戻る

「アーティーカプシーヌ コレクション」

  • 「アーティーカプシーヌ コレクション」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
  • 「アーティーカプシーヌ コレクション」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
  • 「アーティーカプシーヌ コレクション」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
  • 「アーティーカプシーヌ コレクション」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
  • 「アーティーカプシーヌ コレクション」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
  • 「アーティーカプシーヌ コレクション」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
  • 「アーティーカプシーヌ コレクション」 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
サム・フォールズ、ウルス・フィッシャー、アレックス・イスラエル、ニコラス・ハロボ、シャバララ・セルフ、そしてジョナス・ウッド──6人の現代アーティストとルイ・ヴィトンのアトリエがタッグを組み、限定エディションのバッグ「カプシーヌ」をデザインしました。

サム・フォールズは、写真的技法と日常的なモノを通して色と光の物質性を探求し、自然を用いてアート作品を生み出しています。彼は、特定の場所にある、枝や葉や花といった有機物で大きなキャンバスを覆い、そこに顔料をまぶして放置することによって抽象的な風景を創作します。有機物を取り除くと、キャンバスに刷り込まれたシルエットやパターンが残るのです。どの作品も、創作した場所やその場で経験した気象・環境状態と密接に結び付き、その時にしか残せない自然のある瞬間の姿を切り取っています。1984年にサンディエゴで生まれたサム・フォールズは、物理学、言語学、哲学を学んだ後、アーティストとなりました。現在はロサンゼルスを拠点に活動しています。

ウルス・フィッシャーは、自然に生じる変容と腐敗のプロセスへの強い関心を表現した、大規模な彫刻やインスタレーションで知られるアーティストです。実物大のスイスの伝統的なシャレー(材料はサワードウで作ったパンの塊、発泡スチロール、木材)、ダイニングチェアにめり込んだタバコの巨大パッケージ(ペイントしたアルミニウム製)、頭部から大きなデスクランプが飛び出している圧倒的な大きさのテディベア(ブロンズ製、重さ20トン、高さ7メートル)など──日常的な物に焦点を当てた、モニュメントのような作品をたびたび手掛けています。最近の創作には実物大の人物を蝋燭として制作したワックス製の彫刻もあり、実際に火を灯し像が溶けて消える過程も作品となっています。ウルス・フィッシャーは、1973年にスイスのチューリッヒで生まれ、地元のシューレ・フュア・ゲシュタルトゥングで写真を学びました。現在はニューヨークを生活と創作の拠点としています。

アレックス・イスラエルは、大衆メディア、ハリウッド、セレブ信仰、アメリカンドリームを彼のホームタウンであるロサンゼルスというレンズを通して捉え、その探索の中心に自分自身を置いた作品を手掛けるアーティストです。アートとブランディング、文化的なものと商業的なものをミックスする彼の創作活動は多岐にわたり、表現手段も絵画、彫刻、壁画、アイウェアブランド、カリフォルニアのカルチャーシーンを牽引する人物をゲストに迎えてのトークショーシリーズ「アズ・イット・レイズ」、長編映画「SPF-18」と多彩です。彼の創作の核となるのは、好奇心をベースとしたロサンゼルスという都会の解析。それは、感性を重んじる解析であること、また創造性、影響力、欲望が結合するこの都会の中で変化し続ける彼自身の立ち位置を突き止めようとする衝動です。イスラエルにとって、ロサンゼルスとそのパワフルな文化および社会の事象、矛盾と美しさにフォーカスすることは、アメリカのみならず世界の強迫観念を理解することと言えます。アレックス・イスラエルは1982年に生まれ、コネチカット州のイェール大学で学士号を、ロサンゼルスの南カリフォルニア大学で美術学修士号を取得しています。

ニコラス・フロボのインスタレーションと複雑に入り組んだ2Dおよび3Dオブジェはいずれも、1994年、アパルトヘイトの合法的差別撤廃以後、南アフリカにおける民主主義の現状に関する論評、そしてフロボ自身の民族、ジェンダー、文化的アイデンティティの探求にあります。1975年にケープタウンで生まれたフロボは、ヨハネスブルグのウィトウォータズランド工科大学で美術を学び、現在もヨハネスブルグで暮らしています。彼は、捨てられたリボン、皮革、木材、ラバーといった感触の良い素材を融合したり、縒り合わせたりすることでハイブリッドなオブジェを創作。選ばれた各素材は、個人的もしくは政治的なアイデンティティと特別な繋がりを持っています。フロボにとってこれらの素材は、今日の南アフリカに見られる二元対立、そして彼自身の立場とそこにおける体験を反映する──そして考察する──複雑な視覚的叙述を可能としているのです。

シャバララ・セルフの芸術的手法は、現代の米国文化における黒人女性の身体に対する図像的重要性、またそれが持つ感情的、身体的、心理的インパクトに関係しています。人種、ジェンダー、セクシュアリティの交差性を探りながら、セルフは黒人女性の身体に纏わる共同幻想が、黒人女性たることについての一般的な理解が潜む文化的ニッチをどう生み出してきたかを考察します。誇張された女性の描写は、さまざまな芸術および伝統工芸を生かして、縫製、印刷、塗装材を用いた絵画と版画で多層的に表現されています。シャバララ・セルフは1990年にニューヨークのハーレム地区で生まれ、2012年にバード大学、2015年にイェール大学芸術大学院を卒業。現在はコネチカット州ニューヘイブンを拠点に活動しています。

方向感覚を失わせる空間の圧縮やパターンの飽和を特徴とする、ジョナス・ウッドのみずみずしくカラフルな作品は、アンリ・マティスやデイヴィッド・ホックニーといったアーティストの世界を想起させます。ロサンゼルスを拠点に活動するジョナス・ウッドの作品は、写真や描画を基にした重ね合わせやコラージュのプロセスで構成され、形や色や幾何学模様といった独特のバリエーションを通じて変形させます。ウッドはしばしば、壺や花瓶──アーティストである妻、シオ・クサカが制作──の輪郭をフレームとして用いて、鮮やかな緑のゴルフコースやサンゴ礁と熱帯魚、バスケットボール、植物が生い茂った庭、あるいは画家のアトリエなどを描いた印象的なイメージで器を覆い尽くします。ジョナス・ウッドは1977年にアメリカのボストンで生まれ、1999年にニューヨークのホバート・アンド・ウィリアムス・スミス・カレッジを卒業、2002年にシアトルのワシントン大学で美術学修士号(MFA)を取得しています。

「アーティーカプシーヌ」の詳細へ

コラボレーション 限定エディション