戻る

LOUIS VUITTON FOR UNICEF

  • LOUIS VUITTON FOR UNICEF - LV NOW/ルイ・ヴィトン
  • LOUIS VUITTON FOR UNICEF - LV NOW/ルイ・ヴィトン
「世界こどもの日」の2018年11月20日(火)──ルイ・ヴィトンは国際連合児童基金(ユニセフ)とのパートナーシップの一環として、ソフィー・ターナーが新たにデザインした「シルバー・ロックイット」ブレスレットを発売いたします。

「世界こどもの日」は、1989年11月20日に国連総会にて採択された「児童の権利に関する条約(子どもの権利条約)」にちなんで制定された記念日です。子供たちを尊重するための日であると共に、子供たちの命を救い、子供たちの権利を守り、その能力を最大限に発揮できるようサポートする諸活動への関心を高め、支援の輪を広げることを目的とした日でもあります。ルイ・ヴィトンは、#MAKEAPROMISE プロジェクトの一環として、イギリス人女優ソフィー・ターナーのサポートを得て、世間の関心を高めると共にユニセフの支援活動に必要な資金を募るための活動を継続します。

ルイ・ヴィトンは、ユニセフとのパートナーシップ「LOUIS VUITTON for UNICEF」のための特別なブレスレット「シルバー・ロックイット」のデザインを、メゾンの友人であるソフィー・ターナーに依頼しました。幸運に対する彼女の考えから着想を得たこのブレスレットは、赤と白の組み紐に、彼女が入れたタトゥーのデザイン*と同じウサギが描かれた丸いチャームを組み合わせています。

2016年に「シルバー・ロックイット」が発売されて以来、このパートナーシップを通じてユニセフに寄付された金額は、600万ドルを超えます。

「シルバー・ロックイット」は、お客様の大切な持ち物を保護するため、1890年にジョルジュ・ヴィトンが発明したタンブラー錠前からインスピレーションを得ています。このデザインは、まさしく「保護」の象徴であり、今すぐ助けを必要としている子供たちを支援するというメゾンの約束の証です。

ソフィー・ターナーがデザインした「シルバー・ロックイット」ブレスレット(38,880円/税込み)は11月20日(火)より、当公式サイト、および対象となる世界各国のルイ・ヴィトン ストア約160店舗で発売。1製品お買い上げいただく毎に100ドルがユニセフに寄付されます。

ぜひ、#MAKEAPROMISE プロジェクトにご参加ください──
#WORLDCHILDRENSDAY

ユニセフはいかなるブランドや製品も推奨するものではありません。

「ブラスレ シルバー・ロックイット ソフィー・ターナー」の製品詳細へ
ユニセフとの共同チャリティ・プロジェクトの詳細はこちら
ユニセフへ直接寄付する場合はこちら


*Crédit Curt Montgomery Tattoos

タグ: ユニセフ, シルバー・ロックイット, ソフィー・ターナー