道しるべとなっています。

最初に来場者を出迎えるのは、中国伝統の紅灯が吊り下がる体験型インスタレーション。紅灯には、デジタル時代に相応しい新たな解釈と共にルイ・ヴィトンならではのこだわりも添えられています。続いて現れるのは、中国のコンテンポラリー・アーティスト、厳培明(Yan Pei-Ming)による若き日のルイ・ヴィトンのポートレート。この作品は、過去と現在を繋ぐと同時に、150年以上にわたり変化し続けてきた中国の表情を映し出しています。

その先に続く幾つかのエキシビションルームでは、名を馳せる冒険家やアーティストのために特別に作られたカスタムメイドの製品が展示され、ルイ・ヴィトンと中国との揺るぎない絆を示します。初期の作品の1つには、1929年にフランス人の慈善事業家、アルベール・カーンのために製作した「フォトグラファーズ・トランク」があります。カーンはこのトランクを携え、彼のカメラマンと共に当時の中国の日常を記録しました。また、近年の製品の中には、著名な上海出身の中国人アーティスト、丁乙(Ding Yi)のために2018年に製作された「カクテル&シガー・トランク」も展示されています。

会場案内
上海展覧センター 上海市南京西路 1333 号 8 号門
2018年11月16日(金)-2019年2月1日(金)
10:00-20:00 (最終入場は閉館30分前まで)

入場無料

お問合せ先:
ルイ・ヴィトン クライアントサービス(中国)
+86 400 6588 555

#VVVSHANGHAI

オンライン予約はこちら
エキシビションの詳細はこちら

タグ: エキシビション, トラベル, 歴史