戻る

トゥーロンで開催──ルイ・ヴィトン アメリカズカップ ワールドシリーズ

フランスのトゥーロンで開催された空前のスポーツ・イベント、ルイ・ヴィトン アメリカズカップ ワールドシリーズ。地中海を望む南仏の街で3日間に渡り繰り広げられたのは壮大なレガッタでした。

9月9日(金)から11日(日)にかけ、透き通るようなムリヨンビーチで6チームが、互いにしのぎを削りました:ディフェンディング・チャンピオンである「オラクル・チームUSA」、それに立ち向かう「エミレーツ・チーム・ニュージーランド」、「ランドローバーBAR」、「アルテミスレーシング」、「ソフトバンク・チーム・ジャパン」、そして「グルパマ・チーム・フランス」。

今大会では、肘の怪我のためリハビリ中のジミー・スピットヒルに代わり、「オラクル・チームUSA」のスキッパーとして活躍したのは、オリンピックの金メダリストでもあるトム・スリングスビー でした。

レースの詳細やレジャーからエレガントな装いまで多彩なライナップが揃う「ルイ・ヴィトン アメリカズカップ」コレクションはこちら

タグ: セーリング, アメリカズカップ