戻る

新たなエキシビションを開催──フォンダシオン ルイ・ヴィトン

  • 新たなエキシビションを開催──フォンダシオン ルイ・ヴィトン - LV NOW/ルイ・ヴィトン
フランク・ゲーリーが設計を手掛けたパリの「フォンダシオン ルイ・ヴィトン」にて、新たなエキシビション「In Tune with the World(世界との調和)」展がスタート。所蔵コレクションの中から、新たに厳選されたアーティストたちによるモダンアートとコンテンポラリーアートの作品を展示いたします。

2018年4月11日(水)~8月27日(月)まで開催する本展は、単なるコレクションの展示ではなく、明確なテーマに基いたエキシビションとして企画されました。それは今日にいたる課題──宇宙における人類の位置、そして人類と、周囲の環境や共存する生物の世界との結びつきを問う、人間同士の関係から動物、植物、そして無生物との相互関連を強調したテーマとなっています。

2つの補完的なシークエンスから成るエキシビション──「シークエンス A」では日本人アーティスト、村上隆の世界観を体感できる一方、「シークエンス B - Man in the livng universe」では、アンリ・マティス(Henri Matisse)、アルベルト・ジャコメッティ(Alberto Giacometti)、イヴ・クライン(Yves Klein)、フランソワ・モルレ(François Morellet)、ピエール・ユイグ(Pierre Huyghe)など、異なる技法を駆使する世代を超えたフランス国内外のアーティスト28名による多彩な作品をご覧いただけます。

 

エキシビションの詳細やチケット購入はこちら(英・仏語のみ)

 

タグ: フォンダシオン ルイ・ヴィトン, エキシビション