戻る

トラベルブック2016

2016年5月──ルイ・ヴィトンの「トラベルブック」コレクションに、パリ版の新作、そして新たに南アフリカ版が加わりました。

数々のグラフィック・ノベルを手掛ける才能に満ち溢れた若きアーティスト、ブレヒト・エヴァン。彼が独自の視点から捉えたパリの街の魅力を紹介し、また、画家のリュウ・シャオドンは自らの南アフリカでの体験を再現します。

それぞれのアーティストが未知の国を訪れ、エピソードを伝える「トラベルブック」コレクション。見慣れない場所に足を踏み入れることで遭遇する予期せぬ出来事、また新たな発見によって世界が広がります。

このコレクションは、「トラベルブック」のイラストや絵画としての役割を果たす以上に、現代アートの優れた美学的要素を反映させた作品が詰まっています。世界中のあらゆる地域から集まったアーティストたちは、その旅の間、スケッチ、絵画、コラージュ、コンテンポラリーアート、イラストレーション、カトゥーン、マンガなど、それぞれが好む表現方法を自由に用いて、目に映るさまざまな風景を伝えます。

新たな作品が生まれるたびに、ルイ・ヴィトン ストアではアーティストのサイン&限定番号入り版を30冊まで販売。2つの最新作を含む、コレクションの全ラインナップはこちら

タグ: トラベルブック, イラストレーション, 絵画, パリ