• 「トラベルブック 東京」 by eBoy

    ルイ・ヴィトンの「トラベルブック」コレクションに新たに仲間入りした東京版をご紹介。ピクセル・アートのパイオニア、eBoyが描いたその斬新な世界観をお楽しみください。

    eBoyの「クリエーション」──「ドローイング」という言い方はしっくりこない気がするのでこう呼びますが──おそらく、広告やアーケード・ゲーム、スーパーマーケットの陳列棚、Lego、雑誌のデザインといったものから多くの影響を受けているためか、どことなく親しみを感じさせます。こうしたピクセル化された作品はシンプルでありながら複雑でもあり、必然的に抽象的になるとは言え、同時にとてもリアルで、この東京のトラベルブックもそうであるように作品中に存在する人物の顔にどこか見覚えがあるようで、びっくりすることもあります。とはいえ、こうした遊び心に溢れる世界観は、同時に要求されるレベルも高いもの。印象派や点描画法の絵のようでもあり、またシステマティックでほとんど数学的でもあります。一言で言うならば、まさにユニークということです。

    著名なアーティストや新進気鋭の若いアーティストの紹介、旅先の日記や概要などが1冊に詰まったルイ・ヴィトンの「トラベルブック」コレクション──ページをめくるごとに、それぞれのアーティストが遭遇したあらゆる建築や日常生活のイラストレーションが描かれ、訪れた街や国のエピソードをご紹介します。

    ルイ・ヴィトン 表参道店 4Fにてスペシャルイベントを開催
    「トラベルブック 東京」の発売を記念して、eBoyがルイ・ヴィトン 表参道店に登場。
    本書のご紹介と共に、著名なアーティストと触れ合える特別な機会をお見逃しなく。

    開催日時:2017年7月29日(土) 15:00~17:00
    *入場制限あり

    コレクションの全ラインナップはこちら

    タグ: イラストレーション, 書籍

  • ガストン-ルイ・ヴィトンの驚きに満ちたキャビネット

    1000点以上におよぶオブジェや文書を収録した、この新たな書籍は、幅広い関心と飽くなき好奇心に溢れていた真のコレクター、ガストン-ルイ・ヴィトンにオマージュを捧げた1冊です。

    ルイ・ヴィトンの3代目として知られるガストン-ルイ・ヴィトンは、幼少時から蒐集家であり、世界各地のあらゆるオブジェを数え切れないほど蒐集しました。

    ガストン-ルイ・ヴィトンの趣味は主に、読書、ガーデニング、写真の3つでした。ビジネスマンであり、多趣味であった彼のイマジネーションは、カラフルな幾何学的図形のウィンドウ・ディスプレイの制作や、お客様のこの上なくラグジュアリーな望みを叶えること、そしてアールデコ時代のアーティストや彫刻家、イラストレーターや装飾家とのコレボレーションを実現することで、大いに発揮されました。

    1000点以上におよぶオブジェや、これまで未公開であった文書を収録した本書は、書籍に姿を変えた好奇心の宝庫であり、以下の4つのカテゴリーからガストン-ルイ・ヴィトンの情熱を紐解きます:永遠のトラベラー(Exotica)、綿密な発明家(Scientifica)、細部までこだわるクラフツマン(Artificialia)、博学の愛書家(Mirabilia)。

    ジョン・バンヴィル、ステファン・ベイレイ、アルベルト・マングェル、デルフィーヌ・ソラ、ピエール・サンジュが寄稿し、パトリック・モリエスが編集した本書(英・仏語版のみ)は、世界各国のルイ・ヴィトン ストア、および公式サイトにてご購入いただけます。

    製品詳細はこちら

    タグ: トラベルブック, ガストン-ルイ・ヴィトン

  • ルイ・ヴィトン トラベルブック──「ハワイ」 by エサド・リビック

    著名なコミックブック・アーティストのエサド・リビックが描き出す、活気溢れるリアルなハワイ島の風景──

    エサド・リビックは、物心ついた頃からずっと絵を描いていました。字の読み方をコミックから学んだと言っても良いほど、コミック・ストリップの熱狂的なファンであったリビックは、クロアチア ザグレブ市内で、最も美しい広場の1つに建てられた、優美な建物が際立つ装飾美術館の一角にある高校──Institute of Applied Artsで、グラフィック・アートを専攻しました。

    水彩とグアッシュを混ぜて作った色で紙に直接描くスタイルが、リビックのトレードマーク。彼が生み出すオリジナル作品はコレクターたちに絶大な人気を誇ります。彼のミザンセーヌ──ディテールへのこだわりと色選びのセンス──によって、その「ペインティング(絵画)」と言わざるを得ない作品が誕生するのです。

    著名なアーティストや新進気鋭の若いアーティスト紹介から、旅先の日記や概要などが1冊に詰まったルイ・ヴィトンの「トラベルブック」コレクション──ページをめくるごとに、それぞれのアーティストが遭遇したあらゆる建築や日常生活のイラストレーションが描かれ、訪れた街や国のエピソードをご紹介します。

    新たな作品が生まれるたびに、ルイ・ヴィトン ストアではアーティストのサイン&限定番号入り版を販売。コレクションの全ラインナップはこちら

    タグ: イラストレーション, 書籍

  • ルイ・ヴィトン トラベルブック 2017

    新たに東京、ハワイ、メキシコ版がルイ・ヴィトンの「トラベルブック」コレクションに仲間入りしました。

    2017年5月──世界中のあらゆる地域のアーティストたちによるイラストレーションを集約したルイ・ヴィトン トラベルブック・コレクションに新作が登場。

    ピクセル・アートのパイオニアであるeBoyが捉えた真の東京の姿のほか、コミック・アーティスト エサド・リビックが描く力強くリアリティ溢れたハワイ島、そしてニコラ・ド・クレシーが体現するディテールに凝った、熱気溢れるポエティックなメキシコの3作品です。

    ルイ・ヴィトンの「トラベルブック」コレクションは、知的な刺激と感動的な瞬間に満ち溢れたリアルでヴァーチャルな旅への招待状──ページをめくるごとに、著名なアーティストや新進気鋭の若いアーティストによるあらゆる建築や日常生活のイラストレーションが、訪れた街や国のエピソードをご紹介します。

    新たな作品が生まれるたびに、ルイ・ヴィトン ストアではアーティストのサイン&限定番号入り版を販売。3つの最新作を含む、コレクションの全ラインナップはこちら

    タグ: イラストレーション, 書籍

  • フォンダシオン ルイ・ヴィトンにて開催:『Art/Afrique, le nouvel atelier(アート / アフリカ ― 新たなアトリエ)』展

    • フォンダシオン ルイ・ヴィトンにて開催:『Art/Afrique, le nouvel atelier(アート / アフリカ ― 新たなアトリエ)』展 - LV NOW/ルイ・ヴィトン
    2017年4月26日(水)~8月28日(月)までの期間中、フォンダシオン ルイ・ヴィトンでは『Art/Afrique, le nouvel atelier』展を開催いたします。

    『Art/Afrique, le nouvel atelier』展は、フォンダシオン ルイ・ヴィトン コレクションの中から今回のテーマに合わせて厳選された作品に、新たに2つの展示を加えた3部構成となっています。

    I. 『The Insiders』(インサイダーズ):ジャン・ピゴッツィの現代アフリカンアートコレクションからのパリでは初公開となるセレクション(1989‐2009年)
    II. 『Being There』(そこにいること):南アフリカの現代アートシーン
    III. フォンダシオン ルイ・ヴィトン コレクションの中に見るアフリカ

    本エキシビションに出展するアーティスト:
    フレデリック・ブリュリィ・ブアブレ(Frédéric Bruly Bouabré)、セニ・アワ・カマラ(Seni Awa Camara)、カリクスト・ダクポガン(Calixte Dakpogan)、ジョン・ゴバ(John Goba,)、ロミュアルド・ハズメ(Romuald Hazoumè)、セイドゥ・ケイタ(Seydou Keïta)、ボディス・イセク・キンゲレス(Bodys Isek Kingelez)、アブ・バカール・マンサレイ(Abu Bakarr Mansaray)、モケ(Moke)、リゴベール・ニミ(Rigobert Nimi)、J.D.オカイ・オジェイケレ(J.D.‘Okhai Ojeikere)、シェリ・サンバ(Chéri Samba)、マリック・シディベ(Malick Sidibé)、パスカール・マルティヌ・タイユー( Pascale Marthine Tayou)、バルテレミ・トグオ(Barthélémy Toguo)、デヴィッド・ゴールドブラット(David Goldblatt)、ウィリアム・ケントリッジ(William Kentridge)、デイヴィッド・コ-ラーニー (David Koloane)、スー・ウィリアムソン(Sue Williamson)、ニコラス・フロボ(Nicholas Hlobo)、ザネレ・ムホリ(Zanele Muholi)、モシェクワ・ランガ(Moshekwa Langa)、ジョディ・ブランド(Jody Brand)、クヅァナイ・チウライ(Kudzanai Chiurai)、ローレンス・レマオアナ(Lawrence Lemaoana)、テンジウェ・ニキ・ンコシ(Thenjiwe Niki Nkosi)、アティ‐パトラ・ルーガ(Athi-Patra Ruga)、ボホシ・セクフクニ(Bogosi Sekhukuni)、ディネオ・セシェ・ボパペ(Dineo Seshee Bopape)、ブヘベーズウェ・シワニ(Buhlebezwe Siwani)、キマン・ワ・レウーレレ(Kemang Wa Lehulere)

    フォンダシオン ルイ・ヴィトン
    『Art/ Afrique, le nouvel atelier』
    8, avenue du Mahatma Gandhi, Paris XVI
    開催期間:2017年4月26日(水)~8月28日(月)

    エキシビションの詳細はこちら(英・仏のみ)

    タグ: エキシビション, フォンダシオン ルイ・ヴィトン