戻る

ギャラリー・ラファイエットによる「Go For Good」

ギャラリー・ラファイエットによる「Go For Good」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
ルイ・ヴィトンは、フランスを代表する百貨店のサステナビリティプロジェクト「Go For Good」に参加しています。

ルイ・ヴィトンはその歴史を通じてさまざまな耐久テストを行うことで、次世代へと受け継がれ、末永く愛される製品を作り続けてきました。このたびメゾンは、フランスを代表する百貨店ギャラリー・ラファイエットが主導する「Go For Good」プロジェクトへ参加することで、サステナビリティに対する長期的なコミットメントへの決意を新たにしました。引き続き永くご愛用いただける製品作りに、優先的に取組んで行くと共に、製品の美観と品質を生み出す天然素材を保護するための投資も行います。

地域、社会、そして環境活動を通して、ルイ・ヴィトンはこの信念のもと、すべての活動および製品カテゴリーへの取組みを行っています。メゾンのレザーグッズのアトリエは、フランス政府からフランス生産品の維持に貢献するサヴォアフェール(匠の技)を提供する優秀な企業に与えられる「Entreprise du Patrimoine Vivante」の認定を受けています。1854年の創業以来、製作の各工程において環境への影響を最小限に抑えることを目的として、メゾンを象徴する製品に植物タンニンによる天然鞣(なめ)し加工を施した革を使用しています。2016年に発売されたフレグランス・コレクション「Les Parfums Louis Vuitton(レ・パルファン ルイ・ヴィトン)」は、過剰包装を防ぐために、リフィルが可能なデザインを採用。そのほか、カプセル・コレクション「Be Mindful」ではアップサイクリングのシルクを使用し、ユニークなアクセサリーやテキスタイルに生まれ変わらせたり、ユニセフとのパートナーシップを通して、ブレスレット「シルバーロック・イット」の売上の一部を脆弱な状況にある世界の子供たちの救済活動への支援として寄付しています。

これらはこれまでメゾンが取組んできた活動のほんの一部ですが、今後ギャラリー ラファイエットによる「Go For Good」プロジェクトに参加することで、メゾンは社会貢献・環境問題の取組みへさらなる一歩を踏み出します。

LOUIS VUITTON PARIS GALERIES LAFAYETTE
40, boulevard Haussmann
75 009 PARIS

「Go For Good」のウェブサイトへ(※仏語のみ)

サステナビリティ コーポレート・レスポンシビリティー パートナーシップ