戻る

エスパス ルイ・ヴィトン東京にて開催中――クリスチャン・ボルタンスキーによる展覧会

  • エスパス ルイ・ヴィトン東京にて開催中――クリスチャン・ボルタンスキーによる展覧会 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
  • エスパス ルイ・ヴィトン東京にて開催中――クリスチャン・ボルタンスキーによる展覧会 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
  • エスパス ルイ・ヴィトン東京にて開催中――クリスチャン・ボルタンスキーによる展覧会 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
エスパス ルイ・ヴィトン東京では、フランス人アーティスト、クリスチャン・ボルタンスキーの作品を紹介する展覧会を11月17日(日)まで開催中。

クリスチャン・ボルタンスキーは現代アート界の中心的な存在であり、活動中のフランス人アーティストの中で最も影響力を持つ人物と言えます。彼は、1967年以来、著述、フィルム、彫刻、写真などを表現手段とする、多岐にわたる芸術スタイルを追求してきました。彼の主要な関心事は記憶・追悼と時間であり、自身の人生、そして無名もしくは身元不明の人々の人生の出来事に題材を求め、自伝的要素や歴史に言及する制作に取り組んでいます。《アニミタス》はボルタンスキーの近年における最も野心的なプロジェクトの1つです。人里離れた広大な野外に設置されたインスタレーション──そこには、彼が生まれた夜、1944年9月6日の星座の配列を忠実になぞるよう風鈴が配置されています。

 

今回、エスパス ルイ・ヴィトン東京では、フォンダシオン ルイ・ヴィトンによるプログラム「Hors-les-murs (壁を越えて)」の一環として、《アニミタス》シリーズから2つのチャプター、日本の豊島で撮影された(《ささやきの森》、2016年)と、イスラエルの死海のほとりで撮影された(《死せる母たち》、2017年)を上映。これらの2作品から聞こえてくる風鈴のやさしい音色は、ボルタンスキーが語る「星々の音楽と漂う魂の声」を連想させます。

ルイ・ヴィトン 表参道店 7階のアートスペース「エスパス ルイ・ヴィトン東京」は、まるで空に浮かぶガラス張りの異空間。自然光が降り注ぐ昼、東京の夜景と作品を一緒に楽しめる夜──訪れる時間帯や季節によって新たなインスピレーションを与えてくれる空間にて、ぜひ本展をご堪能ください。

Christian Boltanski, ANIMITAS (LA FORÊT DES MURMURES), 2016
Christian Boltanski, ANIMITAS (MÈRES MORTES), 2017
© ADAGP Paris, 2019

エスパス ルイ・ヴィトン東京

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前5-7-5
ルイ・ヴィトン表参道ビル 7F
Tel.03-5766-1094
開催期間:11月17日(日)まで
12:00-20:00 (エキシビション会期中のみ)
※休館日はルイ・ヴィトン 表参道店に準じます。

入場無料

「エスパス ルイ・ヴィトン東京」の詳細へ

エキシビション フォンダシオン ルイ・ヴィトン Hors les murs