戻る

グザヴィエ・ドランが魅せる──「オンブレ・ライン」のレザーグッズ

フォトグラファー アラスデール・マクルランが捉えた気鋭の映画監督グザヴィエ・ドランと「オンブレ」が登場するメンズの最新広告キャンペーンの世界へ──

ルイ・ヴィトンの最新広告キャンペーンの顔に選ばれたのは、俳優兼映画監督のグザヴィエ・ドラン。アラスデール・マクルランが手掛けたこのキャンペーンでは、ルイ・ヴィトンの最新レザーグッズ・ライン「オンブレ」を讃え、「キーポル」と「カルターブル」の2つのアイコンバッグをフィーチャーしています。

グザヴィエ・ドランは20歳の若さで処女作「マイ・マザー」で映画監督としてデビュー。それ以来、「ケベック映画界のワンダーボーイ」と謳われています。5作目「マミー」は2014年カンヌ映画祭で審査員賞を受賞。2015年には、弱冠26歳にしてコーエン兄弟が審査員長を務める同映画祭審査員団の1人に選出され、史上最年少でのメンバー入りを果たしました。

2016年には6作目となる「Juste la fin du monde(まさに世界の終り)」が封切りされるとともに、初の英語作品「The Death and Life and John F. Donovan(ジョン・F・ドノバンの生と死)」も公開予定です。

「オンブレ・コレクション」はこちら

タグ: 写真, グザヴィエ・ドラン, レザーグッズ, オンブレ