戻る

レア・セドゥが魅せる最新広告キャンペーン

「旅」をテーマにした最新広告キャンペーンの舞台はメキシコへ──

アートや建築との関わりを育んできたルイ・ヴィトン。昨年クルーズ・コレクションショーが開催された、建築家ジョン・ロートナー設計による「The Bob and Dolores Hope Estate」に続き、次回のショー会場にはブラジルを代表する建築家オスカー・ニーマイヤー設計によるリオデジャネイロの「ニテロイ現代美術館」が選ばれています。その序章ともいうべき最新広告キャンペーンの舞台は、著名なメキシコ人建築家ルイス・バラガン設計の「The Ranch(サン・クリストバルの厩舎)」。そして「ルイ・ヴィトン ウーマン」を体現するのは、メゾンの新たなミューズに起用された女優レア・セドゥ──フォトグラファー パトリック・デマルシェリエが捉えた最新の広告ビジュアルをお楽しみください。

タグ: レザーグッズ, 写真, トラベル, レア・セドゥ